しびれ

しびれの話

みなさん「しびれ」って何か説明できますか?

今日オンラインセミナーを聞いてて、しびれの話が面白かったので少しまとめてみたいと思います。

しびれは麻痺の一種である。何らかの原因で血管内の血流が滞ると、中枢神経・末梢神経に障害が起こり、力が入らない、電撃を常に与えられているような異常な感覚が続くなどの現象が起こる。脳疾患などの重病から起こるものや、正座などによっておこるただの一時的なものまでさまざ

もっとみる

【Vol.13】首から肩・腕にかけてのしびれに対する鍼灸治療

こんにちは。とある鍼灸師です。

この記事では、西洋医学や東洋医学の理論で症状について考えていき、その症状についてどのように鍼灸治療をしていくかを書いていきます。

みなさまのカラダの状態を把握するための参考にしてください。


何にもしていないのに腕が突然にしびれる・・・

朝起きたら腕がしびれる・・・

ひどい時には、首や肩がパンパンに張って、なにも動かしていないのにずっと腕がしびれている

もっとみる
スキありがとうございます。

脳梗塞 気持ちの変化① 発症から救急車での搬送まで

2020/6/29の早朝に脳梗塞を発症してから、救急車での搬送までの気持ちの変化を回想しました。
後悔はすぐに119をしなかったこと。
家のこと仕事のこと入院のこと、そんなことよりも119です。
完全に右半身が麻痺していたらすぐに119をしていたと思います。
軽症だった為、いろいろ考え無駄に時間を使ってしまったという後悔。
皆さんは同じ過ちをおかさないで下さい。

発症直後(起床時)
やばい何か体

もっとみる

シビレがとれない方々へ

セラピストから治療家、一般の方まで。

プロの方にはより多くの視点と原点回帰を

アマの方には知識とノウハウを

一般の方には情報を

シビレにたいする見方を変えよう。

腰痛のない46名の健常者をMRI検査したところ、36名に画像上の椎間板ヘルニアや脊椎変形が確認。腰痛学会による公式発表(ボルボ賞)はすでに行われています。

つまり、

ヘルニアが腰痛やシビレを起こす要因にはなるけれど、

ヘル

もっとみる
一緒に健幸的な人生を目指しましょう♪
1

頸椎ヘルニアとの付き合い方

8年程前に交通事故の後遺症で頸椎ヘルニア(俗に、むち打ち症)になりました。
noteには、自分の病気(難病・難聴)の事ばかり書いていましたが、今回はヘルニアについても書いていきたいと思っています。

頸椎ヘルニアになった経緯

交通事故で無防備な状態で後方から追突されたことが原因で、椎間板ヘルニアの診断をされました。当時の診断した医師によると、老化w(当時20歳代でしたので、違和感のある言葉でした

もっとみる
嬉しです。
14

私はこのまま自分を薄めて死んでいくのか

腕の痛みが相変わらずとれなくて
今日は前回と違う整形外科へ!
神経内科ってほうにほんとは行きたかったけど、一回目でその科には行けないらしい、、

6月の頭から朝起きると両手が痛くて痺れてて、
最近はとくに右手がひどくて、
肩甲骨から痛いし、
手の平は浮腫んで、指の関節が痛いからグーするのもきつくて。

その症状は気づいたら収まってたんだけど
3日くらい前から痺れが一日中収まらなくなって、 昨日とう

もっとみる
スキありがとうございます🌼
4

不眠症

不眠症になると、日中にしんどかったり、怠かったりで仕事に集中したくてもできなかったりしてしまいます。

私のメンタルはへなちょこなので、一日寝不足になっただけでも何もかもやる気がなくなり、集中できなくなります。

これが慢性的にずっと続くとおもうとゾッとします。

ですが、実際にはこの不眠症で悩まれている方がたくさんいらっしゃるので、そんな方の役に立ててほしいと思いこの記事を書きます。

まず、夜

もっとみる

しびれをどう評価するのか?

しびれのあるクライアントに対してまず何をどう評価していきますか?

初めに言っておくと、神経圧迫理論(ナーブ・ピンチング・セオリー)でしびれが出ていることはほぼありません。

現在出回っている「神経を圧迫して痛みやしびれが出ている」という常識は、徐々に非常識となってきています。

そもそも神経は圧迫に強く、構造としても緩衝作用を出すために脂肪組織が組み込まれているので、ある程度圧迫を受けても大丈夫

もっとみる
スキ、ありがとうございます!これからも頑張ります。

検査結果

結果

朝9時半過ぎに、総合病院の脳神経内科の受付を済ませる。
予約時間は10時半。
脳神経内科だけ、患者さんが多い。
12時過ぎに、ようやく診察室へ。

脳神経内科の先生は、患者さんにじっくり時間をかけて診察する先生とのこと。(看護師さんから聴いた)

筋電図は行わなかった。

診察時には、手足の腱反射も正常だったし、手足の感覚もあった。

実際、ビリビリしたしびれは、午前中はうっすらとある程度

もっとみる
No time for worry !(ウィンストン・チャーチル)
6