アジャイル組織

徒然:アジャイルになるってどういうこと?〜チェンジマネジメントを味方につけよう

なんやかんやでアジャイルに関わって、15年ほどになります。ここに来てグッと、アジャイルが再燃してきたようです。ただ悲しいことに、アジャイルもどきが多く本当のその良さを感じられないで諦められているようで、とても残念です。そこで。。。

そもそもアジャイルをソフトウェア開発の方法論と認識されてる方が多いようですが、アジャイルは【価値基準】でしかないです。それを実現する方法やプラクティスはとてもたくさん

もっとみる

やりたいことをすぐ実行する。

「ホームページを活用したデジタル営業をはじめたい。でも何をしたらいいか分からない」というお悩みをお持ちの方も少なくないと思います。

やりたいと思ったこと、すぐに実行できていますか?

「我々の業種ではオンラインは向かない」「ITに詳しい人が社内にいない」など、やらない理由が聞こえてきそうです。

何かをはじめようとすると不安になります。経験や知識不足を理由にします。

これは当然のことで、私も出

もっとみる

アジャイル、リーン・スタートアップ、そしてティール

こんにちは。
ティールバンクの桃井です。

「ティールバンクの社名はどういう意味なんですか?」ってよく聞かれます。
「ティールバンクのティールは、ティール組織から来ています。」と答えるのですが、「ティールってなに?どういうこと??」と、あんまりピンと来てない反応をいただくことも多いので、なるべくわかりやすく説明したいと思います。(そのうちコーポレートサイトとかにのっけたい。)

こんな人向け
・テ

もっとみる
嬉しいです!スキありがとうございます!
23

DXを進めるとき、一緒に考えるべき隠れたテーマとは?

こんにちは!KeepAlive株式会社のふみのです。

今日も昨今トレンドとして毎日何かしらで見かける「DX」を背景に、DXを進める際一緒に考えるべき隠れたテーマについて、少しシェアしたいと思います。

隠れたテーマとは、我ながらちょっと仰々しいなと感じつつ、でもとても大事な観点だと思うので、ぜひお読みいただければ嬉しいです!

隠れたテーマを語るうえでキーワードとなるが、「機能配置」です。

もっとみる

「アジャイル」は「ウォーターフォールモデル」と一体何が違うのか

アジャイル開発によってソフトウェア開発プロジェクトの成功確率が向上しました。

しかしその本質を理解しないまま見かけだけのアジャイル開発を始めてしまうとプロジェクトの失敗確率はかえって上がってしまいます。

そうした誤解の多いアジャイル開発について、その本質に迫りながら、具体的な手法の参考を示し、皆さんのアジャイル開発を成功に導く助けになればと思います。

効果的なアジャイル開発によって皆さんのソ
もっとみる

ウイングアーク1stのエンジニアたちが語るアジャイルな組織づくりについて

今回は、「noteでエンジニアの話もぜひ聞きたい!」という声を多くいただきましたので、溢れんばかりの熱い気持ちとともに日々業務に取り組む、弊社のエンジニアたちにフューチャー!3月のある夜、オンラインで開催された「アジャイルな組織づくりについて語りつくす夜」で繰り広げられたトークから一部を抜粋してご紹介していきます!

アジャイル??!アジャイルってそもそもなに?という方も多いと思いますので、ちょ

もっとみる
ありがとうございます。また読んでくださいね。
22

ティール組織を目指す会社が自己紹介の代わりに本を紹介する②

こんばんは。ティールバンクの桃井です。
①を書いてから、すっかり間が空いてしまいましたが②を書きます。
「ティールバンクの中の人達はどういう価値観で働いているのか」、「どういう会社になりたいのか」が伝われば。
逆に、下に上げた本っぽくない働きをしていたらご指摘ください。

開発編

みんな大好きリーンスタートアップ。
開発の本ではないけど、スタートアップに携わる人、新規事業に携わる人は一度は読んで

もっとみる
嬉しいです!スキありがとうございます!
22

あなたの依頼はなぜ失敗するのか?

仕事の依頼を上手く実施する方法について考えてみます。

チーム協働型の仕事では、メンバー間での情報のリレーで成り立っていると考えています。情報のリレーは、何かを成すために必要な情報を必要なところに集めるためにあると思われます。

情報のリレーがうまくいっているチームでは、仕事が進み、そうでないチームでは進みません。

進む進まないを大きく左右するのがコミュニケーションであり、その最小単位が依頼であ

もっとみる

【感想】ここはウォーターフォール市、アジャイル町

当時のまったく使えないオーストラリア人上司がひたすらアジャイル、アジャイルと言ってはや5年くらい経過(上司は何人も変わって今は南米人)、あいからずちっともアジャイルしてない組織なんだけど、今年はどうやら本気らしい。去年からアジャイル関係のトレーニングを社内で色々始まって、普及啓蒙活動は本格化して管理職の自分も”アジャイルなんてSW開発者向けの仕組みだろ、俺らサーバーエンジニア軍団には関係ないべ。”

もっとみる
スキありがとうございます!
2

ありがたいアジャイル的な協力体制なり🍄

DXプロジェクトの進捗状況を見渡す。

(Hoshiiiiさん、来月話したいすー🙆)

社内外合わせて、

各領域の担当の方々に

サポートいただいとるので

ディレクションにきをつけながら。

退職者がいらっしゃるので、

1つでもスケジュール間違うと

ややこしいことになるわに🐊

今週来週は、

2つ絶対にやり遂げたいな。

ほんと、アジャイル的な柔軟な対応に

こたえて頂いてるみなさん

もっとみる