やめることで上達する

がむしゃらに頑張っているけど、

真面目に頑張っているけど、

一生懸命考えているんだけど、

なかなか結果が出ないというのは

もしかしたら少しばかり余計な力が入っているかもしれません。

今の取り組みを見つめなおし、やめてみる事で

上達するきっかけが得られる事もあります。

今日はそんな感じでみていきましょう。

あれこれやらない

今取り組んでいる棋書は何冊ほどありますか?

3冊?5冊?

もっとみる
あなたは天才です。
5

5Gのオススメ⦅noteオリジナル記事⦆

5Gがこれから導入されるとなっていますが

これは世の中が激変してしまう程の可能性があるんです。

控えめに言ってかなりヤバいです。

具体的なことを言うと

①高速大容量通信

②超信頼・低遅延

③多数同時接続

これらになります。

それぞれがどんなことなのか具体例を話ます。

①超高速大容量通信

これは今までデータの読み込みに時間がかかっていたものが

想像の遥か上をいくスピードで起こり

もっとみる
ありがとうございます❗️よろしければHPも見てみてください😊
3

あっさり上達する簡単な方法

毎日頑張ってるのに全然強くならない…

私は才能がないから…

強くなる人が羨ましい。

うんうん、わかる。

とはいえそう嘆いてばかりではやはり前に進むスピードも落ちてしまいます。

確実に前向きに上達する方法を考えていきましょう。

言葉を変える

真っ先にやってもいいかなと思うのは

言葉を変える事です。

数秒でできる魔法の取り組みです。

私にはできない→私にはできる

〇〇やらなきゃ→

もっとみる
あなたは凄い。
10

ハードルを上げる事でありえない速度で上達する

昨日はハードルを下げる事で上達するという記事を書かせていただきました。

力の抜けた状態はとても大切で自分のペースに合わせた取り組みができると、確実な上達に繋がります。

今回はその逆です。

普段からプロを目指している子を教えていたり、

それ以外の生徒でも期間を短くして目標を最短でクリアしたりなど

ハードな取り組みをしていたりするものです。

めちゃくちゃなスピードで強くなるためにはどうする

もっとみる
幸せな気持ちをありがとうございます。
4

作品はSNSで発表すべき!

今回は、作品はTwitterやpixivなどで発表すべきだという話をします!

なぜなのかというと、
「人は自分の仕事を客観視できないため」
です!

どういうことなのか、研究結果を用いて説明します。

ある実験で、サーカス団の人たちにいくつかのサーカスのパフォーマンスの映像を視聴してもらい、そのパフォーマンスがどれくらい人気になるか予測してもらいました。
結果、団員は自分自身のパフォーマンスを高

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!大変励みになります!
5

ハードルを下げる事で上達する

もっと頑張らなきゃ。

努力が足りない。

と、めちゃくちゃ気合入れて取り組んでいるのに

なかなか上手くならずに凹む。

それは頑張り過ぎなんです。

どこかでハードルを上げ過ぎて、自分が追いつかないレベルの事をしているから、身体が追いつかず、気持ちがついてこれなかったりするのです。

ハードルを極力下げて、てきと~に遊ぶ事で十分上達します。

そんなてきと~な取り組みをみていきます。

そうい

もっとみる
あなたは凄い。
7

あなたの画力を”さらに”UPさせる、イマジネーションライン。(応用編)

こんばんは、こまさんです( ´∀`)

今回は観る力応用のトレーニング
についてお話したいと思います。

絵を描いたり
普段していると思いますが
机に向かっている時だけが

その練習だったり
トレーニングだったりする
タイミングだと思って
いませんか?

実は観るだけトレーニング
というだけあって

机に向かっている時以外でも
あなたの画力だったり
知識というところを鍛える

もっとみる

少ない⇨増える⇨減る収束過程

ブログを書き始めると「文字数」を気にし始める段階がくるかと思います。そしてネットで調べるとどうやら「1000文字」が一つのラインになっててそれ以上書くことが好ましい風潮があることは否めません。

僕はブログ書き始めの頃は大体1500〜2000文字に収まっていました。しかし文字数を気にし始めてからしばらくは5000文字を超えるような記事も平気で書くようになりました。

もちろんその5000文字が読み

もっとみる
「いいね」ありがとうございます^^
1

好奇心を持つ事が圧倒的な上達法

圧倒的に成長スピードを上げるのは

好奇心です。

興味を持つ事

もっと知りたいと思える事

楽しいと思える事

良いエネルギーが詰まっています。

自然と学びを広げられる好奇心があると良いですよね。

今日はそんな感じで見ていきましょう。

「なんで?」爆弾

子どもたちに囲碁を教えていると、

囲碁でも囲碁以外でも飛んでくる言葉があります。

「なんで?」

「なんで?」

「なんで?」

もっとみる
あなたは天才です。
7

あなたの画力をUPさせる、イマジネーションライン。

こんばんは、こまさんです( ´∀`)

これは観る力を鍛える
習慣の1つとして
身につけて欲しいものです。

それは

「イマジネーションライン」

実際はないけど
そのものを、そう見せている構造を
自分に分かる線や図形で描く。
ということです。

出始めのPlayStation
みたいなゲームとか
結構カクカクで荒かったと思います。

そのゲーム(ポリゴン)のように
その面に対する図形を割って描

もっとみる