東川町議としての飯塚さん

「写真のまち」東川町にある写真屋・フォトシーズンの飯塚達央です。2019年春から東川町議会議員になりました。 日々の活動をフランクに綴っていきます。 ※あくまで個人の意見であり、東川町議会の意見・意志ではないことを御承知おきください。

東川町議としての飯塚さん

「写真のまち」東川町にある写真屋・フォトシーズンの飯塚達央です。2019年春から東川町議会議員になりました。 日々の活動をフランクに綴っていきます。 ※あくまで個人の意見であり、東川町議会の意見・意志ではないことを御承知おきください。

    最近の記事

    選挙とお金の話。

    東川町議会選挙は2023年の2月28日。あと5ヶ月となりました。 先日来、町議になろうと考えている方向けに選挙について書いてきましたが、今回は選挙にかかるお金について書いていきます。 どなたかの参考になれば幸いです。 10万円で戦う選挙 9月10日に札幌で行われた「自治体議員を目指す方向けの自治講座 〜議員を志す方と議員一期目の方の学びと交流の場〜」に参加してきました。 そこで発表された一期目のある議員が「10万円で戦う選挙」と題して話されました。 「いろいろ手作りでやっ

    スキ
    3
      • 9月の東川町議会定例会が開催されます。

        9月6日(火)と8日(金)は、東川町議会の定例会が行われます。 9月の定例会は前年度の決算審議と認定の大きな議案があります。一般傍聴もできます。 7日、8日は2つの常任委員会に分かれて、各課から聞き取り調査を行うこととなってます。 6日(火)は朝9時30分から5名の議員による一般質問です。 私も登壇します。 質問項目は「キトウシ保養施設の運営について」と「ゼロカーボンに取り組む適疎な町宣言の具体的な取り組みについて」の2項目です。 「キトウシ保養施設の運営について」 現在

        スキ
        2
        • 町議になりたいと思ってる方へお伝えしたいこと

          議員になるってどういうことなのか?自分にもなれるんだろうか? 興味を持ったとしても、実際のところはどうなのか。不安になるのは当然ですね。 ここで言う議員は東川町議会のことで、国会議員やよその地方議員のことは省きますよ。 現役世代の方にとって、今の仕事との両立、兼業ができるのか?という点がもっとも気になると思います。 年に4回の定例会や年に8回ほどある臨時会、常任委員会や議会報編集委員、町内の各種行事への出席(来賓)、行政視察などを、ざっくり公務と呼ぶとします。 月によってま

          スキ
          7
          • 東川町議会選挙のスケジュール

            東川町の町議会選挙は毎回2月28日と設定されてます。 ちょうどあと6ヶ月となりました。 否が応でも緊張が高まってくるこの頃です。 町民の方から立候補したいという声も聞かれるようになってきたことから、前回のスケジュールを以下に記しておきます。 参考にする方が多くいらっしゃることを願いながら。 一番目の立候補予定者説明会。2023年の日程は未定です。 僕自身、立候補を決めたのは2019年の正月明けでした。選挙まで2ヶ月切った頃です。何をどうしたら良いのかわからず、あたふたした覚

            スキ
            2

            おしゃべり会を催しました。

            昨日は町民4名の方達とフォトシーズン(東町2丁目10−13)で意見交換会を行いました。 以前、このnoteでお知らせした「ひがしかわ価値創造協議会委員」の町民公募の締切が翌日(7月22日)に控えてるなかで、委員に募集してみようかと思っている方、町づくりに関心のある方がお越しになられました。 「はじめまして」の方も含め、ゆっくり会話を交わすのが初めての方ばかりでしたが、それぞれの立場や、考え方の違いがあって、とても刺激的で有意義な時間(1時間半)になりました。 自分も含めた5

            スキ
            5

            参院選が終わり、次の投票は2/28日の東川町長&町議選ですよ。

            自民党の圧勝だった参議院選挙。 自分が今、推している玉木雄一郎が代表の国民民主党は、支持が広がらず議席を減らしました。 youtubeのたまきチャンネルなんかを見てても、話が明瞭で分かりやすく、一番正直で信頼できる政治家だと感じているのですが、選挙というものはそう簡単にはいかないものですね。 テレビで見かけるタレントさんや、とんでもユーチューバーが当選したりしてるのを知るとなおさらです。 自民の安定政権が続き、国政選挙はこの先しばらくないようですが、 次は東川町議会選挙が来

            スキ
            11

            東川町の産前産後支援がさらに手厚くなります。

            6月の議会では、妊婦さんの負担軽減や、育児の中のリフレッシュなどを趣旨とした事業の提案を行政から受け、これらを採択しました。 新規の5つの事業を以下に紹介します。 ①育児パスポート 子育て中のママさん等の心身の負担軽減とリフレッシュを目的とした子育て支援です。月に2回、休養を希望する日を子育て休養日として設定します。 設定した日に一時預かり保育を利用すると、利用料金と同額をHUCポイントで付与するサービスです。 対象者:生後2か月から就学前のお子さんがいる世帯

            スキ
            6

            ひがしかわ価値創造協議会委員の公募が始まりました。

            東川町では、工事が始まった全世代型共生プラザ(羽衣公園横)や、計画中のデザインミュージアム(旧東川駅跡)、先頃完成したKAGUの家など、隈研吾氏いわく「ウォーカブルな町」として中心市街地が大きく変化しようとしています。 これまで町づくりは行政主体で行われてきたわけですが、今回中心市街地の活性化などついて町民を交えて話し合う協議会を立ち上げ、委員を町民からも公募することになりました。 内容は以下の通りです。 町民が主体的に町づくりに参加できる貴重な機会ですので、ぜひ参加して

            スキ
            4

            東川町の働き方改革につながるよう期待して

            6月16日に行われた東川町議会の定例会で、正職員の数を現在の120名から130名に条例を改正する案に賛成し、施行されました。 東川町の正職員が、財政規模や多岐にわたる業務の内容の割に少なすぎるのではないかという点について、昨年12月の定例会で私が一般質問で指摘していたところです。 以下のリンク記事も参照してください。 条例改正で正職員を10名増やすことができることになりました。 ただ、この背景には来年から段階的に行われる定年延長(60歳から65歳に引き上げる)があり、新規

            スキ
            8

            6月16日(木)は東川町議会の第2回定例会です。

            直前の投稿になってしまいましたが、6月16日(木)は東川町議会の第2回定例会です。 5名の議員が一般質問します。飯塚は質問なしです。 午前9時30分から一般質問が始まります。 興味ある方は役場庁舎3階にある議場に傍聴にお越しください。 午後からは補正予算案、町職員の定数条例の改正案、工事請負契約案などの審議があります。 補正予算では、コロナ感染症対策事業として 原油価格・物価高騰支援 8事業 6,400万円 感染症予防・経済対策 5事業 3,600万円 今回は主に子育

            スキ
            2

            令和4年度の予算は過去最高の136億円。目玉事業のキトウシ保養施設はどうなるのか。

            間が空いてしまいました。 3月のことになりますが、議会で令和4年度の東川町の予算を認定しました。 その額は136億6800万円。 前年度(令和3年)の当初予算が101億2800万円でしたので、35億4000万円、35%の大幅増で東川町史以来の最高額となります。 ちなみに3年前の令和元年に私が議員になってからの推移を見てみると、以下の通りです。 令和元年から55億円も増えていて、その積極的な財政運営が見て取れます。 R4年 136億6800万円 R3年 101億2800万円

            スキ
            6

            ロシアによるウクライナへの軍事侵略を非難し ロシア軍の即時撤退を求める決議 東川町議会

            新聞報道にもあったように、3月14日の定例会におきまして、東川町議会では以下の決議を行いました。 全文を掲載しておきます。 ロシアによるウクライナへの軍事侵略を非難し ロシア軍の即時撤退を求める決議 ロシアは、我が国を含む国際社会が強く自制を求める中、本年2月24日、ウクライナを侵略しました。 ロシア軍によるウクライナへの侵略は、武力による一方的な現状変更を認めないとの国際秩序の根幹を揺るがしかねない、極めて深刻な事態であると同時に、武力の行使を禁止している国際

            スキ
            3

            3月14日(月)の東川町3月議会は4名が一般質問に立ちます。

            3月14日(月)は東川町議会第一回定例会の最終日です。 この日は、朝から一般質問。 そののち、新年度予算(136億円)の審議が行われます。 今回一般質問は4名の議員が登壇します。興味あるものがあれば、社会見学も兼ねて議会を傍聴してみてはいかがでしょうか? 飯塚は今回一般質問には立ちませんが、 新年度予算審議では、 ・136億円のうち23億円の事業規模のキトウシ保養施設の起債について ・税制調整基金の切り崩し ・JAひがしかわのカントリーエレベーター建設事業に、1億円の予算

            スキ
            1

            議会の授業を受けた小学生達から感想をいただきました。

            前回の続編です。 地元東川町の小学校6年生に2コマ(約90分)の授業をさせていただきました。議会の仕組みや、町役場との関係、ひいては民主主義のしくみなどを自作のスライドを使って話しました。 事前に寄せられた質問が秀逸だったので、2回に分けて紹介しました。 今回は授業後に寄せてくれた感想をご紹介します。 しっかりした内容に感銘を受けるとともに、この町の将来に期待が持てました。 授業の最初に「このなかで町議になってみたい人はいますか?」と聞いたところ0人でした。 授業後にもう一度

            スキ
            2

            小学6年生から町議への質問 その2

            前回好評だった質問の続きです。どうぞ。 ・議員になるにはどんな勉強をする必要がありますか? 議員になるために必要な勉強は特にありません。 (僕は大学時代に経済学科の地方財政論ゼミに所属してましたが、すっかり忘れてしまってます・・・) 議員になってからは議会や地方自治の仕組み、予算の組み立て、国との関係など勉強することがたくさんあり、頭がパンクしそうになります。 ・町長の言うことは絶対なんですか? たとえ町長でも、誰か一人の意見が絶対ということはありません。 議会で決まった

            スキ
            6

            小学6年生から町議への質問 その1

            先日、地元の小学校6年生に議会についての授業をさせていただきました。その際、事前にたくさんの質問を寄せてくれました。 社会見学で議場に行って、議長席や議員、町長席に座ったりした後だったとのことで、興味がもりもりと湧いていたようです。 それにしてもですよ、この質問の内容をごらんください。 可愛いらしい質問から、小6とは思えない専門的なことまで・・・! みなさんも知らないことや、知って欲しいことも含まれているので紹介しますね。 質問事項が多かったので、2回に分けます。 回答は飯塚

            スキ
            9