初投稿に気合いを入れていたら、人間が失格した。

太宰治はすごい。
どうすごいのかと問われれば、もうね、遠い雲の上の存在。
そこにいるのは神か、太宰治である。

僕が太宰治に出会ったのは、小学生の頃だろうか。
教科書に載っていた走れメロス。
メロスは激怒したり、走ったり、裏切ろうとしたり、とにかく多忙だ。
現代であれば、過労死問題の一端を担っていたであろう。
小学生だった僕には、作品の良さがわかるはずもなく、その時は太宰治に長いお別れを告げた。

もっとみる

野島伸司とぼくたちの失敗(3)──作家的到達点としての『高校教師』『人間・失格』 成馬零一 テレビドラマクロニクル(1995→2010) 〈リニューアル配信〉

(ほぼ)毎週月曜日は、ドラマ評論家の成馬零一さんが、時代を象徴する3人のドラマ脚本家の作品たちを通じて、1990年代から現在までの日本社会の精神史を浮き彫りにしていく人気連載『テレビドラマクロニクル(1995→2010)』を改訂・リニューアル配信しています。
バブル絶頂期のトレンディドラマ、純愛ドラマというブームの波に乗って、一躍時代の寵児となった野島伸司。フジテレビ系からTBS系に活躍の場

もっとみる

今さら知った、人間失格。

こんにちは!

「もっと若いときに出会っていれば」
こんな後悔を繰り返すのが私たちの人生。

”お道化”という言葉がなんとも刺さるのです。

どれだけポジティブで明るく振る舞っている人でも、必ず光と影があるのが人間というもの。それは過去たくさんの人と出会ってきた経験がそうだと実証しています。

人は誰しも”演じて”生きているのです。心で考えていることと表現する顔や動作が違うなんてことは当たり前すぎ

もっとみる
ありがとうございます!
5

"過去"が邪魔をする

奴が、夢にまで現れる日が増えてしまった。

今回は【「大丈夫、迷惑かけないから」と言って目の前で剃刀で腕を切って血を流した。腹が立って「それが迷惑なんだよ!」って剃刀を取り上げて手のひらで握りしめ、自分の手のひらが切れた。】という、とても"あの日を過る"嫌な気持ちになった。そうして、中途覚醒のまま寝不足で起床。

今朝、冷や汗がびっしょりだった。
寒気と倦怠感と目眩と多汗で、
「まさかコロナ?!」

もっとみる
ありがとう!
17

ガキを働かせて食うんじゃねえ!

映画『ホーム・アローン』(1990)で泥棒退治をする主人公の少年ケビンをキュートに演じて、世界一有名な子役となったマコーレー少年を覚えているだろうか。15歳の頃には我が子の稼ぎを巡って醜い親権争いをする両親両方を訴え、自分の財産を自分で管理する権利を勝ち得たが、その時のマコーレーくんのコメントに、子を私物化する親どもは耳を傾ければよい。

「もうこれで終わり。
これからは自分でお金を稼いでね。

もっとみる
ありがとうございます。スキの連投&シェア熱望ちう
2

太宰治「人間失格」の最終舞台考察

太宰治の小説が大好きです。

中でも「人間失格」は素晴らしい。これを読むと心が落ち着くのは私だけでしょうか?(一般的には、暗い気持ちになると言われていますが…)

さて、その小説の最終舞台は次のような場所です。

(本文より引用)

「自分の生れて育った町から汽車で四、五時間、南下したところに、東北には珍らしいほど暖かい海辺の温泉地があって」

基本的に「人間失格」は太宰治の人生をなぞっています。

もっとみる

恥の多い生涯を送ってきました。(『人間失格』より)

ここのところ、ちょっとした時間(なにかの待ち時間など)に太宰治の「人間失格」を読むようになった。

自分が持っている「人間失格」は角川文庫から出版されている文庫本(表紙がアニメ『文豪ストレイドッグス』に出てくる太宰治)なんだけれど、出版社によって表紙が違うから、もし「人間失格」を買いたいと思っている人は好みの表紙で選ぶのもありかもしれない。

(そもそも、角川文庫ですら『文豪ストレイドッグスver

もっとみる
日々草:楽しい思い出
21

078 あはぢしま【令和訳百人一首】

【原文】

淡路島 かよふ千鳥の 鳴く声に

幾夜寝ざめぬ 須磨の関守

(源兼昌)

【個人的解釈】

淡路島に飛び通う千鳥の鳴く声に

幾夜目を覚ましただろうか、昔の須磨の関の番人は。

【感想】

源氏物語の須磨の巻を踏まえた首。

夜に目覚めるひとり寝の寂しさを千鳥に託して詠まれた首。

【令和に言い換え】

太宰の女たちは彼の声に思いに期待して

毎晩何度目を覚ましていたんだろうか。

もっとみる

『人間失格』を読んだ話。生きづらいと感じる人へ。

自分の話

 母親によって東京から地元和歌山に強制送還されて今日で1週間少々が経った。どうやら息子が精神的に参っているらしい、ということを母親が鋭く見抜いたのだ。そして「和歌山で心を休めなさい」と言い、それから何も言わず僕を様々なところへ連れていってくれた。

帰省中、Twitterに以下の内容を投稿した

Google先生に「生きづらい」と質問しても糞みたいなサイトしか表示されない
心療内科で悩

もっとみる