手帳は来年もほぼ日で
+2

手帳は来年もほぼ日で

9月に入るとほぼ日の注文ができる。まだ、早い気もする。今年はどうしようかなと眺めている。 過去の手帳を見てみると、来年で10冊目になる。 これは今年のほぼ日。この表紙のおかげで今年はキャンプライフの年になった。毎日使うものだ。その影響は大きいのだ。 以前、ほぼ日は日本で一番売れている手帳と聞いたことがある。カバーは多種多様で、中身は幾つか英語版とか、カズンとかあるが、統一されていることもその理由の一つだ。 手帳として毎日の予定はマンスリーにメモに。1日1ページが割り振

スキ
2
虚

私のような悩める子供ではない羊みたいな女性がいたとするなら中村うさぎさんの「変?」を勧めます。 宮台真司さんとの対談で宮台さんが「虚しくていいじゃない。ハッと我に返れば、虚しくないモノなんて、この世にないんだから。」 ってゆうの言葉がとても印象的でした。苫米地英人、団鬼六さんとの対談も面白かったです。世の中、変だらけ。 あと中村うさぎさんが「アロマキャンドルとかさ、もう蠟燭なんかじゃ癒されないよ」ってのは電車の中で読んでて吹き出した。そしてその後に今夜はリラックス効果の

noteな日々を走り続けた365日。
+2

noteな日々を走り続けた365日。

わたしがnoteの駅に降り立ったのは 限りなく6月1日にちかい5月31日でした。 はじめから、腰が引けていたかな。 クリエイターってなんだろうって。 実はその呼ばれ方に、すこしものおじ していて。 もういっぱしの一線の人が、書く場所だと 思っていたから、しり込みずるずるして いたのです。 そしてやってきたはいいけど。 何を書けばいいのかわからなくて。 さ迷いました。 そもそもSNSに触れたことのないわたしが なにか書きたいことってあるんだろうかって。

スキ
206
0913
+1

0913

一般常識は、それほど一般ではない。 本当だね。 何を当たり前と思っているか、それは人それぞれ違うことだよね。押し付けるのではなく、 そう言った考えもあるのか〜と、視野の交換会、みたいにできたらいいのにね! みんなもっとハッピーーーーに 生きていこうぜ!⭐︎ と夢みたいなことを思ってしまう月曜日です。 今帰りの電車の中なんだけれど、 みんな、今日も一日お疲れ様〜〜〜〜! ゆっくり休んで、明日も頑張ろうね〜〜〜〜! という気持ちでいっぱいです。

スキ
2
0908

0908

この美しい断面。 見ているだけで幸せーーーーーー! 浴びるほどラーメンを食べれる 体に一度なりたい。笑

スキ
1
0907
+1

0907

最近のルーティン。 富士そば。

スキ
1
あの人にはなれないけど

あの人にはなれないけど

毎日書くことにしたのですが、私にはいいお手本がいます。糸井重里さんです。言わずと知れた超有名なコピーライターであり、ほぼ日の社長さんです。「ほぼ日手帳」で知ってる人も多いですかね。一応漢字とか間違いがあっちゃいかんと思ってググったんですけど、私、読み方ずっと「ほぼひ」かと思っていて、恥かくとこでした。あぶね。てか糸井さん今年で73歳なのかよ。新しくほぼ日の学校とか始めてるし、元気すぎるだろ。エネルギーに年齢は関係ないのかなとつくづく思います。こんな感じで生涯現役でいたい。

スキ
3
ひみこの音の日記20210912:来年の手帳のハナシ

ひみこの音の日記20210912:来年の手帳のハナシ

文具・手帳好きんは楽しい季節がやってきましたよ・・・♪

スキ
2
ほぼ日の學校に通いはじめました

ほぼ日の學校に通いはじめました

はい。そうなんです。 昨日からほぼ日の學校に通いはじめました。 有料の壁により少し悩んではいましたが、 「学びたい」という気持ちと「なんか面白そう!」 という気持ちが勝り、入学するとの決断にいたりました。 ところで皆さんはほぼ日の學校をご存じですか? ご存じでないという方にはこの機会に知っていただけたらと思うのですが 簡単に説明すると、いろんな人の経験、思索、感動、知恵をスマートフォン上で学べるツールです。 えっ、そんな短くまとめられても何もわからないよ!誰に

スキ
13
糸井さん

糸井さん

毎日楽しみにしているほぼ日の今日のダーリン。 バックナンバーやアーカイブが残らないから、見逃せない。 時には戦争など重いテーマについて綴られても、こちらをどんよりしずめる事がない。ただでさえのコロナ禍、糸井さんの軽快な語り口は心を軽くしてくれている。 何年も毎日綴り続けられている今日のダーリン。 何ごともだけど継続するには、行いも言動も自分の本質からかけ離れないことが大切だなぁと、自分のしてきたことと照らし合わせて思うこの頃。 良い意味でいろいろと意識しつつではあるけ

スキ
2