【vol.3】個人でできるSDGsとは?(その1)

SDGsのターゲットには、とても大きなことが書いてあります。

例えば、ゴール1「貧困をなくそう」のターゲット1.1

「2030年までに、現在1日1.25ドル未満で生活する人々と定義されている極度の貧困をあらゆる場所で終わらせる。」

な、なんと。。。

これを読んだ瞬間、「自分には、こんなことに貢献することなんてできない。。。これって政府のやることなんじゃないの?」と思われる方も多いのではない

もっとみる
ありがとうございます!^_^
1

開業候補地の決定!

開業候補地を決定したので、今回はどうやって決めたかを書きました。

どこで開業するかは、結構重要な問題ですよね。

僕は、借家住まいの独身なので、日本全国どこでもやろうと思えばやれるのですが、やっぱり知らない土地って怖いです。よく知らないのですが、司法書士業務にもローカルルールがあるみたいですし。

ということで、馴染み深い関東の1都3県に絞って考えることにしました。

まず、僕は何も武器がないの

もっとみる

ベテラン補助者の悲哀と胸に掲げた勲章について

先日、先輩司法書士(オッサン)と深夜のイチャイチャDMを楽しんでいたときのこと。

一定の”拗らせベテラン補助者”は事務所にとって確かに大事な戦力である一方、やたらと「こんな難しい登記を俺はやった」「実務ではこうやるんだ」「あのときは本当に大変だった」などと実務風を吹かしたがるからちょっとアレだよね、という話題になった。

確かに一定数いる。拗らせベテラン補助者の方々が。
新米司法書士の最初の難関

もっとみる
今度飲みに行きましょう!
6

面白い、を選ぶ。

独立してのんびり働いていたある日、独立前から懇意にしていた税理士からとあるお誘いを頂いた。詳しく話を聞くと、レベルが高く業務量も増えそうだったけど、増収も見込めるしなによりチャレンジングな仕事ができそうな提案だった。「自分の力を活かせる」ではなく「自分の限界を伸ばせる」ような提案だった。

この提案を受けるか受けないかでちょっと迷ったけど、最終的には受けることにした。仕事時間が増えたり心臓を痛めた

もっとみる
今度飲みに行きましょう!
4

【vol.2】SDGsを子どもに説明すると?

最近、つけている人を見かけることが多くなったSDGsのバッジ。

僕もつけていることが多いですが、カラフルで目立つので、「これって何のバッジですか?」と尋ねられること多いです。

ただ、SDGsを一言で説明するのが何とも難しい。。。

「2015年9月に国連で採択されて、17のゴールと169のターゲットがあって。。。」と説明し始めると、だいたい聞いている人の眉間にシワがよってくるのがわかります(笑

もっとみる
ありがとうございます!^_^

【vol.1】つれづれなるままにSDGs

note はじめます。

「なぜ」かというと、記録しておきたい、伝えたいことがあるから。

昨年、僕は「SDGs」(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)について少しずつ学んできました。

それを自分自身で改めて整理することが一番の目的で、それにはこういったアウトプットが効果的だと考えるからです。

そして、もうひとつは、これを読んで「少しでも役立った」と

もっとみる
ありがとうございます!^_^

2020年代 士業の働き方が変わる?AI時代に勝つための方法とは?

司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

現在、東京都江戸川区葛西にて司法書士・行政書士事務所を経営しています。

2020年代、個人的にどうなっていくのかを予想しつつ、自分はどのようにしていけばいいのかを書いていきます。

手続が国民主体となる時代に!

今までの士業というと、面倒な手続を変わりに行うというイメージがありました。

たとえば、相続登記にしても、戸籍集めから協議書などの作成など、全て

もっとみる

2019年に購入した本

2019年もたくさん本を買いました。

やったことのない仕事でも「できます!得意です!」とカマし、足りない本を買って一気に勉強し、実際に依頼が来たらアウトプットしながら更なるインプットをして帳尻を合わせる…という綱渡り心臓ドキドキな仕事の取り方・進め方をしているので、とにかく新しい仕事がくるたびに本が増えていきます。でも報酬もらえばすぐペイできる程度のコストですし、次回の受託以降はコストがかからな

もっとみる
今度飲みに行きましょう!
2

企業法務の現場

現実は厳しい。
企業法務で社内弁護士が主導権握るのも当然だ。
正確な事実関係を把握したうえで、リスクを判断して、アドバイスすることが求められる。
司法書士試験合格のレベルでは、太刀打ちできない。
社内司法書士が増えないのも理解できる。
司法試験とは勉強の仕方がまるで違うのだ。
この中にいつまでいれるのだろうか⁉️

創業前のチェックポイントやってみた。

前回の決意表明の記事に沢山の方から反応を頂いてとても嬉しかったです。

しかし、高らかに独立宣言してみたものの開業候補地の選択でさっそく手間取っています。。なので、今回はお茶を濁すような記事になっております。

仕事も独立準備も手につかなくて部屋の片付けを始めたところ、日本政策金融公庫でもらった「開業の手引」を発見。

そこに載っていた創業前のチェックポイントをやってみることにしました。

創業動

もっとみる