猫カフェ@エストニア

テレホミクス!HYUURIです♪

最近、友達が猫を飼い始めたそうで

動物好きの私としてはとても羨ましく思っていました。

よく考えると、日本には野良猫がそこらへんに普通にいますが

エストニアには全くいません。

恐らく外が寒いから、温かい所が好きな猫たちはこの国に寄り付かなかったのでしょうw

フィンランドの実家で猫を飼ってる友達も

うちの猫はいつもサウナに居るよと言ってました(笑)

もっとみる
ありがとうございます☻
11

[リガ・タリン]初めてのロマンチックデートPart2

タリン滞在2日目。
彼さんと待ち合わせして、博物館へ行こうと思ったらなんとその日は閉館。彼がGoogle Mapで、少し歩いたところに海洋博物館があるのを見つけてくれたので、そちらへ行くことに。かなり広めの博物館でした。

紙飛行機を作るブースがあって、私がふざけて鶴折ったりしてる横で、彼は超本気モード。真剣に折っては飛ばし、首をかしげてまた折り直す…声をかけても聞いてません。そういう人です。

もっとみる
最後まで読んでくれてありがとう!
2

喫茶店のトラウマ

こんにちは!小谷です!

私は留学中、一人旅をする機会が多かったのですが、

旅先だと私はできるだけ交通機関を使わないで歩いて移動します。

節約のためというのもあるんですが、単純に、めんどくさがりなんです。

駅で迷いながらチケット買ったり、本当に着くのかと不安な気持ちでバスに揺られるのが苦手なので、徒歩なら、間違えたらすぐにひき返せばいいじゃんっていう安易な考え方で生きています。

ただ、方向

もっとみる

海岸で踊ってみた🗾👘

テレホミクス!HYUURIです♪

mid summer time が4日前に終わって、急に暗くなるのが早く感じる今日この頃。

明け方2時まで日が落ちなかったのが、

夜12時になると暗くなるようになりました笑

どうやら本日より雨期に入ったようで

2週間、曇りと雨が日本の梅雨の時期の様に続くそうです。

友達に勧められて、天気の良い日に踊ってみました笑

水着で、わいわい人がたくさん集まって

もっとみる

コロナ第二波関係なし【バーチャル海外旅行】の体験記web掲載

テレホミクス!HYUURIです♪

小僧寿しの株価爆上げって、、

あの会社、私が日本で働いてた会社レベルの株価で潰れかけじゃなかったっけ?!

お持ち帰りやデリバリーが増えたのか。。

まだまだこんなところにも、コロナの影響が出ているのだなと改めて感じた今日この頃。

ちなみに私も、そういった影響があってか

konshumoのChamaさんに取材をしていただきました↑↑

話しながら案内してる

もっとみる
ありがとうございます☻
6

私が旅した国の鉄道(6)世界の国内鉄道も味わい深い(ヨーロッパ編)

ハンドメイド作家のPlava Stabloこと、青木弘之です。

私が今まで旅行した国々の鉄道写真をお披露目するシリーズ第六回は、世界各地で乗車した昼行列車でも、国内のみを走る列車を取り上げようと思います。

※以下は、前回の昼行国際列車の記事です。

1.フィンランド

2009年のGWに旅行した際、ヘルシンキからロヴァニエミまでは夜行列車を利用したのですが、帰りのロヴァニエミからヘルシンキまで

もっとみる
お読み下さり、とても励みになります!
4

〜ルワンダ&エストニア&日本な日〜 2020.06.27

今日のメインイベントはオンラインSTART。
ルワンダ1の現地日本語メディアを作り上げているタケダさん、同じくエストニアのアレックスとのコラボ、スーパー楽しかった!
こういう機会、ありがたい!!!
またコラボした時に色んな話ができるように色んな経験してパワーアップしていきたい。

-----

8時に起こされ朝ご飯。
いやー健康的。
朝から宿のおばちゃんと長話し。

昨夜
『壱岐にイキます』
とF

もっとみる

デジタル・トランスフォーメーションは親鸞ベースで進めたい

某首長さんとの未来ビジョン勉強会にて、今回はデジタルガバメント化が進むエストニア人の専門家からのヒアリング。エストニアといえば、バルト三国の最北に位置する人口130万人の国で、ヨーロッパでも有数の社会のデジタル化が進む国として注目されています。

以下、勉強会でのメモを共有。

エストニアは基本的に2001年からコロナの対策が取れています。デジタル化が進み、今回は行政サービスにあまり影響がなかった

もっとみる
ありがとうございます!励みになります〜!
18

エストニアとMidsummer day

6月23日24日はエストニア人にとっての一大イベント。エストニア語ではJaanipäevと言ってこの2日間は都心部から人がいなくなり、首都の市街地も閑散とした状態になります。

この一年で一番日の長い数日を家族・友人など親しい人と共に自然の真っただ中で満喫するのがエストニアの人たちにはとても重要なのです。

日本では夏至と言ってもそんなに大きな行事としてはあつかっていませんが、ヨーロッパでは夏至は

もっとみる
ありがとうございます!
2
ありがとうございます!
2