大村秀章

大規模野外フェス波物語が極度の密状態や酒提供で熱狂のカオスな状態発覚で問題化?!大村愛知県知事も二度と開催させないと大激怒で補助金停止を示唆??
再生

大規模野外フェス波物語が極度の密状態や酒提供で熱狂のカオスな状態発覚で問題化?!大村愛知県知事も二度と開催させないと大激怒で補助金停止を示唆??

大規模野外フェス波物語が極度の密状態や酒提供で熱狂のカオスな状態発覚で問題化?!大村愛知県知事も二度と開催させないと大激怒で補助金停止を示唆??ニュース動画です。

スキ
1
マジムリ学園-LOUDNESS-
+12

マジムリ学園-LOUDNESS-

正直言って、AKB48グループというかアイドル業界で新型コロナの感染が拡大している中、大勢のAKBメンバーが出演する舞台の上演を強行するというのはありえないと思う。 今回のアイドル業界における感染拡大は、7月下旬に愛知県国際展示場で開催されたアイドルフェス「関ケ原唄姫合戦」が原因だと言われている。 確かにネットなどで見かけた現場でのアイドル同士の交流の様子や、暑い中、野外で密になって応援しているファンの姿を見れば、感染拡大も納得といったところだよね。しかも、アイドルやファン

スキ
1
愛知県知事解職請求 中川区提出署名簿の様子
+7

愛知県知事解職請求 中川区提出署名簿の様子

はじめにしばらく追加情報が少なく、私自身の本業の忙しさや、あいちトリエンナーレ開催事業費関連調査に時間を取られていましたが、久々にリコール関連の調査記事です。 以前も疑義が感じられるとしていた、県警がさ入れでもアピール?されていた中川区について。署名簿受領時の選管の調査資料より、署名番号や子番などがわかりましたので、少しデータ整理してみました。 引用元田中弁護士ブログにアップされた、情報開示請求での資料に基づいて調査しています。 前提事項なお、中川区の署名簿は1号から34

金メダルかんだ河村市長問題 - 表敬訪問とは

金メダルかんだ河村市長問題 - 表敬訪問とは

金メダルかんだ河村市長問題について、多くの論評は、メダルをかんだ件及び問題発言に重点を置いています。 他にも重要な問題があります。次の4点です。 1.表敬訪問を、市役所が手配していたこと 2.アスリートは称賛すべきものであるという世論形成 3.金メダルを材料にした代理戦争 4.けがれ思想に通じるメダル交換 1.表敬訪問を市役所が手配表敬訪問に関する基礎知識を得るには、次の記事が良いです。 「表敬訪問」の「表敬」とは「敬意を示す」。「訪問」は「相手先に出向く」です。

スキ
6
表現の不自由展 (反日市民団体) ・ Anti Japanese

表現の不自由展 (反日市民団体) ・ Anti Japanese

スキ
2
署名簿に印刷された市区町村名

署名簿に印刷された市区町村名

はじめに これはnoteに既に書いていたかな?と思ったら未記載だったネタ。東海テレビニュースなどで、不正と思われる署名には市区町村名が印刷されていた、についての考察です。  なお、今回は証拠等々に基づく内容ではなく、一般論的な内容です。 印刷の状態の前提 市区町村名印刷については、比較的早い時期から、ネット界隈では指摘されていました。また、田中事務局長記者会見でも、活動終盤で印刷署名簿を作った旨の発言がありました。  この市区町村名印刷ですが、印刷署名簿についての認識の

河村たかし名古屋市長「リコール不正署名疑惑」に答える

河村たかし名古屋市長「リコール不正署名疑惑」に答える

「私こそ大村秀章愛知県知事の噓を許さない」 <summary> ▶私はリコール運動を応援したが、不正署名には一切関わっていない ▶私が大村知事のリコール活動を応援したのも、知事の“独断”で、日本人の心を傷つける反日作品の数々を税金を使って展示させたことはリコール(解職)に値する、と考えてのこと ▶リコール活動を始めた経緯について高須院長は、「リコールをしようと言い出したのは河村さんなのに、私が言い出したと嘘をついたことは許せない」と述べているが、これは事実と異なる 河村氏

スキ
7
名古屋弁と名古屋のあの人とドキュメント

名古屋弁と名古屋のあの人とドキュメント

名古屋の女優 山田昌さん。 NHK朝ドラ「純情きらり」ではいじわるな姑役で出ていたけど、名古屋では昔っから活躍されて愛されている大女優さん。(名古屋弁では ”でゃーじょゆーさん”) 地元で愛される鎌倉ハムのKウィンナーのCMに長く出演されています。 『たいがいにしとかないかんよ』 これは東海地方の人ならみんな空で言えるフレーズ。 *懐かしいちょっと昔のバージョン(昌さん おばちゃん時代。) *今流れてるバージョン(昌さん おばあちゃんになったね。) 私の両親はどちら

スキ
6
新聞が読めるようになるニュース解説#4「リコール」ー愛知の署名偽造事件(前編)

新聞が読めるようになるニュース解説#4「リコール」ー愛知の署名偽造事件(前編)

 こんにちは。 あひる編集長です。 今回は、愛知県知事へのリコール署名偽造事件について取り上げます。 事件の経緯を簡単に説明した上で、そもそもリコールとは何か、という点について説明します。 事件の経緯①(発端は芸術祭) それでは今回の記事です。  大村秀章・愛知県知事へのリコール署名偽造事件で、愛知県警は19日、地方自治法違反(署名偽造)の疑いで、運動団体事務局長で元県議の田中孝博容疑者(59)=愛知県稲沢市=ら4人を逮捕した。 (以下略)<5月20日付朝日新聞1面>

スキ
2
愛知県選管発表の「直接請求制度の運用に関する提案書」を読んでみる

愛知県選管発表の「直接請求制度の運用に関する提案書」を読んでみる

はじめに愛知県知事リコール騒動で、愛知県が署名調査の理由としていた、直接請求制度の見直し提言について、報告書が出されました。 今回はこの記載内容について読み込んでみたいと思います。 なお、私自身もどうすればよいか?の考察のため、何があったのかを推論しながらここまで来ています。先入観が多分にあるので、一部の方からすると偏った評価と見えるかもしれませんが、ご容赦ください。 引用元前提というかそういうもの私が県のこの発表を心待ちにしていた一つの理由が、対策を論じるためには、発生

スキ
1