創造論

ネアンデルタール人のDNAを調べた結果、彼らは人間だった

A new DNA study compared modern humans to Neandertals. But unlike previous ones, this study targeted Northern Africans. The new report, published in the journal PLoS ONE, further confirms the fact that Neandertals could and did interbreed w

クモには巣を作るためのアルゴリズムが組み込まれている

by Jeffrey P. Tomkins, Ph.D. | Nov. 29, 2021 One of the many mysteries of biology is how a creature like a web-weaving spider with a tiny brain is able to systematically construct an elaborate web with amazing elegance, complexity, and exa

ネアンデルタール人: 答えは進化ではなくエピジェネティクス

Recent genome reports show that the Neandertals are essentially fully human, causing scientists to reclassify them as "archaic humans."1,2 But what about the apparent subtle differences in anatomy that first caused scientists to claim that

進化論者が増えている原因、それは偽の教え

A recent study claims that a majority (54%) of Americans now accept as true the statement “Human beings, as we know them today, developed from earlier species of animals.”1 Unfortunately, given the increased secularization of American socie

原子力ナイフより鋭い万能ナイフが切り分ける世界の実相は何か、っていう話です。

SF少年の魂を魅了してやまないパワーワードって、あるよね。 自分の場合、アイザック・アシモフの作品に出て来る「原子力ナイフ」が、それ。 原子力ナイフ? なんじゃ、そりゃー!? って感じだけど。。。 自分が子どもだった 1970年代は、インターネットで検索して答えを見つける、なんてできなかった。 せいぜい高円寺図書館の書架のあいだを行ったり来たりするぐらいで。。。 1978年にSFファン雑誌『スターログ日本版』が創刊されて、ようやく手がかりを得られそうに感じた。。。

スキ
3

進化論は非科学的なおとぎ話

Open Ocean Dragonfly Migration Boggles the Mind 外洋におけるトンボの移動距離は驚異的 Animal migrations occur all over the earth among many types of creatures, with some winged creatures (birds and insects) making the most extreme and lengthy ones. Among ins

スキ
3
+1

「渡り鳥」

こんにちは。 池田 忍です。 先週から早朝と夕方に、空から鳥の鳴き声がする日が増えてきています。 そうして空を見てみると、渡り鳥が編隊を組んで飛んでいく姿があります。 飛んでいく様子を眺めていると、先頭を飛ぶ鳥が交代するんですよ。 彼らの中では入れ替わるタイミングのルールがあるんでしょうね。 ヨーロッパアマツバメという鳥は、なんと約10カ月の間、一度も地上におりずに飛び続けたという記録があるそうです。 ヨーロッパからアフリカへ渡って、飛びながらまたヨーロッパへ帰るんだ

スキ
2

事実と想像力のはざまにて

デイヴィッド・モントゴメリーという地質学者がいます。この人の有名な著書は、「土の文明史」、「 土と内臓 微生物がつくる世界 」、「土・牛・微生物ー文明の衰退を食い止める土の話」でこれらは全て築地書館より出版しているが、白揚社から「岩は嘘をつかない―地質学が読み解くノアの洪水と地球の歴史」という本が出版されていることは県の図書館で偶然見かけた。著者名にデイヴィッド・R・モンゴメリーとミドルネームの「R」が書かれているだけで同一人物と判明しなかった不幸な本だ。 正直この本は「信

+2

①わたし、はじめました。

息子のアトピーのことや、子育てのこと。 自分が生きてきた軌跡。 たくさん自分責めをしてきました。 あの時のあれが悪かった。 あの時あぁしていれば。 じっくり向き合いました。

スキ
3
有料
100
再生

果たして創造主は存在するか|高原剛一郎

極めて複雑な構造をもつ人間の体は、偶然に偶然が重なって進化したものでしょうか?進化論は極めて非科学的です。