企業内診断士

実務補習の報告書ネタに困ったとき

先週のタガックスさんに引き続き、実務補習ネタをお送りします。

実務補習では診断報告書を作るのですが、初めての経験ですので、どのような提案をしたら良いのか、手探り状態になる方もいらっしゃるでしょう。

そんなとき、診断士2次試験に合格した方「ならでは」の活用出来る知識があります。
それは、過去問の知識です。
え、過去問って試験に受かるのに必要なだけでしょう、と思われる方もいらっしゃるかもしれません

もっとみる
ありがとうございます!
4

実務補習だからこそ体験できること

こんにちは。タガックスです。

さて、2月上旬から実務補習が始まりますね。
申し込んだ方は、緊張しながら待っているところではないでしょうか。

診断士登録に必須の実務ポイントですが、最近は実務補習を受けない方も多いようです。
研究会で診断実務の機会を得たり、知り合いの会社を診断させてもらったりなど、いろいろな方法がある中で、「わざわざ費用を払って実務補習をやる意味が感じられない」という声もちらほら

もっとみる
ありがとうございます!とても励みになります。
12

診断士1年目にやっていたこと、今年やってみること

こんにちは堅めITベンダー勤務の中小企業診断士、廣瀬達也です。

本日(1/19)は、この「楽しいチーム」も所属している中小企業政策研究会(通称「政策研」)の1月定例会。新たに診断士試験に合格されてた方がドッと参加される「チーム紹介」が行われ、その後の懇親会も盛り上がったはずの日です。

前回の武井さんブログ

に影響されて、自分が診断士1年目なにをやっていたのか、ちょっと真面目に振り返ってみまし

もっとみる
ありがとうございます!
9

中小企業政策研究会のはなし

こんにちは。中小企業政策研究会 企業内診断士の輪を広げる「楽しい」チームの三木です。

今回は、我々の所属する「中小企業政策研究会(略称:政策研)」についてのお話。
特にこれから診断士活動を始める方の(もちろん、そうでないベテランの方にも…)参考になれば幸いです。

政策研は、

所属メンバー約300名の、おそらく会員数最大規模の研究会です。
“政策”と名前にありますが、研究するテーマは様々で、企

もっとみる

どうすれば、鬱にかかりにくくなるのか?

前回、ITベンダには鬱にかかる人が多いな~という話をさせて頂きました。

そしてその原因は、

 ①仕事の要求度が高い
 ②仕事の自律性が低い

からだと考えています。では、どうすれば、鬱にかかりにくくなるのでしょうか?

 念のため申しあげますが、これから述べることは、人生を数十年生き、そして学んだことから考えた個人の主観です。自分は「精神科医」でも、「その道の専門家」でもありませんので、誤解な

もっとみる
もっと良い文書が書けるよう、頑張ります♪
13

敬語の種類がいつのまにか増えていた話

新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。
とうとう13回目の投稿となります。

 今回は、中小企業診断士とはあまり関係ない話かもしれませんが、敬語の種類がいつのまにか増えていたというお話です。私も人のことを言える立場にありませんが、たまに明らかに敬語がおかしい方がいますよね(それ以前にに敬語自体もあまり使わなくなってきているかも)。最近、研修で敬語について触れる機会があった

もっとみる

記述式試験の採点に関して

今月12/20に令和元年の高度情報処理技術者試験の合格発表がありました。

私は診断士の延長でITストラテジストの試験を受験しましたが、残念ながら結果は不合格でした。
何度目かの受験になるのですが成績照会の結果、過去と同様午後Ⅱの論文がB評価であったため今回も不合格となってしまいました。
ITストラテジスト試験は午前Ⅰ、Ⅱの選択式試験と午後Ⅰ、Ⅱの記述式試験の4試験の組み合わせとなりますが、最後の

もっとみる
このリアクションが次へのモチベーションに繋がります。
12

中小企業診断士試験合格直後の過ごし方

2019/12/25(水)は、中小企業診断士2次試験の合格発表日でした。
合格された皆様、本当におめでとうございます!心よりお祝い申し上げます。
今回は、私が昨年合格した直後の1ヶ月の行動について、やっておいて良かったことや、焦る必要がなかったことなどを振り返りたいと思います。
合格後の過ごし方は、・余韻に浸りながら祝杯をあげる。・学習期間中に我慢していたことをやる。など人それぞれだと思いますが、

もっとみる
thank you for your action !
9

長く続けることが大切なんじゃない。現在(いま)を闘えない奴は・・・・・・

「長く続けるのが大切なんじゃなく、現在(いま)をどうするか。現在を闘えない奴が次とか何年後とか口にするのはおこがましい」

敬愛するロックシンガーが60歳の誕生日にそう語っていました。2013年4月7日。1回目の実務補習を終えたばかりのころでした。
それ以来、この言葉をずっと胸に刻んでいます(出来ているかどうかは別にして)。

■見たことのない頂へ

何度か書いてきていますが、「診断士になったら○

もっとみる
面白かったですか? よろしければフォローを<m(__)m>
7

きちんと届く「声」が欲しい

こんにちは中小企業診断士の廣瀬達也です。

3月の東京マラソン時に続き、今年2回目のインフルエンザをヤラカシマシタ。で、ブログ投稿順も調整いただいています。チームであることのありがたさ。編集長そしてメンバーに感謝です。そして、このブログで少し前に井上さんが「『えっ??独立??しないよ~♪』という消極的理由」の中で書いていた「健康リスクが高い」については、「健康リスクが低い」会社員として同僚のバック

もっとみる
よろしければシェアもお願いします!(^^)
8