サブカル女子

ちょ、そこの元サブカル女子!付録①百人町の白い花

アルバイト先で意気投合した女の子と、このあと踊りに行こう、新しいクラブができたらしい、という話になった。当時の私は二十一歳、一九九七年。電子音楽の〈四つ打ち〉のダンスミュージックが流行していた頃のこと。

 新宿の歌舞伎町・区役所通りを抜けて新大久保の方向へ。通称〈職安通り〉には女の人がずらりと並んでいる。ラテンアメリカ系、アジア系、皆、背が高いという印象。外国人だからなのか、高いヒールの靴を履い

もっとみる