【自治トピックス】No.1

 11月25日に福島県の浜通りを歩いた。JR双葉駅の傍らにあるモニタリングポストは0.278マイクロシーベルト。原発事故直後ならゾッとした数値だが、今ではすっかり慣れてしまった。常磐線の全線開通で双葉駅にも特急が停まるようになったが、ここから乗車したのは私一人だった。

 週初めは最近の地方自治や地方政治、地域の話題などを報じた記事をピックアップしていきたい。言うなれば、スクラップブックのようなも

もっとみる

道 州 都 府 県 郡 市 区 町 村

道州制では、自治体の定義付けも変わります。

道 州 とは

国から徴税権を含めたほとんどの行政上、立法上の権限を移譲されるになった広域自治体。
道州知事および道州会議員は、公選で選ばれる。
道州会議員の定数は、その道州条例で定めるが、(新)地方自治法で上限を以下の通り定める。

人口375万人未満の道州会議 40人
以下、人口が10万人増えるごとに1人増加

都 府 県 とは

県は道州の下位に

もっとみる

下増田公民館と下増田児童センターを合築して移転。既存の建物は解体ということは・・・。

 名取市議会議員のさいひろみです。

 20日(金)に、議員協議会がありました。

 下増田公民館と下増田児童センターをくっつけて、移転して建てる(=複合施設化)というものです。
 新しい公民館・児童センターは、令和5年(2023年)5月に開館予定との説明を受けました。

 公民館ができたのが昭和56年(1981年)なので、そのころは廻りに田んぼが拡がっているのどかな風景だったような記憶があります

もっとみる
ありがとうございます!

住民とともに作り上げるスマートシティ ―メディアワークショップを終えて―

スマートシティとは何か?

結局、この質問への回答が一番、難しいと思います。スマートシティと聞いて人がイメージするものは様々だからです。例えば、先般撤退が表明されたGoogle姉妹会社のSidewalk Labs社によるトロント市の計画のような未来都市的なイメージで捉える人もいるでしょう。一方で、先日発表された株式会社インテージリサーチのスマートシティに関する調査では、1万802人に聞いたアンケー

もっとみる

防ぎうる死は防ぐが政治・地方自治

やっぱり #大阪府#確保重症病床#実働重症病床 に乖離があるようですね。実は #大阪都構想#特別区設置協定書 の審議の際 #大阪市会 で実働病床で病床占有率を算出する必要があることを指摘されていたんです。

現在実働病床は107床なら病床利用率は60%を超えてきます #朝日放送 だけでなく私は #NHK#ラジオ で聞きました #中河内救命救急医療センター が病床を増やす報道

もっとみる

「東川町議会会議録」が「せんとぴゅあ2」で閲覧できるようになりました。

東川町議会では「開かれた議会」を目指し議会改革を進めている中で、このほど「東川町議会会議録」を「せんとぴゅあ2 ほんの森」に置き、誰でも気軽に閲覧できるようにしました。
場所は奥の雑誌や広報誌が閲覧できるスペースです。

「議会だより」で気になった一般質問や審議があれば、ぜひ全文を読みに行ってください。
「議会だより」は紙幅の都合でかなり端折って編集しています。
会議録の全文を読むと、全容が明らか

もっとみる

「みかのはラジオ」さんから感じたstand.fm(スタエフ)による地方再生への可能性😍🌈

本日は、stand.fmを配信されている「みかのはラジオ」さんのラジオを聴き、将来の地方再生へのヒントが隠されているのではと思ったので、それを共有していきます🤗✨✨

↓ みかのはラジオさんの配信はこちら🥰

↓ こちらはnoteの記事です😄

この中で私が思うポイントは

「 地元の人々を巻き込みながら、リアルな繋がりとリスナーさんとの交流を楽しんでいます。 」

という部分です😆

もっとみる
やった!!
20

大阪市廃止特別区設置住民投票は否決されました。しかし、定義を曖昧にして、大阪都構想を喧伝したメディアはまだグダグダです。



前代未聞の、定義の曖昧な、住民投票は終わりました。

選挙管理委員会は、大阪市廃止特別区設置住民投票、と定義しました。法的に正確な言葉です。

しかし、推進派の維新と公明、さらに全メディアは、大阪都構想、という言葉を使いつづけました。さらに、終わった今も、大阪都構想という言葉が語られ続けています。

普段の選挙なら、公約など曖昧な理解でもいいかもしれません。要は、政党や人物に投票するのです。

もっとみる
ありがとうございます✨💚
3

東川町の日本酒づくりが始まります。

東川町の酒造施設の新築工事が完成し、本日11月7日に行われた落成式と内覧会に出席してきました。
式には町内の商工農団体、酒販会社や報道関係者など100名ほどが集まりその期待と注目の大きさが知れました。
場所は東川町西2号北23番地。西2号道路をクラフト街道方面に向かうとあります。

全国でも珍しい官設民営の酒蔵で、土地建物は東川町の所有。
製造はプロポーザル形式で決定した三千櫻酒造株式会社が行いま

もっとみる

町立日本語学校騒動が終結しました

6月に新聞に、「日本語学校の要件を満たしていない」と掲載され話題になった東川町立日本語学校問題が、このほど解決を迎えたようです。
11月1日に東川町のホームページのトピックスに結果として以下のように掲載されました。

議員への説明がなされたものも含めてざっくり要約すると
・報道後直ぐに告知基準を満たさない講師が授業を行っていたことを改め、教員が全ての授業を行うようにした
・監督官庁である入国管理局

もっとみる