ロボット手術

+2

ダヴィンチ2台目搬入

とうとう2台目のダヴィンチ(Xi)が搬入されました。手術中、不安定になっては大変なことになりますので1トン近い重量があります。そのままではエレベーターに入らないので4本のアームの一部を外してエレベーターに入れ、地下の手術室に運んでもらいました。手術が終わったのが夕方6時でしたので、その後の夜の作業となりました。既にXi経験済みの医師・看護師がいますが、機械の説明や細かい準備をした上で運用開始となります。多分、民間病院で2台あるところはないのではと思います、既に病院が手狭になっ

+2

ダヴィンチ2台目搬入

とうとう2台目のダヴィンチ(Xi)が搬入されました。手術中、不安定になっては大変なことになりますので1トン近い重量があります。そのままではエレベーターに入らないので4本のアームの一部を外してエレベーターに入れ、地下の手術室に運んでもらいました。手術が終わったのが夕方6時でしたので、その後の夜の作業となりました。既にXi経験済みの医師・看護師がいますが、機械の説明や細かい準備をした上で運用開始となります。多分、民間病院で2台あるところはないのではと思います、既に病院が手狭になっ

毎週水曜日更新の新着ブログです! <2021年10月6日のブログ> AIに取って変わられずに仕事ができるスキルとは何か? https://gnet-doctor.com/archives/62603/

スキ
5
+1

前立腺がんロボット手術:ED

前立腺がんのロボット手術はとても良い手術と思っていますが、最近では若い方も多く見つかり性機能障害が一つの問題です。以下、患者さんと私の典型的な会話で説明できればと思います。 患者さん:性機能障害が気になります。 私:そうですね、勃起をコントロールする神経(海綿体神経)が前立腺の左右に1本ずつ通っています。両方、片側を温存するか、両方とも温存しない方針に分かれます。 患者さん:どうやって方針を決めるのですか? 私:前立腺がんの場所、大きさ、悪性度などをMRIなどの画像、直腸診

+1

前立腺がんロボット手術:入院期間

前立腺がんのロボット手術は、従来のお腹を開ける手術とかなり違い、体への負担は少ないです。とは言っても大きな手術ですので、日本では入院期間は一般的に2週間くらいです。米国では入院期間は極端に短く、多くが1泊2日です。中には日帰り手術でやっているところもあります。日本でも可能かどうかと言う、可能です。しかし、患者さんは尿の管をつけたまま退院しなくてはなりません。ほとんどの日本の方はそう言う状態では退院したくないだろうと思います。また、さすがに手術後2−3日は傷の痛みもありますので

スキ
2

医療の現場最前線

7月3日土曜日の午後2時半から30分間、東京MXテレビの「医療の現場最前線」と言う番組で東京国際大堀病院が取り上げられました。更なる高齢化を迎え、当院が専門にしている泌尿器科・婦人科疾患(排尿障害、前立腺肥大、前立腺がん、臓器脱、子宮疾患)はさらに増えます。そこら辺の情報・紹介はできたのかなーと感じました。しかし、テレビに自分の顔がうつるたびに手術を終えたばかりの疲れた顔で我ながら嫌になりました。しかし、他に出てきた先生たちは説明もうまく、皆、実際そうなように優しくて良い感じ

スキ
1

保険適用手術の種類 Vol.05

 下の表は、「診療報酬の算定方法の一部を改正する件(告示) 令和2年厚生労働省告示第57号 医科点数表 手術 第1節 手術料」を参考に、保険適用となっている手術区分(種類)及び手術料が設定されている項目数について私なりにまとめてみたもの。  例えば、以下の場合。 K655-2 腹腔鏡下胃切除術 1 単純切除術 33,850点 2 悪性腫瘍切除術 64,120点 ⇒「K655-2 腹腔鏡下胃切除術」を手術区分(種類)、「1 単純切除術」及び「2 悪性腫瘍切除術」を診療報酬点数

スキ
1

ロボット手術の最前線

9/26開催 東京女子医科大学学会総会シンポジウム 『ロボット手術の最前線』に参加しました。 スマート治療室とは?  手術室では多種多様な医療機器・設備から発生する膨大な情報を医師やスタッフが限られた時間内に判断しつつ治療を行っている。 スマート治療室は、IoTを活用して各種医療機器・設備を接続・連携させ、手術の進行や患者さんの状況を統合把握することにより、 手術の精度と安全性を向上させる最先端の治療室。 スマート治療室「SCOT」(スコット)は、Smart Cyber

スキ
1

お勉強54:子宮頸がんの低侵襲手術

https://jamanetwork.com/journals/jamaoncology/article-abstract/2766807 子宮頸がん、いわゆるopen vs ラパロ・ロボット NEJMで低侵襲手術(ラパロ・ロボット)がopenよりも 「生存」が悪いという試験が出て全世界に激震が走ったわけですが https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1806395 https://www.nejm.org/doi/full

スキ
1

ロボット手術「ダヴィンチ」全国展開中/保険適用

 話題になった、嵐・二宮和也さん主演の医療ドラマ、「ブラックペアン(TBS系)」。このドラマでは、最新鋭の手術支援ロボット“ダーウィン“が登場します。  この手術支援ロボットは、「ダヴィンチ」という名で実際の医療現場で既に使われており、2018年4月には肺がんや胃がんなど、幅広いがんの手術において保険適用になりました。  ダヴィンチの内視鏡カメラと3本のアームを体に挿入し、術者が数メートル離れたコンソール(操作席)に座り、3Dモニターを見ながら遠隔操作で装置を動かしま

スキ
3