lime

ヨーロッパを旅した100の感想:78.そろそろ日本にも!電動自転車!

ヨーロッパに行くと必ずある電動自転車。日本だとあまり馴染みのないものかもしれませんね。

しかし、ヨーロッパだと大きな刊行年には必ずと言っていいほど置いてある乗り物です。ちなみにグーグルマップで調べると電車や徒歩の他にこの電動自転車を使用した際の交通時間もでてくるほどに主流でした。

石畳が多い観光地に適しているかどうかと聞かれれば疑問は残りますが、悪くないような気がしますね。

ベルリンやケルン

もっとみる
雨にも風にも負けても、そのワンクリックにも勝てません。
9

Withコロナとなって、Limeのシェアリングはどうなるのか

こんにちは、雅(みやび)です。

昨年、フランスのリヨンに学会で訪れた時に驚いたことがあります。
それが、このタイプ👇の電動キックボードが街中に溢れていること。

引用元:TechCrunch Japan「電動キックボードのLimeが日本に初上陸、全国的な展開を視野に、まずは福岡市でのサービス提供を目指す」

米国Lime社の電動キックボードのシェアリング・サービスです。

リヨンはフランス内で

もっとみる
私もスキ!です。
47

ドイツに行く前に知っておきたいアプリ

はじめまして、先日ドイツのミュンヘンにて学会発表をしてきましたkotap。
学会と行っても基本自由行動で色々な場所に観光に行く機会もありました。

そこで今回はドイツに旅行に行く前にダウンロードして設定しておくと便利なアプリを紹介します。

今回「ドイツに行く前に」と加えた理由として支払い機能を持つアプリはSMS認証(電話番号認証)によるものが多く、日本で設定しておいたほうが楽であるからです。

もっとみる
ありがとうございます!よろしければシェアお願いします!
14

美容師とお客様のコミュニケーションツール「LiME」を運営するLiME株式会社が2.2億円の資金調達を実施

※この記事はすべて無料で閲覧が可能です。

資金調達情報

調達額:2.2億円

ラウンド:-

募集方式:第三者割当増資

調達先:株式会社アイスタイル

調達年月:2019年3月

企業情報
企業名:LiME株式会社

住所:東京都新宿区新宿6-7-1 エルプリメント新宿

事業内容:美容師とお客様のコミュニケーションツール「LiME(ライム)」を提供

設立年月:2014年8月

START

もっとみる
トップページ「SNS紹介」より、運営SNSをご確認いただけます〇
2

シェア電動スクーターLIME初体験

ここドイツにも最近上陸した電動スクーターのシェアサービスを利用してみました。
サービス利用方法は色々なところで紹介されてるので、今回は本当にただ、私が乗ってみた感想を(笑)ちなみにサービス自体はこんな感じです。

前々から気になっていたんですけど、そもそもちゃんと乗れるの?とかドイツは自転車がハイスピードつっこんでくるので、その横を並走するのか…?とか心配もあったので、なかなか手を出せずにいたんで

もっとみる

ヘルシンキのシェアスクーター。スーッと走るとかっこいい。

ヘルシンキの街を歩いて気づいたのが、その辺に電動キックボードが落ちていること。

それにしても無造作に転がっている。

いったいこれはなんなのかと現地であっこちゃん(ヘルシンキに引っ越したママ友。現地でいろいろとお世話になりました)に聞いてみたところ、アプリで使えるシェアスクーターだと教えてもらった。そうかシェアリングエコノミーというやつか。日本でもシェアサイクルやカーシェアリングがあるけれども、

もっとみる
ありがとうございます!
1

2019.9.10(火)くもり 一時 小雨

【この日の出来事より】

電動キックボードの Lime が日本に初上陸、全国的な展開を視野に、まずは福岡市でのサービス提供を目指す。

https://jp.techcrunch.com/2019/09/09/lime-fukuoka-trial/

道路交通法とか日本はなかなか厳しい環境だけど、乗ってみたいなァ。
#Lime #キックボード #福岡市

【私的記録】

安井友梨(ボディービルダ

もっとみる

【記事感想】キックボード、日本でも。

19年2月には自転車と同様の扱いで公道を走れるとする国家戦略特区を国に提案した。今回、業界最大手のLimeと、同じく業界大手の米Bird(カリフォルニア州)による福岡市での実証実験も発表している。

記事元:増える電動モビリティー、次に来るのはキックボードか

こういうの、福岡市って動き早いですよね。さすが渋谷に次ぐスタートアップ都市。日本のどの都市と比べても先進的。

日本でも普及の兆しを見せて

もっとみる
シェアもお願いします!