ヴィンテージTシャツ

ステッカー作りました。

ステッカー作りました。

こんにちは。今日も暑いですね…。 BEACONのブランドロゴのステッカーを作りました! 私自身、アンティークのステッカーが好きなので、是非ラインナップへと加えたかったのです。今後は様々なステッカーのリリース予定しています。 今回の第1弾ステッカーは、キャンペーン期間中にTシャツをお買い上げの方にTシャツ1枚につきステッカー1枚をプレゼント致します。 全天候型なのでお部屋や小物をはじめ、お車やバイクなど野外で使用する物や野外の様々な場所にも貼ることが出来ます。(大きさは

2
30余年分のペーパータグ

30余年分のペーパータグ

タグを集めだしたのは多分、80年代、自分のお金で洋服を買うようになってからです。ペーパータグのデザイン、フォント等に興味があり書き写したり、架空のブランドロゴを作ってみたり…。最初の頃はタグや冊子、雑誌の切り抜きをコラージュしてポスターパネルにして飾っていました。その後もなんとなく捨てられずに手元に残しておいたらとんでも無い数になりました…。何枚あるのかわかりません。アメカジ、フレンチ、ブリティッシュ、イタリアン、ハイブランド…。そして、これらでいくらお金を使ったのか…怖くて

1
ARMY MEN

ARMY MEN

グリーンアーミーメン…子供の頃から慣れ親しんだ玩具なのに、今まで呼び名すら知らずにいました。子供の頃は落下傘に結んで高いところからアーミーメン人形を落下させて遊んだり、物語を想像しながら戦車や飛行機の玩具と一緒に遊んだりしたものです。 映画『トイ・ストーリー』にも登場していたので何となく見た事がある方も多いかと思います。 アーミーメン人形の歴史を調べてみると、プラスチック製の玩具の兵隊は1938年にベルゲントイ&ノベルティ社が製造したそうです。その後数多のメーカーが製造し

5
VINTAGE MOTORCYCLE 〝TRIUMPH〟 T-SHIRTS

VINTAGE MOTORCYCLE 〝TRIUMPH〟 T-SHIRTS

1960年代のオートバイメーカーTRIUMPH のTシャツです。 おそらく当時のディーラーでノベルティとして配布されたものか販売されたものだと思います。 興味のない人からしたらただの薄汚い古着のTシャツです(笑) でも、私にとってはかけがえのない宝物…。 現在のようにPCやグラフィックソフトもない時代の手描きによる、どこか牧歌的で、なんとも言えないユルさと可愛さと温もりを感じるヴィンテージTシャツが好きです。 温もりと味わいのあるビンテージテイストのTシャツを気軽に子供に着

5
カート・コバーンが着ていた ダニエル・ジョンストンのドローイング Tシャツ

カート・コバーンが着ていた ダニエル・ジョンストンのドローイング Tシャツ

前のシーズンでは5つの90年代のTシャツを5つの90年代のエピソードと合わせて紹介しました。 このシーズンでは90年代のロックアイコン、もちろん90年代だけではなく、ロックの歴史においてもかなり重要な人物なのですが、90年代に絞れば異論なく最大のアイコンであるカート・コバーン、カート・コベインが着用していたTシャツをいくつか取り上げて、またいろいろと話したいと思います。 で、このシーズンの出で立ちなんですが、1992年にカートがスペイン、マドリードのレティーロ公園で撮影され

4
サブ・ポップのレーベルロゴが入ったTシャツ

サブ・ポップのレーベルロゴが入ったTシャツ

私は80年代をティーン・エイジャー、学生として過ごしました。誰でもその歳のころというのは多感で刺激を受け易いものだと思います。 受けた刺激の一つが音楽だったりしたワケですけれど、アメリカはMTVの時代で、マイケル・ジャクソンやマドンナといったスーパースターがいて、イギリスにはデュランデュランやワムみたいなビジュアルの寵児みたいなアーティストがいました。ハードロックやヘヴィメタルも隆盛を極め、LAメタルのようにヴィジュアルを意識したくくりも出てきました。全体的にポップでカラフル

8
エディ・ヴェダーが着ていた "I Love Grunge" Tシャツ

エディ・ヴェダーが着ていた "I Love Grunge" Tシャツ

90年代を語る上で忘れられない出来事はいくつかあります。 1995年1月17日、朝、出勤前にテレビをつけるととんでもない光景が目に飛び込んできた。 高速道路の高架が倒れ道路が横倒しになっている姿。街のあらゆるところから立ち上がる煙。ヘリコプターで高い所から映し出されたその映像に合わせてレポートするアナウンサーの声はゆっくり話しているにも関わらずヒステリックに聴こえました。 阪神淡路大震災です。 多くの人の命が亡くなりました。その地震とともに私の約100枚のアナログレコードが瓦

5
100
アクセル・ローズが着ていた Nine Inch Nails のTシャツ

アクセル・ローズが着ていた Nine Inch Nails のTシャツ

1991年という年はロックという音楽にとって大きな一つの節目があった年だと思います。それは転換というよりもそれまでの流れと新しい流れが関連して交差して生まれた節目のようなものだった気がします。 8月にMetalicaの通称ブラック・アルバムとよばれるセルフタイトルのアルバムが、翌9月にはNirvanaのNevermindがリリースされていて、ほぼ同じ時期にGuns N' RosesのUse Your Illusionの1と2が2枚同時リリースされています。 90年代はいわゆる

11