たまり場

無駄を選択するという至福。

そこには、薪を集める人がいます。
 火を起こす人がいて、水を汲みにいく人がいる。

 ガスコンロがある時代にどうしてこんなに手間暇かけているのだろうか。 ふとそんなことを考えていた。

ただ、皆の自然体な良い顔をこっそり眺めていると、その答えは私には必要がないなと思いました。

東京で日々を過ごしていると、どうしても理由を考えてしまいたくなる。
どうしても先を急いでしまいたくなる。

ただ、私が

もっとみる
あなたにとって素敵な1日になりますように。
5

第三十八話 退学から引っ越し

私は高校一年生の冬に学校を辞めた。自分の意志ではなかったが後悔はなかった。学校を辞めたのを機に私は一人暮らしをしてみたいと感じていた。しかし祖母は心配だったのか首を縦には振らなかった。16歳では部屋を借りることは難しかったが、契約に必要な金、その後の家賃、生活費、等は大丈夫だろうと考えていた。私は最終手段で、父親の弟(私の叔父)の家に出向き頭を下げて、「金銭面での迷惑は絶対にかけないので契約をして

もっとみる
スキありがとうございます‼️
11

女子高生はZenly(ゼンリー)に何を求めているのか(2/2)

前回のつづきはコチラから

(と言ってもかなり前の記事です。じわじわと読んで頂いていてすごくびっくりしています。本当にありがとうございます。)

前回は、Zenly(ゼンリー)というアプリを使う女子高生は、疑似家族を求めているのではないか、ということについて書いた。

このアプリは、友達同士でインストールしておくと、それぞれの現在地がGPSによって把握でき、友達の居場所をいつでも確認することができ

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
1

子どもたちの「居場所」づくり

都内にあるボクシングジムへ。引退後にジムを設立、一方で全国を回って恵まれない子どもたちに会いに行きました。ボクシングを通して子どもたちに「安らぎ」を提供する。資料には子どもたちの笑顔がいっぱい。感動的な写真が並んでいました。

少子化が進む日本。ですが相対的貧困率は上昇しています。6人に1人の子どもが貧困。貧しい家庭で育った経験は、「意欲」を削がれるといいます。「あれほしい、これほしい」と訴えてい

もっとみる
ありがとうございます!もしよろしければシェアもお願いします!
53

エンタメ部立ち上げ!

皆さんこんにちはこんばんは

さて、年始のご挨拶でも書かせていただきましたが、『なんとかなる』運動の一環として、オンラインコミュニティ『Project Cubic』エンタメ部を立ち上げました!!

緊急事態宣言の最中、なかなか対面で表現者の皆さんと繋がることもできない、そして、この場所『キュービックFood×Drink×Gallery』をより盛り上げたい、そんな気持ちで立ち上げさせて頂きました。

もっとみる
ありがとうございます
1

いつでも遊びに来てください。

 仕事から帰ると、大抵ウチはたまり場になっていた。広くないアパートなのにだ。
 息子が小学生から中学まで、大抵近所の友達が来て、ゲームなどをして盛り上がっている。
 小学生の頃の夏休みは酷かった。私が留守にしているのを良いことに、うちの冷蔵庫を勝手に開けて物色し、飲み物や食べ物を勝手に飲み食いするという習慣が彼らに身についてしまった。
 私は、
「おいこら! 人んちの冷蔵庫、開ける時は許可を得よ!

もっとみる
ありがとうございます❤️
95
ありがとうございます!あなたへのオススメスポットは「旧南部氏別邸庭園」
1

「今日のととと」2020年11月22日(日)

「今日のたまり場」
今日は先日取材してくれた地元の高校生が友達と泊りに来てくれました。
行動の速さ、すばらしいですね。
これを機会に「宿を楽しむ」ということが彼女たちの人生の一部になってくれたらいいな、と思います。

また、日曜常連のショウくんも遊びに来てくれました。
こうして通ってくれる常連さんの存在もとてもありがたい。
気軽にとととに立ち寄ってくれる方をもっと増やしていきたいです。

ショウく

もっとみる
ありがとうございます!あなたへのオススメスポットは「南昌荘」

いつだれキッチンの開所にあたり | いつだれkitchen物語 #08

福島県いわき市で、もらった食材を活用して、お代はいくらでもOKの投げ銭制でお送りしているいつだれkitchen(以下、いつだれ)note 第8話。
前回は、2019年4月のオープンから9月ぐらいまでの話。
今回は、いつだれキッチンの代表で、障がいの通所事業所”てらす”と介護の通所事業所の”さろん”も運営しているNPO布紗の中崎が、2019年6月に記した「いつだれキッチンの開所にあたり」という文章を

もっとみる
ヤッター!
11

ラブライバー

沼津ではラブライブで街おこしした為、今でもそれ関係のグッズ売り場とか、お店でラブライブ関係の物を置いている所がある。

そこで、どうかと思ったのが、ラブライバー向けにがらんとした空間を時間制で貸すというもの。椅子、机、ゴミ箱、ドリンク位は用意するとして。

ラブライバーとは時々話すのだが、遠方から来る人達もいるみたいなので、持ち込み自由でゆっくり自由に使える場所、たまり場を提供したらいいと思った。

もっとみる
ブラボー!ありがとうございます!
1