次回配給作品、こちらです。

日曜以外の久しぶりの投稿。本日、10月公開予定の次回配給作品の告知を出しました。これまでの5作品は同業他社の配給会社さんと共同で配給してきましたが、6本目にして初めて単独で配給することにしました。

今回はアイスランド発の『〈主婦〉の学校』というドキュメンタリー映画を配給します。1942年創立で今も続いている男女共学の家政学校<The School of Housewives = 主婦の学校>の日

もっとみる
ありがとうございます❤️
3

【英語で学ぶ現代社会】を無料ニュースレター@Revueで購読しませんか?

旬の話題の英語記事を解説付きでお届けします。

note頁読者の皆様、

いつも記事を読んでくださり、ありがとうございます。複数のブログを運営しているため、記事の更新が遅れ気味です。よろしければ、この機会にニュースレターを購読しませんか?

@revue 昨日から使い始めたTwitterの ニュースレター配信サービス、なかなか使い勝手がいいな、と思います。まだ、試行錯誤中ですが、テーマに関心のある

もっとみる
嬉しいです!励みになります❣
2

#148 大迫力のアイスランド火山噴火、間近の火山観光は安全?

https://soshiteotoko.com/?p=797

僕のノートがあなたのノートになることを願っています😉
3

世界遺産通信〜第26回 ヴァトナヨークトル国立公園〜

こんばんは。ひらのです。

アイスランドの世界遺産。
ふと昔のことを思い出して、アイスランドへ1ヶ月くらい旅行しに行ってる友達がいたなあと。

アイスランドについては、そんなに詳しくないですが「アイスランドの温泉へ行ってみたい!」という思いは以前からありました。

いつか落ち着いてアイスランドの温泉へ行く時のために、温泉以外のスポットも調べてみました。

今回は、そんなアイスランドの世界遺産につい

もっとみる
スキって嬉しい!わたしも好きです。
38

写真:竹沢うるま 文・谷川俊太郎 『BOUNDARY/境界』

☆mediopos-2364  2021.5.7

皮肉なものである
(逆説的な意味では象徴なのかもしれないが)
この素晴らしい写真集『境界』が刊行され
写真展が開催されるときに
コロナ禍で「境界」が作られている

東京で開かれてる写真展は
2021年4月20日~4月28日までの開催で
4月29日から5月11日までは臨時休館となった
大阪は6月に開催予定だけれど・・・

「鳥にとっては国境もなく、

もっとみる

アイスランド🇮🇸のラム肉

ひつじは共喰いになりますがラム肉が大好きです。
ラム肉と言えばニュージーランド産、オーストラリア産をよく見かけますが、UK、フランスなど欧州各国でも羊は飼われています。
その中でオススメなのはアイスランドのラム肉です。
とにかく「くせがなく」「柔らかい」のが特長です。ラムとは生後12ヶ月未満の羊ですが、アイスランドのラム肉は生後4~5ヶ月で出荷されています。
ただ日本に輸入されている羊肉のうち、ア

もっとみる

5/6 21:20ライブ配信【特別ゲスト】写真家:小川周佑さん 「アイスランド取材体験インタビュー現世とあの世の境界線が曖昧になるとき」

5/6 21:20ライブ配信
【特別ゲスト】写真家:小川周佑さん 
「アイスランド取材体験インタビュー
現世とあの世の境界線が曖昧になるとき」

Twitterに当日リンク先をシェアします。
https://twitter.com/spchonslf
アプリをダウンロードの上登録していただくと、コメント欄からご参加いただけす。
https://twitter.com/radiotalk_info

もっとみる

未知の世界でオーロラが見たい! アイスランド旅 その1

ワーホリでカナダに滞在していた2019年2月、
折角カナダにいるし、オーロラ見ないと!と気付きました。
ただ天気次第で見れないこともあるらしく、雨女の私にとってはかなりリスキーな旅行。
しかもカナダ国内のイエローナイフはオーロラ鑑賞以外のアクティビティが少ない&高い…
(でもオーロラレベルはものすごいみたいです。ぜひ調べてみてね)

何かないかなーと調べてみると、北欧のアイスランドでも見れるかも?

もっとみる

#宿命の守護烙印 第Ⅹ章第99節



また一日空いてしまいましたが、この物語も終盤の第99節目までやってきました。

次回で物語は完結となり、ひとまず終わりとさせていただく事になるかと思います。

鍋の中にあったオートミールのお粥はアイルランド発祥とも言われていて、アイルランドの人が朝食によく食べるものらしいです。

お粥はアイルランド伝承の神話時代の神であるダグザの好物でもあり、著者が初めてアイルランド伝承の物語を読んだ際はオー

もっとみる
いつもありがとうございます!
29

アイスランドでひとり占め

悩める夜小さい頃から「死後の世界の仕組み」とか「生き物が生きる理由」とか、哲学的なことを考え出して眠れなくなることがある。

先週、久しぶりにそんな夜がやってきたので、いっそのことトコトン考えてみることにした。

今日も仕事を頑張ったのだろう、バンザイの姿勢のまま熟睡している恋人を横目に、脳みそをぐるぐる回す。

古いことは忘れてしまう質なので、掘り起こせるのは数年来のイベントくらいだが、人生のキ

もっとみる
スキ!していただいて、とても嬉しいな。今晩はご馳走だ!
6