ドイツ語を学習してみて

今回の読者にあたる人

・これからドイツ語をはじめようと思っている人

・マイナーな言語を始めようと思っている人

今回は、ドイツ語を学習した経験をもとに話を進めていこうと思います。

1.なぜドイツ語を始めようと思ったのか?

ドイツ語を始めたきっかけはたまたまです。YouTubeで動画を見ていてたまたまドイツ語の動画が出てきてその音声を聞いた瞬間、"この音好きだ,なんか心が落ち着く"と思ったの

もっとみる
スキありがとうございます。
1

大切だから守り抜いたもの

Madame Monsieur 

Bonsoir 

紀子(Kiko)です。

今日は内発的動機と私の進路について書いてゆきます。

私は高校三年生で進路を決めるときに内発的動機理論を知らない間に分かっていたのだなと感じます。

高校三年生の17歳、英語にどっぷりつかっていました。英語を勉強できない人生は真面目に考えられませんでした。しかし、英語の学部には進みませんでした。受けた大学は一つの大学

もっとみる
Signore, Signora, grazie mille🍝
3

英語ばかの英日記⑧2020/07/10

今日は朝1番で(今年の6月から通っている)メンタルクリニックへ行ってきました。

カウンセラーさんって、こちらが話したことを改めてゆっくりと「こういう事なんですね」と繰り返してくれる。それがまるで自分自身を受け入れてくれているようで、だから心を開きやすいのかもしれないなと思いました。

もう7月の金曜日も2回めだなんて。あっという間に7月も終わってしまうのかなぁと考えて少し怖くなったり…。だってや

もっとみる
「スキ」とっても嬉しいです🌷
4

小・中#12-1: what time is it? 「今何時ですか」(前)

携帯、スマホ世代では、腕時計を持ち歩かない人々が増えてきたという話を聞きます。その中で、「今何時~?」と叫ぶことも、あまりなくなっているのかなと改めて気づく・・・今回はこの「時間を尋ねる」というテーマを扱います。

What time is it?

これは毎回の授業のはじめに、ウォームアップも兼ねたやり取りの中で、指導者から児童に投げかけられることが多い「疑問文」です。例えば2時間目が午前10時

もっとみる

通訳が期待されること

おはようございます。

私は、以前ベンチャーキャピタルに勤めていて、
ベトナム企業向けファンドの運営をお手伝いしていました。

この仕事を始めて、はじめて
ベトナムの企業経営者の方々と
お会いする機会に恵まれたわけですが、

みんな頭が切れて、話が面白くて。

これをベトナム語で
そのまま聴けるなんて
なんて幸せなんだろう、

ベトナム語勉強していて良かったな!
と思ったものです。

ストレングス

もっとみる
よかったらフォローいただけると嬉しいです!
5

完璧主義の発音ハンター

英語を勉強していると、よく同じ疑問が頭に浮かびます。

どうして日本人は英語を勉強している同じ日本人に厳しい人がいるのか。

英語に関する動画のコメント欄でよく見かけるのは「発音」に関する“指摘“。

私は幼い頃から英語を耳にする機会があったからか発音に関してはずっと褒められてきました。単細胞なので褒められるととても嬉しいし、モチベーションも上がります。おかげでもっと英語を聞こう、もっと英語を話し

もっとみる
嬉しいです!
1

英語ばかの英日記⑦2020/07/09

先々週あたりからだろうか、漠然とした不安感・倦怠感・絶望感に苛まれ続けている私だけれど、どうにか今日まで過ごしてきた。

本当は今週中にやろうと思っていた事がまだまだあって、それらはちっちもはかどらなかったけれど。今週はなぜか苦しすぎたので、どうにか今日まで過ごせただけで自分を褒めることにする。

さてもう今週も明日が金曜日…!!

今日、明日でやらなきゃいけない事、あと少しだけ頑張ろうかなぁ。

もっとみる
「スキ」とっても嬉しいです🌷
5

英語:it's an ill wind

今日は英語のことわざです。

it's an ill wind (that blows nobody any good)

said to show that even a very bad situation must have some good results

だれの得にもならない風は吹かないってことらしい。

「風が吹けば桶屋が儲かる」に似てる?

何か事が起こると、めぐりめぐって意外な

もっとみる
Muchas gracias.
7

備忘録ーフランス・リヨン

あまり旅行をしないのですが、でもやっぱり旅行をしたら思い出を残したいもの。

自分自身への「備忘録」として出かけたときのことを書き留めていきます。

今回はフランス、リヨン(Lyon)です。

夏の終わりに訪ねました。

海外に行くのはまだ2回目、しかもパリには行かずに第2の都市リヨンに行ったのは家族の都合なので割愛します。

リヨンについて

ローヌ・アルプ地方と呼ばれる地域に属し、ローヌ川とソ

もっとみる
わあ!ありがとうございます♡
7

ヘレン・ケラーと外国語学習

新しい言語を身に付けたことがあるでしょうか?

 ええ、皆さん必ずあるでしょう。母国語を身に付けた時のことです。

 周囲の人の口から出されているぺちゃくちゃには意味があることが分かり、その意味とそれが表す対象が直感的に理解される。言葉と呼ばれるそれらは自分の複雑な心の働きも表象し紡ぎ出して人々にそれを伝えることができる――!

 …なんて言語化して、しかもそれに驚きを理解をする2歳児や3歳児はい

もっとみる
You deserve a great day !
5