マキャベリ

「サイコパス」特徴は裏を返せば長所にもなる

「ダーク・トライアド(暗い3角形)」ナルシシズム(自己愛性)、マキャベリズム、サイコパスについて最後、第3弾「サイコパス」です。
さあ、いってみましょう!

サイコパスという言葉は、普段の生活の中でも聞いたことがある単語ではないでしょうか?
精神医学の視点から見ると、パーソナル障害の1つである「反社会性パーソナリティ」を抱える精神病質者の俗称です。
サイコパスと言えば「殺人犯」などのイメージが強い

もっとみる
( •8• ) Thank you!
27

「マキャベリズム」合理的に行動していくべきという思想

「ダーク・トライアド(暗い3角形)」ナルシシズム(自己愛性)、マキャベリズム、サイコパスについての第2弾「マキャベリズム」についてです。
さあ、いってみましょう!

マキャベリズムとは、イタリア・ルネサンス期に生きた「マキャベリ」という政治思想家が「君主論」で説いた思想のことです。
多くの人に知られているマキャベリズムの考え方は、その合理的な思想から「目的のためには手段を選ばない」とか「結果を出せ

もっとみる
( •8• ) Thank you!
22

エンジニアリング"機能論"への招待

まえがき

スクラムによるチーム構築、アジャイルなどの開発手法、OKRを代表とする目標管理など。

エンジニアリングには多くの手法やシステムが活用されていて、日々改善が進んでいるらしい。例えば、前職ではITチームにスクラムが導入されており、スクラムを初めて体験・体感したが割とよかった覚えがある。

例えば、デイリースクラムと呼ばれる日々の進捗確認や、毎週行われるタスクの共有や見積もり、言葉にすると

もっとみる

香港と、南北朝鮮と、『君主論』

マキャベリの君主論には、こう書かれている。

征服した国に既に法律が存在しており、自由な生活が送られていた場合、取るべき方策は3つある。1つは、その都市を滅ぼすこと。1つは、そこに君主が移り住むこと。1つは、彼らに元通りの生活を許すことである。

自由を許し、民衆の協力を得られるであればそれが最も望ましい。

しかしより良い自由を知っている民衆は、いくら新君主が恩恵を与えようとも、過去の栄光を忘れ

もっとみる

古典を読もう②君主論

古典を読もうシリーズ

第2回目の今回は,マキャベリ執筆の”君主論”を取り上げます.

1. マキャベリとは

ニッコロ・マキャベリ(イタリア語: Niccolò Machiavelli, 1469年5月3日 - 1527年6月21日)は,イタリアのルネサンス期の政治思想家で,フィレンツェ共和国の外交官を務めていました.代表的な著書に「君主論」,「ティトゥス・リウィウスの最初の十巻についての論考(

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
5

マキャベリ「次の二つのことは

「次の二つのことは、絶対に軽視してはならない。第一は、忍耐と寛容をもってすれば、人間の敵意といえども溶解できるなどと、思ってはならない。第二は、報酬や援助を与えれば、敵対関係すらも好転させうると、思ってはいけない。」 マキャヴェリ

西洋古典を七つ紹介する文章(無料で最後まで読めます)

今度は西洋古典7冊を紹介します。
東洋古典のように体系立てて説明できたらいいんでしょうけども、そうはいかない(笑)。
自分の理解の浅さが露呈してしまいますが、それもまあヤムナシ。

①アリストテレス『政治学』
②マキャベリ『君主論』
③デカルト『方法序説』
④ジョン・ロック『統治二論』
⑤ルソー『社会契約論』
⑥マルクス『資本論』
⑦マックス・ヴェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神

もっとみる

「完全覇道マニュアル」備忘録

昨日、本の写経をしたことについての記事を書きました。

写経をしながら、せっかくなので題材としたこの本「完全覇道マニュアル」の内容を簡単にまとめていきました。
文献を読んでまとめレポートに仕上げる、なんだか大学生に戻った気分です。

内容は、マキャベリの君主論になります。
自分が理解した範囲での簡単なメモ的なもので、同じ本を読んだ方の備忘録として参考にしていただけたらと思います。
読んでない方には

もっとみる
うれしー(#^.^#)ありがとうございます
15

本の写経で文章力がアップする!? ー写経をやり終えてー

以前記事で、ステイホーム期間を利用して「完全覇道マニュアル」を丸々一冊写経するゾ!と宣言しました。くわしくは、こちらをご覧下さい。

毎日2時間ずつ、12日間…

やっと終わりました!結構つらかったー!

何が辛かったかというと、私は活字があまり得意ではないので(小説書くくせに…)、写経で脳が疲れ果ててしまいました。もう活字見たくなーい!状態になり、自分の小説を書く余力がなくなりました(^◇^;)

もっとみる
ゆっくりしてってね(´ω`)
17

【書評】教会が震えた悪徳のリーダー論「君主論」マキャベリ著

どうも、彼女とフルメタルジャケットを一緒に観たら心なしか会話が減った鈴木です。

皆さんにとって理想のリーダーとはどんな人物ですか?

本屋に行けばリーダー論を語った本は無限にありますが、こんな事が書かれている本はある でしょうか?

・悪評を立たせろ
・人を騙せ
・ケチであれ

今日紹介するのは、リーダー論の原点ともいえる、ニッコロ・マキャベリの「君主論」です。

国を統治する君主としてどうあ

もっとみる
ありがとうございます!シェアしていただけると嬉しいです。
2