+11

「若者が今、期待する政党は?」自民党58.2%-【結果発表】

 10月31日に投開票が行われた衆院選は、岸田内閣発足や野党共闘で盛り上がりましたね! ボートマッチなどをやってみた人も少なくないのでは? 学校総選挙では、9月13日から開始の「今、期待する政党はどこ?」の投票で、昨年の10月に実施した同様のテーマの投票数の約3倍となる30,572票もの投票をいただきました! 【概要】 ■投票受付期間:2021年9月13日(月)~10月31日(日) ■投票方法:オンラインによる調査 ■投票地域:日本全国 ■投票対象:10歳~29歳 ■投票

スキ
5
+2

第9回 くらがく(主権者教育について)

「主権者教育」って何? その言葉の意味を知ることから今回のくらがくは始まりました。 講師は岡山大学の学生 今回の講師は岡山大学で心理学をまなばれている、3回生の 有澤 可菜 (ありさわ かな) さんです。その他にも大学・高校生向けのキャリア教育に関心を持たれているようです。 主権者教育とは?主権者教育とは文字のごとく、主権者を教育することです。 では、主権者とは? 一般的には「国家の現実の支配権を持つ者。※」として定義されていますが、今回のくらがくで有澤さんは「国や社

スキ
5

「民度」という言葉は使わない、という見解を尊重はします。 でも私は、「日本人の民度が低い」こと自体は指摘されるべき重要事実だと認識しています。 例えば画像。 「自分は責任ある社会の一員である」とも「解決したい社会課題がある」とも思えない人は選挙なんか行かないよねという話です😭

スキ
44
+1

構造改革ニーズを可視化した維新の躍進

国政選挙も地方選挙も、政策起業家にとって選挙は学びの宝庫。早々報じられた共同通信社Web刊 “ 維新が躍進、議席大幅増「改革法案」提出へ ” より起動する遠い類推は、我が国の構造改革ブランドの席巻に、維新は大成功。 当該記事より~ 松井一郎代表は「自公で過半数なので、首相の方が支持が高かった」としつつ、議席増に関し「日本に構造改革が必要だと言い続けてきた。賛同いただける方が一定数いた」と分析した。~ そう。改革は、維新! その信頼感を着実に育んでいる。ことの現れなのでしょ

スキ
3
+2

不在者投票に行った話

2021年10月28日。私は人生初の選挙に参加した。前回の衆議院選挙は、高校3年生の10月。誕生日がまだ来ておらず、当時は選挙に参加できなかったが、大学4回生である今、やっと参加することが叶った。 不在者投票というものの存在期日前投票が開始された頃だっただろうか。来年から教師になる、高校時代の友人に会う機会があった。その時、彼女が期日前投票に参加するという話を聞いた。私自身、住民票を残したまま京都に来ているため、いざ選挙に参加しようにも実家に帰るしかない。だから、今回は諦め

岡山ヤシノミ作戦 “ 落ちるのは奴らだ ”

【 さすが私淑する青野さん。岡山ヤシノミ頑張ります! 】 ~ 岡山市民のために働かない企業ファースト議員の落選運動 ~ “ ヤシノミ作戦 ” は、選択的夫婦別姓や同性婚を進めない政治家たちをリストアップし、落選に導く市民活動。“ おかやまヤシノミ作戦 ” は、選択的夫婦別姓反対意見書を可決した岡山県議会議員をはじめ、住民の困り事は見て見ぬ振り。面倒くさい社会課題のスルーを繰り返し、市民が提出した陳情書を悉く不採択にする、そんな地方議員を落選に導く岡山県民の活動です。 “

スキ
2
+1

若者に投票を呼びかける前に

日経新聞本紙にCOMEMOに書いた記事が掲載されました。 「デジタル・シティズンシップ教育」の必要性を述べたものですが、実は最後の一行で述べたことがより本質的なポイントだと考えています。 オンライン化が進む社会での、より良い主権者を育成することを目指す「デジタル・シティズンシップ教育」が求められている。そして、生徒会活動などを通じてオンライン以外の分野でも「良き主権者」を育てるための環境を学校現場に整えることが、その第一歩となるだろう。 衆議院選挙の投票日が迫りメディア

スキ
10

選挙の街宣を「うるさい」と思う人の心理

もうすぐ衆院選の投票日になります。 あと約1週間、候補者やそのスタッフの方々にとっては 本当に息もつけないほどの忙しさでしょう。 頑張ってください。 さて、私は選挙に立候補した人の演説、 いわゆる「街宣」というのを聴くのが好きです。 なぜかと言えば、やはり人の言葉というのは 直接聞かなければわからない部分があるし、 その人、本人を見れば、言葉以上の何かが伝わってくるからです。 しかも、どんなに有名な政治家でも選挙に落ちれば議員ではなくなるので、 誰もが選挙運動をするし

スキ
9
+2

《お知らせ》 10/30(土)衆院選イブ企画★朗読「シチズンシップのトリセツ」を聞いてゆるっと語ろう

こんにちは。 書籍『きみがつくる きみがみつける 社会のトリセツ』共著者の舟之川聖子です。(書籍情報→https://amzn.to/2ZmZl4t) 衆院選イブの10月30日(土)にシチズンシップについてゆるっと話す場をひらきます。 市民が自分の意思をダイレクトに示せる衆議院議員選挙。その前日のタイミングで、みなさんとあらためて「シチズンシップってなんだろう?」ということを分かち合ってみたいです。 シチズンシップとは、「市民であること」「市民としてのあり方」を指す言葉

スキ
10

26日に眞子さまご結婚が予定されてますが、人の結婚に反対するためにデモまでする人たちは完全に常軌を逸している。 「こんな人たち」が出てしまうから私は天皇の制度そのものに懐疑的ですが、まずは政権交代で主権者教育などの啓蒙を抜本的に強化することが必要です。 #月末に政権交代しませんか

スキ
59