matsumura31

スタピ用です。六月末にサークルはクローズする予定です。なので、それにあわせて、予定を考えてください。

matsumura31

スタピ用です。六月末にサークルはクローズする予定です。なので、それにあわせて、予定を考えてください。

    記事一覧

    冥想と夢見(12)20220802

    冥想と夢見(12) 2022年7月26日から書き始める。 男女の区分は、トリトコスモスのみの特性 今回のスターピープルオンラインの2022年7月末のコラムでは、チャクラを、7つ…

    600
    matsumura31
    7日前

    冥想と夢見(11)20220724

    冥想と夢見(11) 2022年7月17日から書き始める 両方を意識すること 今日も、夜中に目覚めて、次に眠る前に、ミディアムランドのボディがあった。横幅が少し短いソファな…

    600
    matsumura31
    2週間前

    冥想と夢見(10)20220716

    冥想と夢見(10) 2022年7月9日から書き始める またアルシオンの話題 わたしは毎日アルシオンと一体化することを試みているが、このアルシオンについては、ブレイディは、…

    600
    matsumura31
    3週間前

    冥想と夢見(9)20220707

    冥想と夢見(9) 2022年6月29日から書き始める 異次元が最初から混じっている アンタレスを起点(おひつじ座0度)にした12サインは、最初からさまざまな異次元とつながるた…

    600
    matsumura31
    1か月前

    冥想と夢見(8)20220628

    冥想と夢見(8) 2022年6月18日から書き始める 緑色で埋め尽くす 最近のわたしの夢は扱いが難しい。明確なイメージをちゃんと作ってくれないことが増えた。なんとなく曖昧…

    600
    matsumura31
    1か月前

    冥想と夢見(7)20220617

    冥想と夢見(7) 2022年6月9日から書き始める。 トゥバン探索 6月4日のズーム講座の次の日に来たメール。 「今回のセミナーを受けて、早速牡羊座の0度の恒星にトゥバンに…

    600
    matsumura31
    1か月前

    冥想と夢見(6)20220608

    瞑想と夢見(6) 2022年6月1日から書き始める 立方体の中心に立つ 高所恐怖症は、崖の向こうに自分が不在だから、というズスマンの話は何度もいろんな本で引用した。自分…

    600
    matsumura31
    2か月前

    瞑想と夢見(5)20220531

    冥想と夢見(5) 2022年5月24日から書き始める 自我とはなにか 前回(4)で、13蛇の道について説明した時、13の数理の扱いは二種類あると書いた。ひとつは、これまでひとつ…

    600
    matsumura31
    2か月前

    冥想と夢見(4)20220523

    冥想と夢見(4) 2022年5月17日から書き始める ヴィパーサナ瞑想再確認 ヴィパーサナ瞑想のことが、いまだに釈然としないので、ヴィパーサナ瞑想に関して書かれているいろ…

    600
    matsumura31
    2か月前

    冥想と夢見(3)20220516

    冥想と夢見(3) 2022年5月11日から書き始める。 方向性のドリームワーク アーノルド・ミンデルの「大地の心理学」(心ある道を生きるアウェアネス)という本に、方向性のド…

    600
    matsumura31
    2か月前

    冥想と夢見(2)20220510

    冥想と夢見(2) 2022年5月5日から書き始める。 閉鎖的結合をほどく 前回書いた夢の話。三人の女性がいて、それぞれ娘がいる。このうち、ひとりが分子結合が固いので、三…

    600
    matsumura31
    3か月前

    瞑想と夢見(1)

    瞑想と夢見(1) 2022年4月28日から書き始める。 唐突な思考(印象)ショック 昨日、7つのコスモスの最後の(7)を書き終わって、さて、次は何を書こうか考えていたが、今日朝…

    600
    matsumura31
    3か月前

    7つのコスモス(7)20220427

    7つのコスモス(7) ミクロコスモスについて。 2022年4月19日から書く。 内部は7つの層にわけられる  ミクロコスモスは、人間よりも小さいコスモスをあらわしていて、グ…

    600
    matsumura31
    3か月前

    7つのコスモス(6)20220418

    7つのコスモス(6) 2022年4月12日から書き始める。 トリトコスモスについて書く。 人間という定義があまりよくわからない  グルジエフの定義では、トリトコスモスは、…

    600
    matsumura31
    3か月前

    7つのコスモス(5)20220411

    7つのコスモス(5) 2022年4月5日から書き始める メゾコスモスについてがテーマ。 全惑星をどちらに分類するか困る  7つのコスモスの分類については、グルジエフの説明…

    600
    matsumura31
    4か月前

    7つのコスモス(4)20220404

    7つのコスモス(4) 2022年3月28日から書く デュートロコスモスの続きから。 ミンコフスキー時空  デュートロコスモスは、四次元の規則的な時間と空間の組み合わせの領…

    600
    matsumura31
    4か月前

    冥想と夢見(12)20220802

    冥想と夢見(12)

    2022年7月26日から書き始める。

    男女の区分は、トリトコスモスのみの特性

    今回のスターピープルオンラインの2022年7月末のコラムでは、チャクラを、7つのコスモスと結びつけることを書いた。ラマナ・マハリシは、ハタヨガはあまり好ましくないと主張したが、これは身体の中にある7つのチャクラに固執した姿勢を批判したともとれる。ラマナ・マハリシは、チャクラの定義を比較的抽象的な

    もっとみる

    冥想と夢見(11)20220724

    冥想と夢見(11)

    2022年7月17日から書き始める

    両方を意識すること

    今日も、夜中に目覚めて、次に眠る前に、ミディアムランドのボディがあった。横幅が少し短いソファなので、まっすぐに横になることができない。その周囲は深い暗闇で、生き物の気配も入ることができなかった。
     今の肉体と、このミディアムランドのボディを両方意識しないといけないらしい。体外離脱では、離脱した身体(幽体)のみを意識す

    もっとみる

    冥想と夢見(10)20220716

    冥想と夢見(10)

    2022年7月9日から書き始める

    またアルシオンの話題

    わたしは毎日アルシオンと一体化することを試みているが、このアルシオンについては、ブレイディは、第三の目とか予言とかの性質があると説明していたような記憶がある。(あまりはっきりしない。)わたしはここ最近はずっと、アルシオンは幻想世界を作るという説明をしていた。正確に言えば、デュートロコスモスの太陽にまで降りて、この降り

    もっとみる

    冥想と夢見(9)20220707

    冥想と夢見(9)

    2022年6月29日から書き始める

    異次元が最初から混じっている

    アンタレスを起点(おひつじ座0度)にした12サインは、最初からさまざまな異次元とつながるためのプレートになる。アンタレスの目的とは、あちこちの次元に行くということだ。とすると、このプレートはきれいに整備された都市のようになることはなく、あちこちに崖があったり、切れ目があったり、形があちこち破綻しているか、ある

    もっとみる

    冥想と夢見(8)20220628

    冥想と夢見(8)

    2022年6月18日から書き始める

    緑色で埋め尽くす

    最近のわたしの夢は扱いが難しい。明確なイメージをちゃんと作ってくれないことが増えた。なんとなく曖昧なまま、そこに説明がつく。今日の内容は、下の層から押し出されるように、上の層に移動したが、そこでは身体が緑色になり、その層の空間すべてに広がったというものだった。下の層から押し出されるように、というよりも、自分から抜け出した

    もっとみる

    冥想と夢見(7)20220617

    冥想と夢見(7)

    2022年6月9日から書き始める。

    トゥバン探索

    6月4日のズーム講座の次の日に来たメール。
    「今回のセミナーを受けて、早速牡羊座の0度の恒星にトゥバンに設定してみました。
    以下、見た夢です。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    カモワン版タロットの♯2【女教皇】の帽子の形のような建物の中で、サーカス団がロープを使った空中演技をしている(人がやっていることは分る

    もっとみる

    冥想と夢見(6)20220608

    瞑想と夢見(6)

    2022年6月1日から書き始める

    立方体の中心に立つ

    高所恐怖症は、崖の向こうに自分が不在だから、というズスマンの話は何度もいろんな本で引用した。自分が不在というのは、グルジエフ式に言えば、何かに同一化して、自分を喪失しているということだ。シュタイナー式に言えば、無自覚というのは、そこに抵抗体がないために、流れに飲み込まれており、飲み込まれていることを自覚しない。魚は水の中

    もっとみる

    瞑想と夢見(5)20220531

    冥想と夢見(5)

    2022年5月24日から書き始める

    自我とはなにか

    前回(4)で、13蛇の道について説明した時、13の数理の扱いは二種類あると書いた。ひとつは、これまでひとつの世界は12感覚という12の単位で作られているが、これは時間意識を空間の中に墓に入れるように埋め込んでしまい、時間意識は、そもそも意識と結び付いているので、この存在は、このひとつの世界の空間とともにいないと存在しえない

    もっとみる

    冥想と夢見(4)20220523

    冥想と夢見(4)

    2022年5月17日から書き始める

    ヴィパーサナ瞑想再確認

    ヴィパーサナ瞑想のことが、いまだに釈然としないので、ヴィパーサナ瞑想に関して書かれているいろんなサイトを読んでみた。日本テーラワーダ仏教協会のサイトでは、「ヴィパッサナーの実践法は、とてもシンプルです。ただ、今の自分に気づく。そこに、深遠な世界が広がってくるのです。パーリ語でvi ヴィとは「ありのままに・明瞭に・客

    もっとみる

    冥想と夢見(3)20220516

    冥想と夢見(3)

    2022年5月11日から書き始める。

    方向性のドリームワーク

    アーノルド・ミンデルの「大地の心理学」(心ある道を生きるアウェアネス)という本に、方向性のドリームワークというのがある。古代の人々は、現実的かつ想像的な方向性を組み合わせた「道の自覚」を持っていたと言い、この考え方を活用して、意識の変化を空間的な移動のベクトルと結びつけたのだ。こうなると、中国の「道(タオ」)も、

    もっとみる

    冥想と夢見(2)20220510

    冥想と夢見(2)

    2022年5月5日から書き始める。

    閉鎖的結合をほどく

    前回書いた夢の話。三人の女性がいて、それぞれ娘がいる。このうち、ひとりが分子結合が固いので、三角形がうまく回らないという内容。
     三人の女性は、恒星の三つ組で、娘たちは、惑星を示している。恒星は問題ないが、惑星に落とした時、惑星のひとつが受容体としては、固有の特徴にこだわり、柔軟性がないということだ。たとえば占星術は、

    もっとみる

    瞑想と夢見(1)

    瞑想と夢見(1)

    2022年4月28日から書き始める。

    唐突な思考(印象)ショック

    昨日、7つのコスモスの最後の(7)を書き終わって、さて、次は何を書こうか考えていたが、今日朝になって、瞑想について書いてみようと考えた。今日の夢の内容は、唐突な思考・ドというものだった。グルジエフのエニアグラムでは、三つのオクターヴがあり、食物、呼吸、印象という三つのものだが、わたしはいつもこれを身体性、感情

    もっとみる

    7つのコスモス(7)20220427

    7つのコスモス(7)

    ミクロコスモスについて。

    2022年4月19日から書く。

    内部は7つの層にわけられる

     ミクロコスモスは、人間よりも小さいコスモスをあらわしていて、グルジエフの説明は、「第七宇宙、ミクロコスモス。<小宇宙>。<原子>。」というものだ。
     これまでと同じく、7つのコスモスの各々内部に、全体としての7つの構造が映し出されるので、ミクロコスモスについても7つの階層を考えると

    もっとみる

    7つのコスモス(6)20220418

    7つのコスモス(6)

    2022年4月12日から書き始める。

    トリトコスモスについて書く。

    人間という定義があまりよくわからない

     グルジエフの定義では、トリトコスモスは、「第六宇宙、トリトコスモス。<第三宇宙>。人間。」ということで、これは上から6番目のコスモス、そして人間について書かねばならないということだが、わたしはこの人間という定義がいまひとつ決められない。
     人間という定義は、時代

    もっとみる

    7つのコスモス(5)20220411

    7つのコスモス(5)

    2022年4月5日から書き始める

    メゾコスモスについてがテーマ。

    全惑星をどちらに分類するか困る

     7つのコスモスの分類については、グルジエフの説明をもとにしている。ところが、この説明には、 釈然としないところがあり、一番迷うのは、全惑星H24を、メゾコスモスに入れるのか、それとも、その上の太陽系、デュートロコスモスに組み込んだほうがいいのかということだ。
    「第四宇宙

    もっとみる

    7つのコスモス(4)20220404

    7つのコスモス(4)

    2022年3月28日から書く

    デュートロコスモスの続きから。

    ミンコフスキー時空

     デュートロコスモスは、四次元の規則的な時間と空間の組み合わせの領域に突入する。太陽系とは世界であると言っているが、世界とは、特定の時間、空間が存在する場なのだ。たとえとして、時間とは幾何図形の線を示し、空間とは、幾何図形の面に相応すると説明した。これはあくまでたとえであり、実際の幾何図

    もっとみる