お題

シン・エヴァンゲリオン劇場版

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の感想をnoteに投稿してください!#ネタバレをつけると、記事の上部に注意書きが表示されます。

【シンエヴァ考察第1部】もう1度観に行きたくなって欲しいからしっかり解説していくよ

お久しぶりです。そしてお待たせしました。
自分で書いた考察に、自分で落とし前をつける時が来てしまいました。

まずは今までの記事をご自身のnoteでご紹介してくださった各位、Twitterおよび各SNSにて紹介してくださった皆様に心より感謝申し上げます。
ここの考察読んでから観に行ったら楽しめた!というお声もいただき本当に本当に嬉しいです。ものすごくモチベーション上がりました。おかげさまで今現在2

もっとみる
疑問点があればぜひお知らせください。
239

絵の勉強について、恥の多い練習をしてきました。第197回(一日一絵)いまだに観てません。

50才からイラストレーター、漫画家のゴジュから男です。

こちらはあるクライアント様からの依頼で『鬼滅の刃』を描かないといけなくなったので、練習のつもりで描いてみました。

実はですね。あれだけテレビやネットで騒いでいますが、

観たことありません・・・・

漫画もアニメもです。
なのでキャラの特徴とかまったく分からずに描きました。
とりあえずちょっとエロくしてみたぐらいです。

それより、今はエ

もっとみる
スキありがとうございます!とっても嬉しいです。
15

聖地リポート〜エヴァ✕宇部編〜

 GWに入る前のとても天気の良い日でした。大学時代の友人と愛車・ヴィッツハイブリッドで山陽道を走ること1時間。山口県を代表する工業都市、宇部市にやってきました。
 
 アニメーション監督庵野秀明さんのふるさとであり、『劇場版シン・エヴァンゲリオン:||』の聖地となっている宇部市は人口16万人程の街。周防灘に面し、化学メーカー・宇部興産の工場やかつてペリカンのカッタくんを飼育していたときわ公園などが

もっとみる
ありがとうございます!
1

9,240秒後、泣いた。

こんにちは、インターン生のハマダです。

今回は、絶賛公開中の映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」を見るまでに至った経緯を短く、そして本編の核心にせまるようなネタバレは一切無しで書かせていただきたいと思います。

エヴァとの出会い「エヴァ」という単語は中学生ごろから自然と耳にしていたのですが、今年の3月まで全く内容は知りませんでした。

そんな自分ですが、映画公開日が近づくにつれ、
弊社代表

もっとみる

庵野秀明監督『シン・エヴァンゲリオン劇場版』

『新世紀エヴァンゲリオン』はウィキペディアによると1995年から1996年に放送されたテレビアニメ作品である。当時の影響はすさまじく、黒や赤の画面に、縦横無尽にメッセージが散りばめられた表現の衝撃はよく覚えている(蛇足だが、同時期に同じく人気を博したNHKドキュメンタリー番組『映像の世紀』のオープニングにも似た手法が使われていて、そちらも格好良くて好きだった)。テレビシリーズ終了後も、映画作品とし

もっとみる
感謝します!
3

シンエヴァ マリエンドについて / マリは物語のメタファーなのでは、という話

2回め見に行ってからちゃんと考えようと思ってたんだけど、当分見に行けそうにないのでメモ書きレベル&感覚的であまり理論だってないけど書いとく。

ネットの記事とか全然見てないからとっくに同じこと書いてる人がいるかもしれないけどまぁいいや。

マリというキャラクターそのものについてはわからない点がいっぱいありますが(イスカリオテとかそのへんは全然わかってないです)、主に「ラストにマリといい感じになって

もっとみる

『私に還りなさい、そして君の側で眠らせて』ーー高橋洋子から宇多田ヒカルへと継がれる母性の系譜

1995年より始まったエヴァンゲリオンシリーズが2021年3月8日公開の「シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇」を以て、その25年に渡った歴史に幕を閉じた。本シリーズは主にアニメ版や新劇場版を通して、幅広い年齢層の老若男女を魅了し続けてきており無論、私もその魅せられた内の一人である(アスカ過激派)。

私の中のエヴァのルーツを辿るとエヴァンゲリオンという兵器のビジュアルに行き着くのだが、これに共感する

もっとみる

アニメ「スーパーカブ」感想

 恩義のある絵師が紹介していたので、スーパーカブ1話を見る。語りすぎない丁寧で静かな演出に心いやされるのですが、鬱病患者にとっての精神的おかゆみたいだな、とも同時に思うわけです。現代のオタクたちは咀嚼力を失っていて、ここまで噛み砕かないと栄養として摂取できないのか、つまりは直面する現実に疲弊しきっているのかという印象を持ちました(シンエヴァは、患者へ意志確認をしない胃ろうでしたが……)。

 いま

もっとみる

「進撃の巨人」の終わり方: シン・エヴァとの対照性

 漫画「進撃の巨人」が先日、最終回を迎えた。長い間、本当に楽しませてもらった。エヴァンゲリオンに続く「シン」作品の相次ぐ終了は、満足感はあるが寂しい。進撃の巨人について回想してみる。(小野堅太郎)

 エヴァンゲリオンとの大きな違いは、主人公エレンが「迷わない」ことにある。とにかく突っ走る。最後の最後まで、子供の頃に決めたことを達成するために人生を走り抜く。エヴァンゲリオン主人公シンジが世界を崩壊

もっとみる
キミも学んだね♪
42