noteで地方創生

地元の良さを伝えること
+2

地元の良さを伝えること

普段感じてることはたくさんあるはずなのに、いざ伝えるってめっちゃ難しいですよね。(少なくとも自分には難しいです笑) 雪!自然!米!酒!山!って謳っても全然差別化できないし、そう思ってる人もすごく多いんじゃないかな。秋田でも同じ。石川でも同じ。 でも、差別化とかそんなこと考えず、慎ましい暮らしやゆっくり流れる時間そのものが、地元の良さでもあるんだよなあとも思います。みんな飾らずに過ごしていて、いつ帰ってきても豊かな自然が美しい。そりゃあ、自然や暮らしが自慢です、って言いたく

スキ
3
創生する未来人ピックアップ【vol. 2】
+2

創生する未来人ピックアップ【vol. 2】

こんにちわ!創生する未来編集部です! 4回目になる今回の記事では、前回に引き続き、地域を動かし日本を変えるすごい人 - 連載「創生する未来『人』」 -の中から、編集部がいま!気になるアノ人をピックアップしてご紹介。🙋🏻‍♀️ みなさんも「へ〜!地方創生のためにこんな活動をしている人がいるんだ!」と新しいロールモデルを見つけるような気持ちで、読んでいただけると嬉しいです♫ 創生する未来人No.19:訪日外国人観光客向けメディア「MATCHA」を運営する青木優 さん 20

株式会社サンゾウの新サービス“Message”をリリース【地方創生】
+1

株式会社サンゾウの新サービス“Message”をリリース【地方創生】

去年まで台湾に住んでいたからだろうか、2021年の夏は本当に一瞬だった。すでに寂しく感じます。海に入れる“気温=夏”と考えた場合には、実質2週間ぐらいしかなかったのではないだろうか。それでも四季があることに豊かさを感じる。株式会社サンゾウを創業して6ヶ月。多くの人に生かしてもらっている。2021年は残り4ヶ月。恩を返していけるように、集中して最後まで走り抜けたいと思う。 夏の終わりに夏の終わりに株式会社サンゾウとして新サービスをリリースいたしました。サービス名は“Messa

スキ
48
Leap代表・鈴木日菜子さん
+4

Leap代表・鈴木日菜子さん

みなさんこんにちは! スマイトリー取材班です! 取材班では地方で活動している方々にフォーカスして取材をおこなっています。 今回は…出身地は飛騨高山から、鈴木日菜子さんです! 1,日菜子さんプロフィールまず最初に鈴木日菜子さんの基本プロフィールから!…と思ったんですが、日菜子さんのTwitterとnoteを見てもらうのが一番早いと思うので貼っておきます! ざっと紹介すると飛騨高山出身、慶應義塾大学所属、Leapという会社の代表を務めていられます。 さて、お次は出身地の飛

スキ
5
創生する未来人ピックアップ【vol. 1】
+2

創生する未来人ピックアップ【vol. 1】

こんにちわ。創生する未来、編集部です! これまで創生する未来では、Webメディア(WirelessWire News)にて、地方創生の未来を担う方々の活動や、その方たちの思いを取材してきました。 3記事目となる今回は、そんな「創生する未来人」の中から、気になるあのひと!をピックアップして紹介していきます。^^ 創生する未来人No.16:凄腕公務員・井上貴至さん今回ご紹介する未来人は、「1000もの自治体を訪れ全国に地方創生のヒントを振りまくミツバチ」として、本メディアN

ただの楽しい思い出で終わらせないために

ただの楽しい思い出で終わらせないために

ちゃまゆです。このnoteでは山形の暮らし、 日々思うことなどエッセイ的に書いています。 Instagramでは週末行きたくなるような 山形グルメ/お出かけスポット/アクティビティ等 情報発信しているので よかったら覗いてみてください。 ▼Instagramはこちらから▼ https://www.instagram.com/chamau.gata/ ┗最近裏山寺とも呼ばれるパワースポット、 『垂水遺跡』に行って来ました♪ イベント・WSの目的とは?いろんなイベントやワーク

スキ
6
創生する未来が考える「地方創生」のベストアンサーとは。

創生する未来が考える「地方創生」のベストアンサーとは。

こんにちわ!創生する未来、編集部です。 このnoteは、創生する未来の活動を発信し、同じように“地方創生”を考える人達と繋がりたいという思いをこめて、運営しています。 ぜひnoteをフォロー・いいね!をいただけると、とっても嬉しいです😊 <前回の記事はこちら> https://note.com/souseimirai/n/na2effa347d4a 第二回目のこの記事では、創生する未来がなぜ誕生したのか?私達の考えるこれからの“地方創生”の根本の考え方をお話していきた

スキ
9
北海道ゼミ #2 ー地方創生のカギとは

北海道ゼミ #2 ー地方創生のカギとは

こんにちは! てづかあゆです! 前回第1回の北海道ゼミでは、このゼミに参加した理由、意気込みについて説明しました! ​北海道ゼミ ー北海道でできることを見つける。 今回は第2回。 最初に行われたのは、課題でまとめてきた「地域おこしの事例」をまとめ、発表すること。 他の方が発表された事例の中でも私が面白いと思ったのは、 ・あそこに行けば、誰かに会える。朝から元気になれる場所、『バカンス』。 今はコロナ禍ということもあり、なかなか難しいのかもしれませんが、「皆が集

スキ
7
美味しい野菜と古民家ツアー

美味しい野菜と古民家ツアー

わが家は2011年、東日本大震災をきっかけに福島から関西へ移住しました。 このことから、「身体・心・環境によいライフスタイルとサスティナブルなモノ・コトに関心を寄せています。 先日、仕事で京都・最北地域である京丹後・与謝野町に出向きました。 京丹後・与謝野町は、緑豊かな丹後ちりめんの街として知られています。 そんな街で私は素敵な出会いがありました。 そのお相手は・・・オーガニックキュウリ♥ このオーガニックのキュウリが美味しすぎたのです!! 何がおいしいかと聞かれたら、

スキ
2
ラグジュアリーな「サラダパン」

ラグジュアリーな「サラダパン」

わが家は2011年、東日本大震災をきっかけに福島から関西へ移住しました。 このことから、「身体・心・環境によいライフスタイルとサスティナブルなモノ・コトに関心を寄せています。 みなさん今日七月六日は何の日かわかりますか? 答えは・・・ 「『この味がいいね』と君が言ったから七月六日はサラダ記念日」^^ と言っても、おそらく30代以上でないとこの本の存在すら知らないかもしれませんね。 さて、そんなサラダ記念日の本日、私はなぜか無性に「サラダパン」が食べたくなったのです。

スキ
4