川鵜

ウミネコと川鵜 我が家のペット自慢

我が家のペット自慢には少しまだ距離がありますが、毎日午後4時からの宇田川河口(鳥取県米子市淀江町)でのエサやり。

 夏季はすくないのですが、ウミネコは100羽前後が私を待っています。あとハトが10数羽。
 ときたま、川鵜達が顔を出します。

 もう数年越しの個体も多く、私に完全?に慣れています。
私のエサやりは、慣れた個体には「手からのエサやり」がポリシーです。

 ただ、最近の新型コロナによる

もっとみる
嬉しいです。
3

顔がサカナっぽい水鳥3連チャン!

前々回のnoteで、顔が魚類に似ている水鳥をぎょ紹介と書きましたので、今回載せたいと思います。

まずは…

コサギ

白いサギの中では一番小柄なコサギちゃん。クチバシはブラック。目つきはギョロギョロして魚類を彷彿とさせますよね?!

次に…

ダイサギ

田んぼを優雅に花魁のごとく牛歩しているダイサギちゃん。クチバシはイエローです。やはり目がギョロっとして魚類に近いのでは?!と、私は思ってしまい

もっとみる
お目に留めていただき、嬉しいです。このご縁に感謝…♪
6

「ウミネコやハト」のお尻をツンツン

雨が続きますね。
 雨じゃない日が明日7/25 しかないので、明日は早朝から「ヤギエサ採取2時間⇒うつつや農場出動4時間」合計6時間の強行軍です。

 明日の予報は晴れで真夏日32℃なので、「体重2.5kg減」のコースです。飲み水は麦茶を1L携帯します。

夕方の4時前からの宇田川河口でのエサやり。
 ウミネコは120羽、ハトが19羽。川鵜(クロちゃん)が1羽

 ハトやウミネコはエサのバケツに殺

もっとみる

淀江・水鳥紀行 「癒しのラブホルモン・オキシトシン」

倉敷市から、淀江町(米子市)の宇田川河口に引っ越してきてから20年弱。

 コブ白鳥のつがい(2年前に死亡)、アヒルたち(5年前に死亡)、ウミネコ、オオセグロカモメ、川鵜、カルガモ、ハトなどの水鳥(ハトは鳥)や、鯉やボラなどの魚たちとの楽しい思い出の数々。

 水鳥たちの世話(主としてエサやり)をすることで、ストレスが解消され、癒しのラブホルモン・オキシトシンも出まくりで健康増進中。
 (注: 鳥

もっとみる
嬉しいです。
6

朝の散歩2

朝の散歩中のちょっとした発見を報告します。

沼のカモたちです。寒そうです。

岸辺の近くに、お休み中の二匹のカモを発見しました。

頭がない?羽の中に寒いのでしまっているようです。

動き出しました。

川鵜でしょうか。

青鷺でしょうか。

強風で折れてしまった木。痛々しいけど、新しい枝が見えます。再生するでしょう。

まだ冬囲い中の庭におもちゃの花を発見しました。ちょっと春かな。

もっとみる
酒癖の悪い猫はゴマです。
1

買ってよかったもの 「ウエアラブル4K動画カメラ」

note記事作成の柱の一つは「生き物ボランティア」の記録発信。

 そのビジュアル面の記録に大活躍なのが、5年以上前に購入した「ウエアラブル4K動画カメラ」。
 耳掛け式で、取り扱いやすく重宝しています。5年以上雨風の中で使用していますが、故障も機能劣化もなく金欠の私としては、すごく助かっています。撮影画質も4Kなので、キレイに撮れます。

 note記事に動画をいれるため、ユーチューブにも投稿し

もっとみる

私のイチオシ ウーちゃん(川鵜)

令和2年3月8日(日曜日)の宇田川の河口と淀江海岸(淀江町)は、曇り時々霧雨 気温12℃。

 時折の霧雨の中、さだ川方面(淀江町)の海岸沿いで、ウォーク&ランをしながらヤギ餌の調査。
 気温が少し上がり、青草が大分成長しています。これからの季節、秋までは雑草などのエサ採取には困らないみたいです。

 午後3時過ぎの宇田川河口のエサやりですが、ウミネコは40羽、オオセグロが7羽。カルガモは4羽でハ

もっとみる
嬉しいです。
4

バレンタインデーに、水鳥の大群襲来

令和2年2月14日(金曜日)の宇田川の河口と淀江海岸は、曇りのち快晴 気温16℃。春の陽気です。

 今日は、バレンタインデーと年金支給日が重なり、午前中のスーパーは買い物ラッシュ。
 お昼は少しすいてましたが、レジには買い物カゴがうずたかく積み上がり、知り合いのレジの人は「お疲れモード」。

 2月14日は「バレンタインデー」

 日本では、女性がアプローチしたい意中の男性に愛情の告白として、本

もっとみる

生きるのに必死のクロちゃん(川鵜)

野生も含めて生き物が多い地域は社会全体のストレスが低く、犯罪も激減とか。もちろん、人間も癒されます。
 私の生き物ボランティア(エサやり)は、生き物の癒し効果によるストレス解消と、淀江町の地域観光振興の手助けでもあります。もちろん鳥取県の河川使用許可をとっての実施です。

 特にエサの少なくなる山陰の冬季は、生き物達も生きるのに精いっぱい。

 中でも川鵜は、この時期は「白い繁殖羽」が体のいたると

もっとみる