【きっかけ3】私がマレーシアに惹かれた理由

学校に無事到着した息子達。
ドライバーさんが、写真を送ってくれた。

笑顔でお友達と肩を並べる姿にホッとした。

さぁ、次は下の子。
まだ幼稚園クラスの小さな子供達の為にも、エージェントがナーサリーの体験プランを作ってくれていた。

ナーサリーの子達もお迎えの車が来る。
子供達の年齢は、1歳〜5歳。

チャイルドシートがある訳でもなく、こんな小さな子供達を、1台の乗用車にどうやって乗せるのだろ

もっとみる

わが子をインターナショナルスクールに入れるための準備とは 田中環菜

こんにちは。

埼玉・所沢で
「異文化コミュニケーションスペース
ユニキッズ」を主催している
田中環奈です。

2020年2月です。
猫好きの私は今年の2月22日(猫の日)の22時22分22秒が楽しみです!!
愛猫とまったり過ごしたいと思っています。
(この記事は2月の初旬に書きました。)

2月は春節、長男の誕生日(節分の日)、バレンタインもあり家族、友人、生徒たちと心温まる時を過ごせる大好きな

もっとみる

ISAKと日本の高校生の決定的な違い

今日はISAKの生徒と日本の普通の高校に通う生徒の違いについて書いて行きたいと思います。

Top of Top な学生たち

まず、私が主催する雪山インターナショナルキャンプに来るISAKの生徒は基本的に各国の熾烈なUWC選抜試験を勝ち残って日本に派遣されている生徒ばかりですので、基本的な能力は物凄く高いです。希望する進学先を聞いて見てもアイビーリーグの大学名がぽんぽん出てきます。

しかし日本

もっとみる

「ADHDだから出来ない」は許されないインナーナショナルスクール

マレーシアで3人の子を育てている美帆です。

「障害名をアクセサリのように使うな」
そんな衝撃的な言葉から始まるツイッターを見かけました。

「ADHDだから頑張っても出来ないことがあるんです」

「ADHDだから仕方ないんです」

そんな言い訳をするな、と。

まさしく、日本にいた頃の長男です。

長男は18歳。マレーシアにあるブリティッシュ系のインターナショナルスクールに通っています。

もっとみる
よろしければシェアもお願いします♡
11

祝! International School 合格

環優舎のオンライン・リーディング教室の1期生が高校まである老舗International Schoolに合格しました。

環優舎のリーディング教室はこのブログを読まれたAちゃんのお母様からの「どうやったら子供が英語を読めるようになるかアドバイスが欲しい」というお問合せから始まりました。環優舎で対面式でうまく行っているレッスンがオンラインでもうまく行くかどうかはわかりませんでしたが、Aちゃんのお住ま

もっとみる

2020年2月21日ペナン 近況

今日はお子さんお二人がいるファミリーを、学校視察にお連れしました。ここ数週間は暗いニュースで気持ちが塞ぎがちでしたが、むちむちのベビーちゃんとちびっこの笑顔に癒されてきました〜☺️

学校視察などお問合せを多数頂いていますが、今のところは普段通りに視察が行えています。ただし諸条件がありますので、下記をご確認いただくか弊社サイトよりお問合せ下さい。

■マレーシアのCovid-19状況

2月21日

もっとみる
ありがとうございます♡
4

いよいよ新学年!

来週カーニバル明けにいよいよ学校が始まります。

10月途中からかれこれ5か月の、長ーーーい秋休み・冬休みそしてタイムスリップしたような夏休みを経て、三姉妹はスペイン語と英語の海へと突き落されます。

アルゼンチン、なかなか書類と証明に厳しく、必要書類をそろえる手続きが面倒だった上、長女はもう中学生なので入れてくれる現地校があるかと冷や冷やしました。

アルゼンチンの文化と言葉を学んで地元の友達を

もっとみる
本当に本当にありがとうございます。
6
ありがとうございます。感謝

アメリカのSAPIX? Johns Hopkins CTY

インターナショナルスクールに通うお子さんがJohns Hopkins University, Center for Talented Youth (CTY)の Advanced CTY Levelに合格し、Award of High Honorsも同時受賞しました。 環優舎で受験準備の指導をしたので合格は出来ると確信していたけれど、Awardを取れるとは思っていなかったので嬉しいです! これで環優

もっとみる

インターナショナルスクール受験のすべて(後編)

いざ、インターナショナルスクールを受験

前編では、インターナショナルスクールとは、という点に重点を置き書いてきたが、後編ではいよいよインターナショナルスクール受験に関して書いていきたい。

最初に私たちの話をさせてもらうと、そもそも受験しようと考えた学校が全部で8校あり、実際に受験したのはそのうち3校、そして結果は2校合格、1校途中辞退、となった。

そこに至るまでの経緯や経験した受験プロセスな

もっとみる