お金の力を付けたかったら
「無料だから(安いから)」
ではなく、
「好きだから」
の選択、時間を
増やしていくこと。

お金によって
「選べない自分」から、
「お金を動かせる自分」。

その意識の筋肉の分だけ、
現実は「好き」を
自由に創造できる。

ありがとうございます☺︎

「お金」「恋」「親」と「自分」の関係性

ビジネスやお金のことを
考えていたんですけど、
やっぱりどれだけ、

「自分の中心に在れるか」

がそこでの現実を招く
ということなんだなぁ
と思いました。

僕たちはとかく、
「お金」の方が「自分」より
大事だと思ってしまう
ところがあります。

「望まない仕事・人」
なのに
「生活のため」
に選んでしまったり。

「恋」の
シチュエーション
でもありませんか?

好きな人の心が欲しいから、

もっとみる

【翻訳つれづれ】Internal commitment

Internal commitment をどう訳すか。

直訳したら、内なる誓い、になるだろうか。

ちょっと堅くて分かりにくいから、自分自身への誓い、かな。

肚をくくる、という日本語が合いそうだ。

文脈によってこれらを使い分けようか。

「結果にコミットする」ってCMで市民権を得ているくらいだから、内面的な/内なる/内側のコミットメント、とすると、日本人的に何だかカッコよい感じがして新しい意

もっとみる
You deserve a great day !
4

TW Lesson. 8  なぜ目標を諦めるのか

デュース・ルトゥイというプロのアメリカンフットボール選手について、2010年に世界中で有名になった逸話があります。デュースについては、2010年に発行されているコーチングの本『富の戦士』*1 で、もっと詳しく取り上げています。次の動画では彼のストーリーの全容を見ることができますので、ぜひ見ていただけたらと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=0Tine-9dz

もっとみる
You deserve a great day !
3

相互対人コミュニケーションの副作用 安心社会か信頼社会か

対人コミュニケーションについてあれこれ考えている。というより、考えさせられていると言ったほうが正確かもしれない。というのは、ここ最近、対人間において苦い思いをさせられた。まあ、自分が一方的に被害者なわけではないのだけど。一般的には、他者と協調性を保つとかより親和性をもってコミュニケーションをとるというのが社会における規範とされている。一方では、現在特によく聞く「ソーシャル・ディスタンス」という言葉

もっとみる

人財育成の魅力 ~部活のコーチから始まる転職STORY~

先ほどまで後輩コーチと一緒にディスカッション。若き新星がコーチ活動を面白くしてくれそうです。

彼と話をしている中で「そう言えば、転職されたきっかけは何だったのですか?」という質問があったので、転職活動をしていた時に書いた文章(面接課題!)を引っ張り出してみました。
割と今現在の自分が読んでも、(自分の中では)納得感のある文章だったので、一部を抜粋&アレンジし、『なぜ人財育成を一生の仕事にしようと

もっとみる

【職場に半年後に退職の希望を出しました。】

今日会社に半年後
年末で会社に退職する意向を伝えました。

伝えた理由は2つ。

1つ目は、今の会社で働いていても成長する面は無いし、将来的に個人で仕事をするならば、得られるものは、ここには無いと判断したからです。
そして、メガバンクが人材切りをしていく中で
決して伸びていく業界では無いからです。

2つ目は、仕事を辞める期限を作る事で、
自分の逃げ道を断つ為です。
元々、何かを踏み出す勇気を持て

もっとみる
記事見ていただいてありがとうございます!
4

今日決めたこと

もうただの日記みたいになってるけど、頑張るためにここで宣言する

後悔するの辞めます。

後悔しないって死ぬほど難しいことだと思う。でも、今決めた。

私は朝から勉強するタイプだけど、すごく集中できない朝があってそんな時にいつも午後まで、

あー今日の朝は無駄にしちゃった。って後悔している。

それで夜まで何となく後悔を引きずってしまう。生産性悪いし、そんな気持ちで物事に取り組むのはあんまり気持ち

もっとみる

海外でも通用するスポーツメンタリティ

noteに投稿するテーマ(ネタ)を整理している中で、まだ触れていなかった領域が見つかったので、本日は新領域にチャレンジしてみたいと思います!
テーマは「海外」。実は私、NYで働いた経験があり、そこでの働き方の根幹に部活・スポーツでの経験があったなぁ、と思い出しましたので、本日のテーマは『海外赴任でも通用するスポーツメンタリティ』ということでお送りしたいと思います。

私がNYに赴任した時は、英語も

もっとみる

リーダーに必要なシンプルで簡単な「影響力」の身につけ方

「影響力」

 いろんなところで影響力という言葉を聞くかと思いますし、リーダーにとって必要なのは影響力に尽きると言っても過言ではないかと思います。

 サラリーマンでリーダーである人は、部下というか、一緒に働く人がいます。ただ、持っている権威というか肩書きも中途半端というと悪いですが、さらに上司にあたる人には負けてしまいます。ということは、サラリーマンでリーダーである人が目指すのは、権威という方向

もっとみる