Reiko Lauper

東京造形大学彫刻家卒業、ニューヨーク在住13年 ファッション業界→アートギャラリー勤務を経て、2019年からフリーランスに。 海外に住む事の自分なりの精神的変化や、思いついた事や好きなものを気分で投稿していきたいと思います。 https:www.reikolauper.com
  • 居場所がないと感じていた10代の頃から、どのような経緯をたどって私がニューヨークでの生活にに辿り着いたのか、20年間の思
    1フォロワー
固定された記事

他人と比べてしまう時は、自分の行動を振り返ろう

私には、継続して続けているシリーズものの作品がある。 自分の好きなバンドのロゴを、画面上で「通訳」して、和風のロゴアートに作り替えるというシリーズで、例えばこの...

思い出話 その5

ひょんな事から映画製作のスタッフに加わった私は 夏の間彼らの滞在先におじゃまし、他のアニメーターさん達の見様見真似で作業をお手伝いする日が続きました。 一人はク...

思い出話 その4

知り合いで、特定の住所を持たない人がいます。 暮らすように旅をする、が彼のテーマ。 それもとっても魅力的だけど、「おうち」が大事な私としては、 「暮らすように旅を...

不便さと自由さ、どちらを取るか

ブルックリンの僻地、MARINE PARKに引っ越して2か月。 住めば都とはよく言ったもので 近くには駅もなく友達もいないけど 近所はお散歩するのに最高だし お気に入りのスーパ...

10年前の自分と、今の自分

午前中の遅い時間に目を覚ます キッチンに行ってお水をコップ2杯 3匹の猫達にご飯をあげて 猫のトイレを掃除し 自分の朝食を作る 白米に味噌汁の日もあれば オムレツとパ...

幻のデニーロを見た夜

年末に、NETFLIXでずっと楽しみにしていたマーティン・スコセッシの新作The Irishmanを観た。 アル・パチーノとロバート・デ・ニーロとジョー・ペシという、マフィア役をや...