初孫

果てしなく純粋に温かく、 どの方向から見てもプラスでしかない。

産まれたお子さんの名前を書で、というご家族の思いを受けることがある。

いわゆる「命名書」である。

その気持ち、すなわち持っている「気」は果てしなく純粋に温かく、
どの方向から見てもプラスでしかない。

赤ちゃんの名前には、彼または彼女の将来への、
家族の思いのすべてが込められているわけで、
それをできる限り、清く美しく具現化するのは、
大変な作業であるけれども、光栄なことであるのは間違いない。

もっとみる
どうもありがとうございます。今日も素敵な一日を。
6

亡き義父は今・・・。

義父が亡くなって10年近く経つが、存命中は上の子を宝物のように愛してくれた。

子煩悩(孫煩悩?)な義父は絵本を読み、虫取りに出かけ、庭にプールをはり、手作りの池を作り、上の子の宿題の自由研究を率先してやるような人だった。

小学生が絶対に作れないハイレベルな作品を作り、手出ししようとする孫に「手を出すな」と注意するほど自分が没頭するのには笑ったけど。今でもその作品のいくつかは上の子の部屋に飾られ

もっとみる
楽しい1日になりますように♫
31
ありがとうございます!
7

六十の手習い ~55歳から60歳~

1、還暦

6年ごとの世代考察ですから、今回で10回目の記事になります。6×10=60歳。55歳から60歳までの世代について考察します。

前回の49歳から54歳までの記事はこちらから↓。

二字熟語のキーワードは「還暦」です。「十二支」(じゅうにし)でいうと12年、それを5回ですよね。なぜ5回か? それは、十二支の他に「十干」(じっかん)というものもあって、それを組み合わせた「暦」が、60年でま

もっとみる
これで年が越せます!
11

「孫の誕生日を昨日にしてほしい」と食い下がったおばあちゃんの話

私の誕生日は4月9日、つまり今日。というわけで今日は、私が産まれた日の祖母のことを書こうと思う。

祖母にとって私は初孫だった。産まれる前から楽しみにしてくれていて、誕生するとすぐに病院に見に来たそうだ。産まれたのは夜中の1時頃だった。つまり1時間前は4月8日である。

祖母は「たった1時間なのだからどうせなら8日ということにしてもらいたい」と言った。どうやら4月8日という日はお釈迦様の誕生日であ

もっとみる
ありがとうございます(*^◯^*)
4

可愛いおばあちゃんに・・・なる‼️

私、55歳。
昨年末に初孫が生まれました。
私は男の子3人の母親。今回、初めて女の子の赤ちゃんを抱きました。

柔らかい~❤️

皆が元気で楽しくいられるように、私自身もワクワクした毎日を過ごしたい🎵

好きなことをどんどんチャレンジしていきます。

もっとみる
今日もいい日でありますように❤️ ミカリュスより
61

孫娘の涙に成長を知る

この夏、娘が孫娘を連れて1歳直前のひな祭り以来、5ケ月ぶり2度目の帰省をした。今回は、育児に少し疲れた娘の骨休みの意味合いもあって、3週間の長期滞在となり、娘が孫の食事や風呂の用意をしている間、孫の面倒はじいじの役割だった。この3週間で片言の単語をいくつか覚え、感情表現や自分の意思を周囲に伝えようとするのが伺え、娘よりもじいじに抱っこを要求するまでになったが、いよいよ家に戻る日がやってきた。
 空

もっとみる

他にはない

おとんの墓参り、
おかんに七津を会わせる。

これが、帰省の目的だった。

お盆、お彼岸、一周忌でもよかったのだが、

できるだけ早く。

ずっと氣になっていたのだ。

去年、氣になっていたのに動けなかったのがまだどこかでもどかしく残っている。

今回は早く早くと思っているとまさかこんな暑っい時に日程が重なってしまうと
は笑

しかし、なっちゃんも元氣でなにより。
おか

もっとみる