かにーじゃ

田舎の整形外科医。 オーストラリア・ドイツ留学経験。 趣味は語学・海外サッカー。 医療…

かにーじゃ

田舎の整形外科医。 オーストラリア・ドイツ留学経験。 趣味は語学・海外サッカー。 医療の話を中心に雑多に呟いています😃 整形外科ブログ⇒https://iryo.futoko.website/。 著者の名刺⇒https://www.handshakee.com/kaniggia

マガジン

  • 病院・医療の小ネタ

    日本人医師が日本の医療に関する豆情報を発信しています(時々、海外の情報も)。

  • テックアカデミーの「はじめての副業コース」学習記録

    プログラミング初心者の私が12週間のwebデザインのオンラインスクールを受講した記録をまとめています。 これからプログラミングを学ぼうとしている人は参考にしてみてください。

    • 病院・医療の小ネタ

    • テックアカデミーの「はじめての副業コース」学習記録

最近の記事

海外で使用するためのSIMカードを日本で事前購入

フィリピンへの渡航前に、日本でスマホのSIMカードを入手しておこうと、【AIS】SIM2Fly<アジア32ヶ国プリペイドSIMカード / データ通信6GB / 8日間(192時間)>を、事前に日本でアマゾンで購入しました。 1,850円でした。 現地の街中のお店に行けばもっと安いSIMがあるでしょうが、事前に、しかも日本で自分のスマホに差し込むことができるのは、結構安心感があります。(日本でも使えますから) 私は、出発前日にこのSIMを自分のスマホに装着しました。 そ

    • 日本に帰国時の”Visit Japan Web”

      前回に引き続き、フィリピンへ渡航した時の準備について書きたいと思います。 スマホでの税関申告コロナ禍以前には、日本に帰国する飛行機内で書いていた「税関申告書」がありました。 このVisit Japan Webは、それのスマホ版といった感じです。 コロナ禍の時には「デジタル登録して入出国」が日本ではうまくいっていないような報道を見ましたが、それが改良されてVisit Japan Webになったのでしょうね。 作成にかかわった方々、お疲れさまでした。 また、注意点として

      • フィリピン渡航前のeTravel入力でエラー

        エラーが起こった箇所前回の記事で、「eTravelの1か所にエラーが出て、時間を要した」と書きましたが、それは「滞在先」の入力です。 「Hotel/Resort」、「Residence」、「Transit」からまず選ぶのですが、私は短期のホテル滞在ですので「Hotel/Resort」を選びました。 その後、ホテル名を入力するのですがここが問題です! ホテル名は登録されたものを選ぶ形式なのですが、私の宿泊ホテルが登録されていないようです。 自由に入力して登録できるのでは

        • フィリピンへの入国で必要なeTravel

          久しぶりの投稿になります。 ここ数か月、色々あり、こちらに来られませんでした。 また、少しずつ投稿していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 少し前にフィリピンに行ってきましたので、渡航前の準備の事から少しずつ書いていきたいと思います。 事前オンライン登録久しぶりに海外に行こうとしたら、eTravelという事前のデジタル登録が実施されていました。 これはフィリピンへの入国記録で、以前は紙に記入していた(飛行機内で)入国カードの代わりの様です。 コロナ禍で、

        海外で使用するためのSIMカードを日本で事前購入

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 病院・医療の小ネタ
          かにーじゃ
        • テックアカデミーの「はじめての副業コース」学習記録
          かにーじゃ

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          「着替えも労働時間」と看護師がストライキ

          北海道のある病院に対して、看護師らの労働組合が「制服への着替えの時間が労働時間に当たるとして、未払い賃金の支払いを求めてストを決行した」らしいです。 1週間前の出来事です。 主張していること(着替えの時間は労働時間に相当する)は、おそらく正しいのでしょうが、「着替えの時間の対価」を求めてストというのは少し変な感じがしました・・ というのは、「看護師は仕事自体が忙しくて、残業がかなりあるので、そちらの時間の方がはるかに長いだろうから」です。 残業時間が一日当たり1時間~

          「着替えも労働時間」と看護師がストライキ

          世界の医師らが化石燃料の廃止を要請したらしいけど…

          世界医師会・国際小児科学会・国際看護師協会などが、今月11月30日からUAEで開かれるCOP28(第28回気候変動枠組条約締約国会議)で化石燃料の段階的廃止の合意を求めている様です。 理由は「異常気象による壊滅的な影響から健康を守るため」で、具体的な例としては「大気汚染で年間700万人が死亡している」ことを挙げています。 化石燃料のうち石炭が特に環境に悪いと言われています。 そして、その石炭を日本はエネルギー源として現在も多く使用しているため昨年のCOP27まで3年連続

          世界の医師らが化石燃料の廃止を要請したらしいけど…

          ガザ地区の医療

          ガザーイスラエルの紛争が始まって、3週間が過ぎました。 ガザ地区の死者数は毎日数百人単位で増えています😥 (そして、ガザ地区だけでなく、ヨルダン川西岸でも死者は出ています) 病院に運ばれるケガ人はとっくに病院のcapacityを超えてしまっており、とても対応しきれないようです。 リアルタイムの映像および状況把握は、中東カタールのテレビ局「アルジャジーラ」のwebサイトから得ています。 日本語では無く英語になってしまいますが、日本のテレビ局ですとなかなかリアルタイムの

          ガザ地区の医療

          手術したい外科医たち

          私は整形外科医ですので、手術をします。 でも、患者さんの多くは「できる事なら手術を受けたくない。手術しないで済ませたい」と思っています。 当然です。不安があるでしょうし、麻酔切れたら痛そうだし・・ ですので、私も「できるだけ手術をしない治療法」をまず考えます。 指の腱鞘炎であれば、注射が良く効くのでまずは注射をします。 それでも数か月すると再度症状がぶり返す患者さんは多いのですが、そのことも説明した上で注射をします。 そして、ぶり返した時に再び受診していただき、「

          手術したい外科医たち

          若い外科医が、手術の基本である「糸結び」がきちんとできない

          私は整形外科医で、私の勤務している病院には毎年大学からの若い医師が交代で派遣されてきます。(大学の医局制度によって) 医師になって、4年目~6年目くらいの人たちなのですでに基本的な事は習っており、もうすぐ整形外科の専門医試験を受ける年代もいたりするのですが、基本的な知識・手技が身についておらず、驚くことがしばしばあります。 これは「個人の能力」によるところはもちろん大きいのですが、このように基本的な事が身についていない医師が増えている要因として「医局の方針」が大きいとも感

          若い外科医が、手術の基本である「糸結び」がきちんとできない

          ガザ地区の病院への空爆

          ガザ地区とイスラエルの紛争が激化して間もなく2週間になります。 この2週間、現地の状況が気になり私はネットで現地の映像をちょくちょく見ています。 かなり悲惨な映像が続いており、気持ちも落ち着きません。 そして、10月17日にはガザ地区の病院への爆撃で470人以上が死亡したと報道されました。 また、本日10月20日になって米国の情報機関が「死者は100~300人」と見積もっているという事も明らかになりました。 どの人数が正しいかは現時点ではわかりませんが、病院へ爆撃っ

          ガザ地区の病院への空爆

          国立大学病院は、赤字だらけ・・

          日本の42国立大学の病院収支が、合計302億円の赤字になる見通し(2023年度)らしいです。 平均すると1病院あたり約7億円の赤字。 黒字の病院もあるようですが、40億円以上の赤字見通しの病院もあるようです。 「医は仁術」という古くからの言葉がありますが、現代においてはそれだけでは医療は継続できません。 より高度な医療を施すためには、高額な薬・高額な機器が必要になってきます。 大学病院は、より高度な医療を提供することが期待されていますが、同時に大学病院の医師は高度な

          国立大学病院は、赤字だらけ・・

          医学部のアカハラ問題のため、大学が「働き方改革推進賞」を取り消された

          国立の大学で、働き方改革に関する事で一悶着あったようです。 という経過の様です。 詳細は当事者でないとわからない部分が大きいですが、私がこのニュースを見てまず感じたことは、「国立の大学が働き方で優れているの!?」という驚きでした。 私自身は大学の運営状況は詳しくないのですが、「大学病院の職場環境は最悪」という事はよ~く知っています。 県労働政策課がどの程度職場状況を調べたのかわかりませんが、ほぼ「書類選考のみ」だったりしないですかね?・・ その他の3つの企業は、来週

          医学部のアカハラ問題のため、大学が「働き方改革推進賞」を取り消された

          「病は気から」を実感する時

          「病は気から」という諺(ことわざ)があります。 私にとっては少し思い出深い言葉で、大学受験の時の面接で質問された諺です。(あまりうまく答えられませんでした😅) 中国最古の医学書『黄帝内経素問(こうていだいけいそもん)』の「百病は気に生ず」に由来するらしいです。 広辞苑で意味を調べてみると「病気は気の持ち方一つで悪くもなり、良くもなる」と書かれています。 私自身も日々の生活の中で実感する時があり、本日はそのことについて書きたいと思います。 身近な人が、感染症にかかった

          「病は気から」を実感する時

          周りからの評価は一瞬で変わる

          これは「長年の付き合いがある親しい関係の話」ではありません。 「あまり親しくもない有名人に対する」場合です。 具体的には、今朝行われたサッカーのスコットランドリーグで試合で、日本人の旗手怜央選手が活躍し、一気に評価を高めました。 イギリスのBBCは二日前(10月6日)の記事で旗手選手について「ピッチ上のどの選手よりもボールに触れる機会が少ない」「たとえボールを持ったとしても、パスはもはや昔のような正確さや危険さで送られることはない」と酷評していました。 私は、昨日この

          周りからの評価は一瞬で変わる

          患者へのタメ語に違和感

          少し前に、父親に付き添って病院受診をしたら待合室が混んでいた事を書きました。 本日も、その時に私が感じたことについて書きたいと思います。(患者の家族としての立場) 父が病院を受診した時に、医師の診察前に「血液検査」と「レントゲン検査」がありました。 検査室に連れて行ったのですがそこで複数の看護師・技師の人たちが父に対して「タメ語」でやり取りをしていました。 父は80歳代。一方、職員の人たちは30-40歳代くらいに見えます。 となると、親子かそれ以上に離れた年齢なので

          患者へのタメ語に違和感

          大学病院の働き方改革でビーコン!?

          来年2024年4月に運送業界にも働き改革が及び、「トラックドライバー不足で、物流が混乱する」という「2024年問題」が話題になっています。 そして、これは運送業界だけでなく病院も同様で「医師の過重労働が改善されなければならない」と2024年4月に規制が始まります。 つまり、トラックドライバーと同様に医師も不足するはず。 が、何となく医師個人が頑張っちゃう気がします(コロナ禍の時のように)。 しかし、最近知ったのですが、医師の労働環境として「最悪」とずっと言われてきた大

          大学病院の働き方改革でビーコン!?