移動制約−20%の壁、データから見る経済活動と感染者対策のジレンマ

経済活動を再開すると、多くのケースで感染者が再拡大する事例が世界的にも確認できる。人の移動によって人人感染が拡大するためだといえるが(人の移動が感染拡大の要因にならないというのは、希望的観測が強いのではないかと思われる)、Google社の人移動統計データと、新規感染者数の間に量的な関係がみられるかを確認したのが、下の図である。

人の移動の1月後の新規感染者数を見ると、移動が増加するとそれが1月後

もっとみる

エストニア の電子政府は、コロナ対策のロックダウン下でも正常に機能した。スウェーデンと比較して人口当たりの死亡者数が10分の1以下であるのは、エストニアの医療システムが正常に機能したことを示すものだろう。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/74676

【NeetCoin】
日本における無就業者(ニート)の社会的解決を目的に作られた国産暗号通貨。
CREX24で取引可能です。

ノートPCでマイニング中ですが、モナコイン等に比べて需要が極少のため稼ぎは少ないです。この人気の差は何?

https://neetcoin.jp/

❤取得により、Lv10特殊スキル”錬金ア○ノマスク”を覚えた!

エストニアへご招待♬

テレホミクス!HYUURIです♪

おひさしぶりです☻

ロコ旅でサービスを始めて、

一か月に一回くらいのペースですが申し込んでいただいていて

ご利用者の方々のお陰で、オンライン旅行ガイド認定をしていただき

嬉しく思ってます♬

お盆休みもあるという事で、サービスを増やしてみました♬

YPLIzKrEm

↑↑こちら、登録紹介コードで1000円割引になるのでぜひ使ってみてください😊

もっとみる
ありがとうございます☻
5

ひたすら謝罪を送るエストニアのスタートアップ

お客様に何か謝罪をしなければならない場合がある。
 そんなときは、エストニアのスタートアップ Sorry as a Serviceに頼もう!
 彼らが代わりに謝罪をしてくれるのだ。

 現在ロンドンに本社を置くスタートアップ企業、Sorry As A Serviceは2年以上前にローンチして以来、カスタマーサービスに新しい意味を取り入れている。
 このSorry As A Serviceは、Tra

もっとみる

オピニオン・フェスティバル

e-residency は前回登録申請が許可されてから特に音沙汰ありません。気長にカードの到着を待ちたいと思います。語学学習も兼ねてメルマガに紹介された記事で英語のものを読んでいます。今回気になったのはこちら

毎年開催されているデジタルカルチャーに関するイベントのようで、トピックがとても興味深い。

1、教育
2、音楽
3、ビジュアルコミニケーション
4、e-book
5、エストニア語放送の生き

もっとみる
Спасибо! ( スパシーバ) ありがとう
2

イスラエル・台湾・エストニアの危機感とIT産業

サピエンス全史などのベストセラーで知られる歴史学者のユヴァル・ノア・ハラリ氏と、このコロナ禍で一躍世界的に有名になったハッカー兼IT担当大臣のオードリー・タン氏の対談がありました。

ユヴァル・ノア・ハラリ、オードリー・タン対談「民主主義、社会の未来」全和訳
https://community.exawizards.com/aishinbun/%e3%83%a6%e3%83%b4%e3%82%a1

もっとみる
ありがとうございます!
3

エストニア共和国

...青は青空と自由を、黒はかつて失われた独立と祖国への愛を、白は労働と明るい未来を表わすとされる。

...”東にある国”という意味を持つとされる。

ロシア、ラトビアと国境を接し、西部でバルト海に、北部でフィンランド湾に面する。俗に‟バルト三国”と呼ばれる3か国の1画を占める。

国土の多くは平坦で、冷帯気候に属し冬は厳しい寒さをもたらす。

首都はタリン("デンマーク人の城”という意味)。人

もっとみる

〜エストニアナイト〜 2020.08.05

今日も今日とて昼前に起きて、散歩することから始まった。
僕は一日一回、相方は完全なる断食に挑戦しているのでパワーにかけているってことでランニングではなく、ただのウォーキング。
そんな中でも汗かきの僕は2キロ歩いただけでシャツをビショビショにできる代謝良すぎるマン。

散歩しながら今日、そして来月の合宿で何やるかを話し合う。
とりあえず今回は前回の続きをやっと終わらせることができたので、残り数日では

もっとみる

エストニアのワーホリVisa取得までにやったこと全部書く(2020年7月版)

2020年7月末日、こんなご時世ではございますが、エストニアのワーキングホリデービザを無事に取得することができました!エストニアといえば、最近は専らデジタルノマドビザの話題がお盛んですね。個人的にとても注目していて、「これはマジでエストニアの時代くるやつやん!」なんて思ってます。とか言いつつ、残念ながらこの記事で扱うビザは、デジタルノマドビザではなく、冒頭の通りワーホリビザです。こっちも日本では今

もっとみる
ありがサンキュー!!!
2