東川町議としての飯塚さん

「写真のまち」東川町にある写真屋・フォトシーズンの飯塚達央です。2019年春から東川町議会議員になりました。 日々の活動をフランクに綴っていきます。 ※あくまで個人の意見であり、東川町議会の意見・意志ではないことを御承知おきください。

「ひがしかわ議会だより」はこうして作ってます。

8月1日発行の「ひがしかわ議会だより No.186」はもうご覧いただきましたでしょうか? この議会報は町民の皆さまへ議会で決まったことや、議会の活動をお知らせする広報誌で…

新型コロナウイルスの報道に思う

テレビでも新聞でも毎日が新型コロナウイルスのニュースで持ちきり、今日は何百人感染、今日は何百人感染と連日報道されていますね。 そんな中、今朝(7月21日)の北海道…

議員の苦悩。ジャッジすること。

今、東川の議会で揺れてるのは行政から提案を受けた「高齢者向け住宅」と「多世代共生暮らしのエリア」の2つの建設について、どうするかです。 東川の中心部に建てようと…

第5弾の東川町独自の新型コロナウイルス緊急経済対策事業

本日7月10日に第5回の臨時議会が開催され、町民の声を反映した 第5弾の東川町独自の新型コロナウイルス感染症拡大緊急経済対策事業 が決まりました。 その主なものは…

町立日本語学校のニュースを受けての町からの報告その2 6/30

先の東川町立日本語学校の教員要件に関する報道について、 本日(6/30)行政から議会に説明がありました。 町から町民向けの説明文が回覧されます。 (広報誌への折り込み…

町立日本語学校のニュースを受けての町からの報告① 6/24日

東川町立日本語学校の報道の件で、今日行政から議会に報告がありました。 それによると、いわゆる資格を持った教員は生徒20人に一人居れば日本語学校の開校要件を満たすの…