ブランドマーケティング

アウトプットでインプット

2020/11/21 ブランドマーケティング

 予定通り、ビックカメラ様(以下ビック)より執行役員の方がゲストスピーカーとしてこられ、お話を聞くことができた。
 主に、これまで行った、認知度・ブランドの向上にむけた施策をお聞きしたが、素晴らしいと感じた取組の内、公表できる部分を以下に記載する。

・JALマイルとの連携
 飛行機搭乗によるマイルを、有効期間内に活用できるまで貯めれるのは、
 ごく

もっとみる

FGI

ブランドマーケティングを生業として、

もう20年くらいになる。

商品を売るために何が必要か、

をずっと長い間考えてきた。

結論からいうと100%正しい答えは無いし、

無いからこの仕事は面白い訳で。

色々偉そうに言う人もいる、

マーケティングのプロだとかなんとかいって

王道のシステマティックな方法で、

そこに当てはめ、なんとなくそれっぽいことをして、

結果がついてきたから、良かっ

もっとみる

日本企業にブラントパーパスがない理由

最近、日本のマーケティング界隈でも「ブランドパーパス (Brand Purpose)」という言葉が聞かれるようになってきた。ブランドパーパスとは、企業そしてその商品が、社会に対してどんな価値を提供することを目的としているか、という考えである。

たとえば、新商品のマーケティング戦略を考えるとき。欧米のブランドを重視する企業では、自分たちのパーパスを徹底的に考える。「これを自社がやる意味は何か」、「

もっとみる
ありがとうございます!
2

現代の企業経営を「松下幸之助 成功の金言365」で考える―9月21日:整形手術

一つの商品が売れるかどうかについては、その品物時代のよしあしにもよることはもちろんである。
しかしそれだではなく、その会社なり、商品なりのイメージということも、決して無関係ではない。そうなってくると経営者たるもの、会社のイメージをよくするために整形手術を受けなくてはならないようになるかもしれない。まあ、そこまではいかないにしても、少なくとも経営者として、態度物腰に十分気をつけなくてはならない。経営

もっとみる
継続して書きます!ありがとうございます!
3

「逃げたいときもあるけど、この会社で頑張りたい」、正直者のマーケターがみんマにいる理由

2014年に学生インターンとして入社し、新卒5年目になるたいゆうさん。
インターン時代を経て、現在は責任あるブランドマーケティングに携わっています。入社からこれまで、大きく変化した仕事観について語ってもらいました。

ーはじめに、今の仕事について教えて下さい。

「くらしのマーケットを国民的なブランドにする」というビジョン実現のため、ブランドマーケティング全般を担当しています。
TVCMを始めとし

もっとみる

クラシコムサロンvol.13を反芻する

今回、ブランディングに関するウェブセミナーの参加の機会があり、そこでインプットした知識とわたし自身にかけめぐった思考をアウトプットをしたく執筆をしている。

最初に断っておくと、わたしは今まで7年半法人営業一筋で、ブランドマーケティング未経験者である。(なので解釈に誤りがあれば指摘していただけるとありがたい。。)
ただ、今後ベンチャー企業に転職を控えているため知見を広げたいと思い、このウェブセミナ

もっとみる
ありがとうございまぁす٩( 'ω' )و
7

スティーブジョブズ - ブランドマーケティングの極意 | Think Different キャンペーン 立ち上げ時のスピーチの和訳

Youtube でみた Steve Jobs のスピーチがとても素晴らしい内容だったので、内容を和訳しました。
Appleがやった "Think Different" キャンペーンの立ち上げ時のスピーチです。
喋り方や、韻の踏み方など、スピーチの勉強にもなりますのでぜひ動画ででみてみてください。
まあ…、ぼくは、スピーチする機会、まったくないんですけどね…!

以下翻訳です。

---

Thi

もっとみる

コスト削減したいこの時期にマーケティング?-この時期だからこそ、重要なのです。YCPが初の無料マーケティング健康診断始めました。

こんにちは。YCP人事の岩田です。
本日は弊社のマーケティングプロフェッショナルメンバーの紹介と、もっとマーケティングコンサルの利用を身近に感じて頂けるようなちょっとオトクな情報をお届けしたいと思います。

マーケティングプロフェッショナルメンバー紹介

P&Gやユニ・チャーム、UNIQLOのグローバルマーケ出身に加えて電通・博報堂の広告代理店やMBB戦略ファーム出身者で構成されたプロ集団です。

もっとみる

マーケティング3分解説_②文脈設計とネーミング

前回の記事について

前回の記事を読んで頂いた方どうもありがとうございました。
引き続き不定期ではありますが、1ミリでも何かの気づきをご提供できれば幸いです。

前回はざっくり振り返ると自社の強みが活きるテリトリーを規定しましょうという内容でした。(※今回の内容を直接読みたい方は本題の所まで飛ばして頂ければ幸いです)

具体的には①使用用途、②デモグラでブランドのテリトリーを切るという話でしたが、

もっとみる

マーケティング3分解説_①テリトリーの法則

テリトリーの法則とは?

いきなりですが、私たちは資本主義社会に生きています。ですのでどんな市場にも必ず複数のプレイヤーがいますよね。

たとえば風邪薬。様々な会社が色んなブランドを出しています。パブロン、エスタック、ジキニン、カイゲン...ときりがありません。

このような市場でブランドを目立たせるにはどうすればいいでしょう?という問いに対しての1つの答えがテリトリーの法則です。

そもそもテリ

もっとみる