インディーポップ

ありがたき幸せ

感謝しております。どうもありがとう。↑の記事をお読み下さい。

もっとみる
どうもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
2

ラジオと乾杯!vo.1(+83)のあとがき

今回、復活しましたYouTube版の「ラジオと乾杯!」についてのあとがきです。#

もっとみる
どうもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

本日もラジオと乾杯!更新してます。

とう言うことで。

4日連続で更新されました。

今回の復活のきっかけとなった「Karuuさん」の特集を4日連続でお届けしました。

流れでここまで来てしまい、まさかの展開ではありますが。

突き進んでいくしかありません。

みなさんの癒しの番組になれるよう頑張っていきたいと思います。

チャンネル登録是非、よろしくお願いします。

もっとみる
どうもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

今夜もラジオと乾杯更新しております。

今回その3は「なんで復活したのか?」と言うことを話しています。

もっとみる
どうもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
1

米コロラド州デンバーの夫婦デュオの新譜は傑作の予感。

Tennisはアライナ・ライリーとパトリック・ライリーからなる夫婦デュオです。70年代のポップミュージックに影響を受けて音色は今時のベッドルームポップやシンセポップな味付けでバランス感覚が素晴らしいユニットです。
彼らの3年ぶりのアルバム「Swimmer」が2月14日リリースされ、先行シングルとして「Runner」そして「Need Your Love」のMVが公開されています。
「Need You
もっとみる

60年代サウンドのリバイバル?

最近海外のインディーを聴いていて面白いなぁと思っているのが、ローファイヒップホップの人たちがボサノヴァや60年代ソフトロックのエッセンスを取り込んでいる事です。

CucoのBossa No Séはタイトルずばりボサノヴァを取り込み、アルバムでは他の曲も60年サイケ感を上手くいかしたサウンドメイキングをしています。今やロサンゼルスのミレニアム世代を代表するcucoが仕掛けることで、ここからさらにこ

もっとみる

ガロウに切り替え

ザ・スターベムズは新しくサポートBa.中野功一(ex-THE CRANE FLY)を迎えて、サポートDr.安倍川"ミンゾク"交えた3ピースでLIVE活動中、先日の初台WALLでのLIVE動画をご覧あれ。

この編成で8月には西日本ミニツアー予定(神戸〜名古屋〜沼津。一個前の記事を参照あれ)、新作Tシャツも持って行くんでお近くのミュージック・ラヴァーはサポートよろしく!

そんでこのページの本懐であ

もっとみる
Thanks a lot!
10

今月のおすすめ新譜 Emily Reo - Only You Can See It

ドリームポップってなんぞや

昨今インターネットに転がっているサイケな映像にあるコメント欄を覗くとよく、

「インフルエンザの時に見る夢」

というのを見かけるが、ほんとにこんなん見た覚えあるの?といっつも疑問になる一方で、

自分「ドリームポップって良いよな~~~。」

って考えているもんなんでこれは明らかな矛盾ではないのかと気づいてしまったので、「 そもそもドリームポップってなんぞや?」とwi

もっとみる

ANTEROS『WHEN WE LAND』のCD解説を担当しました。

出展:Vinyl Junkie Recordings

ロンドンのインディーポップバンド・ANTEROS(アンテロス)のデビューアルバム『WHEN WE LAND』の国内盤CDの解説を担当しました。

ハッピーな時も、落ち込んだ時も思わず聴きたくなる。そんな14曲が揃う今作。華やかなのにずっしりと重たさもある。芯のあるビートに、豪快に踊るような歌声。どこまでもポップで、ロック。幅広い音楽リスナーの

もっとみる