推薦図書

お題

推薦図書

ただいまこのハッシュタグで作品を絶賛募集中です。
あなたもステキな記事を書いて参加しましょう!

ジェネラリストな私を形づくった10冊(社会人10年目までに読んでおいて良かった本たち)

先日、自社のPR記事で自宅の本棚が晒されるという恥ずかしい事態に遭遇した。恥ずかしすぎて、シェアを控えたほどだ。本棚を見られるって、なんであんなに恥ずかしいんだろう。

人に見られるのはイヤだが、自分の本棚を見るのは好きだ。在宅勤務が増えたことで、本棚を見返す機会も増え、自分に強く影響を与えた本や、若いときにバイブルにしていたような本を手に取るのが楽しい。つい仕事をサボりたくなる。

取り立てて専

もっとみる
スキありがとうございます!励みになります!
166

なぜ?諦めてしまうのだろう

昨晩、日経新聞電子版をみていたらnoteに張れることがわかり、思わず張ってしまった。

今更だが、サプライズであった。

新聞を読むのも習慣である。

また、日経新聞電子版の記事でも書くとしよう。

3歳くらいまで

だいたい、立って歩けるようになるだろう。

どうして、自分が現在、2本足であるいているのか不思議である。

もし、3歳くらいまでに、歩くことを諦めていたら、『ハイハイ』してお出かけし

もっとみる
やったー
111

[読書] 行動経済学 「予想通りに不合理 」「ヘンテコノミクス」

偶然にも同時期に行動経済学についての本を2冊読んだ。いつも並行して何冊か本を読んでいるのだけど、同時に読んでいた4冊の内2冊が行動経済学の本だった。内容も似ているのでまとめてnoteの記事にすることにする。

行動経済学とは

あるレストランでの出来事。Aランチ2000円とBランチ1500円があったが、スープとサラダくらいの差しかないのでBランチばか注文が入る状態だった。商売としてはAランチの注文

もっとみる
あなたのnoteも見に行きます!
104

自分の生産性について考える(考えさせられる)10冊

社会人10~15年目くらいの時期、コンサルタントだったこともあり(訳:忙しくて死にそうだったので)、どうやったら自分の生産性を高められるんだろう、ということに、ものすごく敏感になった。

世界トップレベルのノウハウが社内に蓄積されていたので、仮説思考とか分析の仕方とかスライドの作り方といった内容は、いくらでも吸収し実践できた。

それでも、自分に足りないところがたくさんありすぎて、日々苦しんでいた

もっとみる
ありがとうございます。嬉しいです!
30

性的倒錯に在る『ヘベフィリア』の表記揺れについて調べました(ただの雑記

久々のnoteがコレ感は確かに拭えない。
だけど、私が気になったから仕方ない。

最近になって、初期思春期(11‐14、あるいは15歳までが対象)への性的倒錯とされる『ヘベフィリア』が“おねショタ”と混同されてると知って「え?何で?(;ΦωΦ)」となったので調べてみました。

って、言うのも、私の勉強したころまでは、
“エフェボフィリアには原義で女性青年(少女)への性愛が含まれないため、狭義で『ヘ

もっとみる
ありがとうございました、次回も読んでくださいな
2

「復活の日」小松左京著・読後感【読書日記】

知人から勧められて、小説「復活の日」を読んでみました。

『復活の日』は架空の新型ウイルス「MM-88」の疫病をテーマにして、1964年に書き下ろしで発表した日本のSF小説です。1964年といえば、東京オリンピックが開催された年ですね。

1964年は、架空の新型ウイルス「MM-88」という「疫病を主題」にしたSF小説が出版されましたが、2020年の東京オリンピック開催の年には世界中で疫病が蔓延し

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!!
8

日蓮「立正安国論」の基本情報をまとめてみた

大地震、飢饉、疫病など、打ち続く災害を受けて書かれた「立正安国論(りっしょうあんこくろん)」は、鎌倉時代の仏教者・日蓮(にちれん、1222-82)の代表作として有名です。
そういう内容だけに、新型コロナウイルス感染拡大とともに、再読の機運が高まるだろうと思い、ここに基本情報をまとめてみました。

立正安国論とは

文応元(1260)年、旧暦の7月16日、日蓮が三十九歳の時に鎌倉幕府の前執権・北条時

もっとみる
ありがとうございます!励みになります
12

【心理的安全性編11:構造を理解して仕組み化する】

本マガジンは心理的安全性について対話形式で解説していきます。これまでの投稿は上記に入れてあります。
 今回は、先輩で新規事業部長の健と若くして製造課長となった正輝が登場します。ある日、リモート会議で、健と正輝が久々にあいます。正輝はどうやら課長としてのマネジメントに悩みを持っているようで、健に相談を始めリモートで定期的に対話していくことになりました。健の指導で心理的安全性について学びながら自分のチ

もっとみる
スキありがとうございます!
43

【心理的安全性編12(終):まとめ 〜Googleのいう心理的安全性って?〜】

本マガジンでは、先輩で新規事業部長の健と若くして製造課長となった正輝が登場します。ある日、リモート会議で、健と正輝が久々にあいます。正輝はどうやら課長としてのマネジメントに悩みを持っているようで、健に相談を始めリモートで定期的に対話していくことになりました。健の指導で心理的安全性について学びながら自分のチーム作りを見直していきます。これまでGoogleのプロジェクト・アリストテレスについて解説し心

もっとみる
スキありがとうございます!
30

【読書メモ】 お盆は家で本を読もうぜ これまで紹介した365冊の中で良く売れた本10冊をご紹介

ほぼ毎日読書をし、ほぼ毎日「読書ログ」を書いています。

特に目的も無く、ただただ読むのが楽しくて、新しい事を知るのが楽しくて読んでいます。趣味です。実益はあまり兼ねていません。巷では本を沢山読む人は成功しているみたいな言説がありますが、私に限っては当てはまらないようです。

ほぼ毎日1年間、読書感想noteを書き続けてきましたが、その一区切りということで先週はアクセス数のランキングをご紹介しまし

もっとみる
最近のオススメ! さすが伴名練というチョイス。読んで面白いものばかり!
14