財政健全か?

財政をチラ見すれば
さらに悪化していくのは目に見えている

お金が足りなくなる
どうにかしなければいけない
どうする?

増税するのもあるが
もっと違うやり方をする

日本だけではなく
世界中で流行しているやり方

ありもしないお金を造り
あたかも調達しましたという感じにする
とにかく市場にお金を流す

考えがあります、話長くなりますので割愛しますが。という体で

不思議な錬金術で
ポケットの中の

もっとみる

女性が活躍できる企業を創る3つのポイント

女性の活用するためのヒントとは

男女雇用機会均等法が制定されてから、30年が経過をしようとしています。アベノミクスの3本の矢の1つである、女性の活躍社会になるにはどれだけ時間がかかるのでしょうか。

時代錯誤が甚だしい霞が関の役人に任せておくと、とんでもない事になりそうです。

時代の流れに合わせていくというスタイルから、霞が関の官僚を守るために財務省がやっているお芝居についても炎上するのは間違

もっとみる
ありざっした〜!
13

【景気指標】7/31 FxAceのトレード日誌

FxAce(Twitter: @Zoukers)です。

いつもご購読いただきありがとうございます。

今回は

景気指標の読み方

です。

◾️西村大臣は雇用関連指標を持ち出して「景気後退」の事実をうち消そうとしている

昨日、西村経済再生相は首をかしげたくなるツイートをしていました。

このツイートだけでは少し分かりにくいと思いますので補足を。

ツイートは日経新聞の報道を受けたものですので

もっとみる

コロナ経済~山崎元ブログから

楽天証券の山崎元さんの家は4人家族。先日、政府から40万円の給付金が入った。

「中間層の没落」をコロナが加速する理由、失業と増税による破壊が待つ
山崎 元:経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員

経済・政治 山崎元のマルチスコープ2020.7.29 より抜粋

「1人10万円」筆者はコロナ禍が「中間層の没落」を加速するだろうということに思い至った。その理由の解説から

「例の、1人10万円、

もっとみる
ありがとうございます。
30

ゴールデンエイジ世代の才能開花するための3つのポイント

企業の本音としては25歳から28歳の女性に注目

多くの企業が注目を集めている人材というのが、25歳から28歳の女性については喉から手が出るほどほしい人材。

社会人として3〜5年経験をしているため、社会人としての基礎体力があること、実務経験もあるのでそれなりの戦力として期待できるところがある。
その先にはライフイベントが待っていることになる。

日本女性の平均初婚年齢が28.8歳ですから、大都市

もっとみる
やったじゃ〜ん!
6

アベノミクスの副作用

投資のいろは塾です。

アベノミクスはあたかも日本全体がインフレになるように吹聴していたが、実際は全くそんな事は無かった。実際、消費者物価は上がっていない。

変動の激しい食料品とエネルギーを外した消費者物価上昇率は事実としてほぼ上がらず、2%を達成したのは2014年のみ。大してインフレにもなっていないのに、消費増税をしたので消費が落ち込んでまたインフレ率低下。これだとインフレになったとは言えない

もっとみる
あなたに良いことがありますように
1

トリクルダウンと「関心の輪」「影響の輪」

投資というと、真っ先に思い浮かぶのは
何だろうか?
やはり株式?
それとも債権?
あるいはゴールド?
ひょっとして土地?

私自身は、20年来投資信託ほぼ一択。
当時、自分なりに漁って読んだ本からの
学びで、

株式トレーディングに時間をかけるのは勿体ないし、リスクも高い
時間を味方に付けるべきで、10年単位で考えたらインデックス投資が堅い

ということで、インデックスと呼ばれる
日経平均連動型の

もっとみる
Thank you so much!!
4

『政府「景気後退」を認定する方向へ…流石に、アベノミクスもコロナには勝てないって。』
マジにコロナ患者減らすことばかりに集中してると、
生活苦による死人が出るぞ? #コロナ不況 #コロナ禍 #アベノミクス  #アメブロを見てhttps://ameblo.jp/sadohimajin/entry-12612822611.html

スキ頂き、ありがとうございました。
1

「○○作戦」と名付けてみよう作戦

コロナ禍。

何が正解なのか、どう行動すれば良いのか、新型コロナが一体何なのかすらいまいちわからないこのコロナ禍で、唯一わかったことがある。

それっぽい名前をつけるだけで、何かやってる感が出る。

「東京アラート」「大阪モデル」「GO TO」「三密」、等々。

思い返せば、「アベノミクス」もそうだった。

具体的に何をやってるのか、本当にそれは正しい作戦なのか、というのはよくわからなくとも、とり

もっとみる
島崎和歌子さんの新曲が待ち遠しいですよね。
3