セックスが先か告白が先か問題

はてなぁ?私の思いがある。

女性は大抵、セックスする前にその男性と(セックス)してもいいかを判断しているので、セックス後は男性を すき になっている、と思う。

一方男性は、(昔からの)生殖本能で沢山の遺伝子を撒き散らして子孫繁栄をするから、言ってみれば好みの子であれば好きとか好きじゃないとか関係なく、誰でもいい、、ヤレル、という気がする。※好みの子、というところが重要。

そこでだ。

上記の

もっとみる

中年女というだけで、もう圧になってしまう話

なんだか、何をやっても言っても 圧 なんです。

若い頃は、若さをうまく受け入れられず持て余し、
早く歳を取りたい、おばさんになってしまいたい と思っていました。

おばさんになれば、毎日の生きる苦しさから解放されるのでは、と思っていました。

会社に入っても、就職氷河期で10年くらいは下っ端をやっていました。

目上に対する接し方 だけが磨かれてしまって、
10年後に急激に押し寄せた(会社に入っ

もっとみる
ワッショイ!! 幸あれ~
1

自分が、何をしているのかが、わからない。

最近の読書から

最近また太宰治文学を勉強しはじめた。
今読んでいる「太宰治ブームの系譜、(滝口明祥)」の文頭で、おもしろいエピソードを発見したので紹介したい。
太平洋戦争中、他の全ての作家が時局に鑑み、国民全員が右へ右へと滔々(とうとう)と流れる中で、作家達がほとんど作品を書いていなかったときに、太宰は旺盛な執筆活動を行っていた数少ない存在であって、時の一部青年読者達に人気を博していた、という話

もっとみる
好きになっちゃったんだから仕様がない、それが私の思想のすべて
14

文豪の未完の遺作を、ファンが引き継ぐのは、アリか?無しか?

太宰治の遺作「グッド・バイ」は
未完のまま。

伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』
(双葉文庫)。
これは、最初、編集者がやって来て、
太宰治の未完の遺作「グッド・バイ」の
続きを書いてみませんか?と
云われたのがきっかけだったらしい。
と後書きで知り、少なからず動揺しました。

実は「グッド・バイ」の未完の続きを
書いてやる、と秘かに企んでいたから。
なあんだ、もう色んな人が
それを思い付い

もっとみる
嬉しいです!
20

書籍『文豪どうかしている』の感想

noteの有料マガジンを読みたさに解約したKindleUnlimited。

 まだ今月半ばまで読めることに気づいたので何か読もう!と選んだ本。

 岸田奈美さんが開催したフェスキナリ杯に文豪どうかしているで賞があって「なんだろ?」と思ってたら本あった!

 よし!これを読もうと決めて読み始めたら面白いのなんのって。

 薄っすらとは文豪たちがおかしいのは知っていたよ。特に太宰治なんてすごいよね。

もっとみる
キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
21

太宰治「富嶽百景」の個人的に好きな箇所を朗読しています。
今回は「富士には月見草がよく似合う」のシーンです。
この「富士には月見草がよく似合う」という言葉、語感も良いしイメージも良いし、この言葉が独り歩きしているのを聞いたり見かけたりした事があります。
瀟洒で雄大、青~水色の富士山と、たおやかでかつ明るい黄色の月見草を並べて飾ると、間違いなく素敵な組み合わせですね。間違いないです。
しかし、この言

もっとみる
(*'▽')好!
4

「斜陽」太宰治~没落の美しさ~

今回、太宰治の小説「斜陽」について書きたいと思います。この作品は、太宰治38歳の時、玉川上水に入水自殺する丁度一年前の、昭和22年6月に完成された、太宰治の集大成といえる作品です。ちなみに、翌年の昭和23年には「人間失格」を執筆しています。

 戦後すぐの、ある上流階級の母娘弟と画家の4人、それぞれの没落の生きざまを描いています。

※実際に書いてみようとなると何を書いていいかわからぬ、やる気の出

もっとみる
励みになります!
2

太宰治「富嶽百景」の個人的に好きな箇所を朗読しています。
この朗読は、地元の青年たちと吉田で飲んで、一人夜道を散歩するシーンです。
誰も見てないところでこういう気分になりきっちゃうことって…ありますよね?

感想文です。
この作品「富嶽百景」は、太宰さんはきっととっても楽しんで書いていた。私はそう感じます。
人を笑わせたい。楽しませたい。
そういうサービス精神を発揮しておられる部分が多々あります。

もっとみる
ありがと!
5

『黄金風景』太宰治 「幸福な読後感」と、満足げに

このnoteは、まだ本を読んでいない人に対して、その本の内容をカッコよく語る設定で書いています。なのでこの文章のままあなたも、お友達、後輩、恋人に語れます。 ぜひ文学をダシにしてカッコよく生きてください。

『黄金風景』太宰治

【太宰治の作品を語る上でのポイント】

①「太宰」と呼ぶ

②自分のことを書いていると言う

③笑いのセンスを指摘する

の3点です。

①に関して、どの分野でも通の人は

もっとみる
ありがとうございます!今日は大吉です🎎🍓
25

こんな汚れた靴じゃ二子玉川は歩けない

こんなに靴が汚れちゃ二子玉川は歩けない。そもそも論、世田谷区民に対してあまりいい気はしてない。高校時代に心底マウントを取られた。マウントなんぞ、もちろんオトナな対応で交わすけど。ルイヴィトンの前には金持ちっぽいオジサンがいて、上から降ってくるミストを優雅に浴びている。ベビーカーに乗せた赤ちゃんを連れた、お洒落かつ美男美女な若い夫婦がそこらを歩いてる。もう少し年齢が上の夫婦は、犬を連れて多摩川沿いを

もっとみる
ありがとうございます♡
13