Kent Mizushima

音楽イベント「to’morrow / 明日フェス、洋楽専門ディストロ「to’morrow records」主催 / Spincoasterキュレーターなど。今日を全力で楽しむタイプの人間。

I hate the rainy season

普段はこういうブログは書かないのですが、これからのこともあるので少し書かせてください。 実は6月20日に帰国しました。現在はホテルでの2週間の自粛期間中です。めちゃ…

〈to'morrow music〉 NEW ARTISTS OF THE MONTH (MAY 2020)

僕が運営しているto'morrow recordsではコロナの影響もあり基本的に入荷をストップしている状況です。本来音源を入荷して紹介したい新人アーティストがたくさんいて気持ち…

  • Abi Reimold / Wriggling (Cassette)

    Abi Reimold / Wriggling (Cassette)

    2016年は、Chance the RapperやFrank Oceanなどジャンルを意識させない新しいポップ・ミュージックが圧倒的だった一方で、MitskiやAngel Olsen、Weyes BloodといったUSのIndie Female SSWもあらゆるメディアの年間ベストに顔を出していたのが印象的だった。 コンプレックスや怒りや哀しみなどを唄にし、共感を得ていくタイプの音楽は、ポップ・ミュージックとは別の所で静かに、力強く今でも鳴っていると思う。 先程あげた3名のSSWに、僕がもう一つ付け加えたい作品が、Philadelphiaを拠点に活動するAbi Reimoldの『Wriggling』という作品。 Abi Reimoldは、上記で上げた3人よりもよりグランジ・サウンドになっていて、感情むき出しの唄がとても魅力的。元々はフォークメインのSSWだったので、アコースティック・ギターを持つ楽曲もあるが、彼女にとってはエレキを持とうが、アコギを持とうが対して変わらないのだと思う。なんだかなんとなく青空を見上げたくなるサウンドは、怒りや哀しみ、孤独が想いになって鳴らされているように聴こえる。 5曲目の「Clouded」という楽曲は、僕が大好きなBarcelonaのオルタナ・ティーン、Mournに通じるものがある。 Pitchforkで7.9点、僕の年間ベストにも入れたアルバムを入荷です。 — ◆ Cassette - CDはこちらから https://tomorrow.buyshop.jp/items/7912453 ・日本独占販売 Tracklist: 1.arranged 2.feed 3.bad seed 4.dust 5.clouded 6.stain 7.machine 8.vessel:https://youtu.be/0WtxL3m2HWY 9.sugar 10.trap 11.mask:https://youtu.be/ipkxvlHjkPA 12.won't clot Listening the album:https://abireimold.bandcamp.com/ ◆関連リンク Bandcamp https://abireimold.bandcamp.com/ Facebook https://www.facebook.com/AbiReimold 「Arranged」スタジオライブ映像 https://youtu.be/wwnj9DlU5eU Abi Reimold / Wriggling (A Short Doc) 2016 https://youtu.be/QmhhRLAjXFc Release Date : 26 January 2016 Label:Sad Cactus Records
    1,300円
    to’morrow records
  • Agent Blå / Agent Blue (400 Ltd LP)

    Agent Blå / Agent Blue (400 Ltd LP)

    ゴシックなファッションを身に纏ったスウェーデンのティーン・エイジャー、”Agent Blå”の注目のデビュー作。 プロデューサーにレーベルの先輩でもある同郷のドリーム・ポップバンド、MakthaverskanよりGustav Data迎えられて作られた今作は、ゴス・ロック、ドリーム・ポップ、ポスト・パンク、ニュー・ウェーブなどの幅広いジャンルを取り入れたサウンドの中で、メランコリックなメロディと共に、ヴォーカル・エミリーの哀しげな唄声が身体の奥で響き渡ってくる。それはまるで、ティーン・エイジャー独特の哀しみや悩みを、そしてそこから生まれた希望をそのまま唄に乗せたかのようだ。 Blåを英語にすると”Blue”という意味。その言葉の通り、蒼く、若く、自分たちの影響された音楽も色濃くでた作品なのではないだろうか。 — ◆ LP (400 Ltd)/ カラーインナースリーブ / 歌詞プリント Tracklist: 1. Derogatory Embrace:https://youtu.be/_S4uwdE8HjA 2. Strand:https://youtu.be/T0IWtUfdlgw 3. (Don't) Talk to Strangers:https://youtu.be/0_KA8nApzpU 4. Red White Rose 5. Rote Learning:https://youtu.be/RmYxVjJAXNo 6. Lucid 7. Frustrerad:https://youtu.be/RDT7YIK4zI4 8. Dream Boy Dream 9. 21:38 10. Faust Listning Album:https://agentbla.bandcamp.com/ ◆関連リンク Facebook https://www.facebook.com/agentbla/ Release Date : 9 June 2017 Label : Kanine Records
    2,300円
    to’morrow records
  • Agent Blå /  Morning Thoughts(100 Ltd  LP)

    Agent Blå / Morning Thoughts(100 Ltd LP)

    Makthaverskan、Westkustと同郷であるスウェーデンはイェテボリを拠点に活動中のAgent Blåが2ndアルバム『Morning Thoughts』をリリース! 同郷の先輩でもあるGustav Dataをプロデューサーに迎え、イエテボリっぽいポストパンク / ドリーム・ポップに自身のファッションスタイルでもあるゴス・スタイルの音楽を混ぜ込んだ傑作でデビューしたAgent Blå。デビューALの頃はティーン・エイジャーだったフロントウーマンのエミリーも恐らく20代になりましたが、彼女の持つ若い故の哀しさやエモーショナルを吐き出した魅力的な唄声は健在。 前作と比べても、イエテボリ+ゴスという点においては変わったわけではないが、彼女たちの持つダークな部分はよりディープになっていたり、ヴォーカルのメロディーが壮大でCureとかにも通じるような「Child's Play」やインディ・ポップな「Something Borrowed」のような曲など曲単位としても力強さもあります! Makthaverskan、Westkust、Agent Blåとまとめて来日するくらいにイエテボリのシーンが人気出てほしいですね! — ◆ LP(100 Ltd Royal Blue Vinyl)/ DLコード / Lyrics Sheet Poster Tracklist: 1.Intro 2.Lust 3.Colors of the Dark 4.Child's Play:https://youtu.be/PIO9TP2dCqg 5.Something Borrowed:https://youtu.be/SSW72tRVuuI 6.Boys 7.Cambion 8.You'll Get It When You're Older 9.Defenestration Listening the album:https://agentbla.bandcamp.com/album/morning-thoughts ◆関連リンク Facebook https://www.facebook.com/agentbla/ Release Date : 10 May 2019 Label : Luxury Records
    2,800円
    to’morrow records
  • Alex Van Pelt / Tum Tum(LP)

    Alex Van Pelt / Tum Tum(LP)

    フランスはリヨンを拠点に活動中のベッドルーム・アーティスト、Alex Van Peltが2019年3月にリリースした新作『Tum Tum』を入荷しました。 Alex Van Peltはヘロヘロとした予測不能なシンセサイザーを武器にリスナーをサイケデリックな異空間へと連れ去ってしまう。その彼のサウンドが鳴っている場所はまるでおとぎの国かのように愉快で色鮮やか。 そんなおもちゃ箱から出てきたかのような愉快さと同時に、Mac DeMarcoやTEMPOREXのようなカリフォルニアの景色が似合うなチルいサウンドも感じることができるベッドルーム・ポップです。 アルバムを聴いたら感じ取れると思いますが、彼はシティポップを中心とした日本の文化に影響を受けているそうで、僕が日本人であることを伝えると、テンション高く細野晴臣、坂本龍一、久石譲、坂本慎太郎などの名を挙げ、日本の音楽が大好きだということを教えてくれました。 その中でも特に坂本龍一の音楽と北野武の映画には人生単位で影響を受けているそうで、自分の核を構築している日本の文化に直接触れ、日本で演奏することが彼の大きな夢だそうです。 「そんな夢の場所にアルバムを届けられるのが嬉しいよ!」と言ってくれました。 僕もそういうアーティストのためにto'morrow recordsを始めたので、嬉しい限り。 チェックしてみてくださいね。 フランスのAlex Van Pelt、好きな人たくさんいるはず! — ◆ LP ・日本独占販売 Tracklist: 1.Tum Tum 2.Computer Screens 3.Interactions:https://youtu.be/jxhJuj4CX9k 4.Floating Together 5.No Signal:https://youtu.be/EBOsm4Eir50 6.Sun Rays 7.Faustus 8.Endless Rain Listening the album:https://open.spotify.com/album/33f63S7TTon1EsVZkT6QWb?si=3daEEK1zSdiM_t2uqoxFjw ◆関連リンク Facebook https://www.facebook.com/vanpeltmusic/ Release Date : March 1 2019 Label:Kidderminster Records
    1,900円
    to’morrow records
  • Alice b / Kanske(200 Ltd LP)

    Alice b / Kanske(200 Ltd LP)

    スウェーデンはイェテボリのインディーバンド、School ’94のフロントウーマンとしても活動中のAlice bが2019年3月にリリースしたソロでの最新作『Kanske』を入荷。 北欧インディーシーンの中心と言っても過言ではないイェテボリで活動中のAlice bの最新作は、前作『Så Unga』と同様にスウェディッシュなインディ・ポップ〜ソロSSWらしいメランコリックでグッと来る楽曲まで収録されているが、今作はよりオルタナティブな弾き語りソングが目立つ作品となっている。 目立つというか、基本的に2曲目の「Allting går över」以外は基本的にスローテンポな楽曲が収録されているのだけれども、例えば3曲目に収録されている「Händerna för ögonen」やその次の「Måste få allt」などオルタナティブなエレキギターを使った弾き語りソングは前作よりもクオリティーが上がっているのではないだろうか。 School ’94はでは表現出来ない彼女の唄の良さをしっとりと聞かせることを一番に表現した素晴らしい作品だし、ジャケット含めてレコードで持っておきたい一枚かと!! — ◆ LP(200 Ltd Vinyl)/ Vinyl Only Bonus Track Tracklist: 1.Nätter utan dagar 2.Allting går över:https://youtu.be/Kv3ZmUxEGak 3.Händerna för ögonen 4.Måste få allt 5.Andra 6.Lily 7.Livet framför oss 8.Viner 9.Blick 10.I met her in a bar Listening the album:https://luxuryrecords.bandcamp.com/album/kanske Release Date : 15 March 2019 Label : Luxury Records
    2,400円
    to’morrow records

幻のSXSW 2020のオススメアーティスト25選。

テキサス州はオースティンで毎年3月に開催されているフェスティバルSXSW(サウス・バイ・サウス・ウェスト)。日本では「世界最大の見本市」などと呼ばれているフェスで、…

日本のライブハウスシーンで良かったバンドまとめ

2019.12.17〜2020.1.13まで日本に帰った。こんなに長く帰国していたのはアメリカに来てから初めてだったし、今までの2週間前後の帰国では友人との約束でスケジュールが埋ま…

〈to’morrow music〉 The Best 50 Albums of 2019

毎年恒例ですが、今年も超ーーーーー個人的な年間ベストアルバムを50枚選びました。 こ、今年は年内のうちに無事間に合いました.....ね....! 2019年の音楽的な話でいう…

〈to’morrow music〉 The Best 20 EPs of 2019

い、一年が早えええ、、、 今年ももうこんな季節です。 2010年代ももう終わってしまいます。 僕は人生で一番楽しかったであろうデケイドの終わりに寂しさを感じますが、次…