ミラノサローネ

サローネのきっかけ

ミラノサローネへ行くきっかけとなったのは、デザイン賞の受賞がきっかけで、ご褒美として旅行をプレゼントしてもらいました。デザイナーの「てんぷら」さんならミラノサローネ知ってるでしょ!的な感じで旅行に誘導され、私は聞いたことあるけどインテリア興味ないし。。。という感じでした。で、結局せっかくなんでという事で家族(奥様と1歳の息子)を連れて訳も分からず家族旅行で行ってしまったのです。しかも初イタリア。

もっとみる
スキありがとうございました~!!
1

未来を耕すためのデザイン

TAKT PROJECT 代表 吉泉聡さんが、武蔵野美術大学大学院の授業にゲストに来てくださいました。吉泉さんは、素材やテクノロジーの新たな可能性を提案する作品を発表し続けています。

昨年、ミラノサローネで初の大型個展を開催し、「glow ⇄ grow」という作品を発表。光で固まる樹脂をLEDで硬化させることでつららのように形を変えていく、美しい作品です。Webサイトには次のように書かれています

もっとみる
すっごく、嬉しいです!また読んでください♪
3

入社1年目のミラノサローネ出展

大学でデザイン、という領域に身を投じ、人生が変わったような気がする。

大学2年のとき、一番仲の良い友人に、とある企業がミラノサローネに出した作品を見せてもらった。楽器を、旅や団欒、その他いろんな文脈から再解釈した、情緒的な楽器たち。今まで「バイエルを弾く、真面目なピアノを作る会社」程度に思っていたが、詩的で、ビジネスの匂いのしない作品群に、鮮烈な憧れを抱いた。

4年後。無理だと思って応募すらし

もっとみる

究極の美意識

さて、連日趣味に走りボディーワーク系の講座ばかり受けているわけではなく、たまにはお勉強も。

インテリアショップ「アクタス」のバイヤーと、インテリア誌「ELLE DECOR」のブランドディレクターによる、イタリアデザインを学ぶ講義に出かけてきました。

主役はELLE DECORの木田隆子さんで、経歴やこれまでの仕事(FIGAROからPENの編集長へ、とか北欧ブームを作ったとか!)の紹介の後、興味

もっとみる

食も光もボーダーレス

今年に入って、余裕もないのに2月、4月とヨーロッパに出張している。2月はストックホルム、4月はイタリアとオランダ。いずれも照明関連のリサーチと取材、そして食の探求だ。結果思うのは、投資した費用と時間以上に数倍も得るものがあったということ。普通の観光旅行でもそうだと思うが、とにかく海外に行くと非日常であることに好奇心とアドレナリンが半端なく放出されるのだ。ここでは、イタリアにほぼ絞って書いてみたいけ

もっとみる

ミラノデザインウィーク視察④

さて、フィエラサローネの続きです。

いろんなブースがありましたが、その中でも群を抜いて印象に残ったブースが2つありました。

まず1つ目は「PRECIOSA」(プレシオサ)ブースです。

PRECIOSAは、ボヘミアクリスタルを製造するチェコで一番有名な高品質クリスタルジュエリーとオブジェを作る会社で、独自の製法と加工法によるカッティング技術、クリスタル・ガラスといった製造技術を生かし、最近では

もっとみる

ミラノデザインウィーク視察③

2日目はミラノサローネ本会場のロー・フィエラへ。

まずサローネサテリテの展示を見ました。

サローネサテリテとは、35歳以下の若手デザイナーの登竜門で毎年世界中から応募があり、厳正な審査を通過した若手デザイナーが最大限のプレゼンスを発揮する場です。

ここで有名企業などの目に止まると商品化や、一緒にプロジェクトをやって製品を作る、、などチャンスが生まれる場所です。

若手デザイナーの登竜門とはい

もっとみる

ミラノサローネ往訪記〜parkERsデザイナーが見るデザインの「いま」〜

初めまして、parkERsデザイン室の二反田 彩です。

今回は、ミラノデザインウィーク・ミラノサローネ2019の視察情報をお届けします。
個性あふれるメンバーで構成されるparkERsならではの目線を楽しんでいけたらと思います!

ミラノデザインウィーク・ミラノサローネって?

ミラノサローネとは、世界中の2000以上の企業が家具を発表する最大規模の見本市のこと。
それと同時に、ミラノの街全体が

もっとみる
嬉しいです!励みなります🌱
8

MILANO WINDOW

6月17日まで、KAJA Resort FurnitureとKAJA DESIGNの共同ディスプレイ「MILANO WINDOW 」をKAJA吉祥寺店にて展開しています。

ミラノで開催されるサローネは世界のインテリアトレンドの発信地。2019年ミラノデザインウィークの視察を経て、サローネで感じたインテリアの楽しみ方、ミラノで繰り広げられるデザインの波。これは、そこから刺激を受けた私たちがお届けす
もっとみる

ありがとうございます!励みになります!
6

[春休み]イタリアで感じたこと

お久しぶりです!カンナです。

ブログ更新、遅くなってしまいごめんなさい(泣)
春休みの間は、何かと忙しく全く書けていませんでした(;_;)

春休み一瞬で過ぎていき、学校に戻ってきました!

今回の春休みは、母の出張についていき、イタリア🇮🇹へ!!

ミラノで行われた、Milano Saloneでの出展の手伝いを微力ながらさせていただきました。
チラシ配りから、外国人の方への説明、簡単な翻訳

もっとみる