母を助ける話#ALS.60 余裕ができたことを素直に喜ぼう。

退院してから5日間ほどが経過した。

午前中と午後の時間帯は、訪問介護の方をふんだんに使っていくことになった。

お風呂も訪問入浴を週2回に切り替えることになった。本来は、このようなことはもっと早くにすべきだったと病院の人にも看護の人にも言われた。

ただ、母の意見を尊重するために、私たちはその選択をとってこなかった。

昨日、受け入れるということについて書いた記事がある。

なぜ、私がこの記事を

もっとみる
あなたの記事も見たい!って声に出してます!
30

生き方を教えてくれた三浦春馬のいた時間

小学生の頃、気付けば難病と戦うノンフィクション本を多く読むようになっていた。元々、本は好きな方だったと思うけれど、幼少期の絵本(童話)から始まり、伝記や前述したノンフィクション、それから魔女や魔法が登場するファンタジー、お化けが登場するオカルト系あたりが好みの本だった。(オカルト本の代表格『ムー』なども好物だった。)

病気の人を取り上げたノンフィクション本はおそらく読書感想文などのテーマとして書

もっとみる
ありがとうございます!
9

育児と介護の考察

育児と介護は似て非なるもの。その心うちがまるで違う。

私の育児はとてもハードだったと思う。

初めての出産育児が双子という試練。夜は授乳オムツ替え、泣けばあやして、それが夜中じゅう延々と交互に繰り広げられる。

眠すぎて金縛りに2回ほどあった。金縛りの最中も遠くで赤ちゃんが泣いてる声がして「起きなきゃ、動かなきゃ」と一瞬も油断できない環境に生きてたと思う。

どんなに大変でも、子育ては希望がある

もっとみる

有限だからこそ

三浦春馬君主演の「僕のいた時間」。

ALSと向き合う若者が覚悟を重ねながら生を全うしようとする。

 春馬君も、芦名星さんまでも逝ってしまって、ブラッディマンデイ好きだから悲しくて、自分の中で「死」へのハードルが低くなっていると感じます。

ドラマの中でALSで亡くなった方が言っていた、「人工呼吸器を付けないという生き方を選んだ」という言葉がすごく刺さった。正解は無いと思う。本当の感情はその状況

もっとみる

〜難病とはりきゅう〜その32「9/10第28診 封筒」

先日、首の古傷の治療をした。

古傷の処置は、体に大きな変化を与える。

キタムラさんの場合は、今回点滴の間ということもあったので

色々と考えたが踏み切った。

今日は、どんな状態だろう?と考えながら車で移動していた。

前日が月に一度の長野への往診だったので、今週は木曜だった。

そのため、朝からだったのだけれど

道路もとっても混んでいて、すこし焦った。

つくと、キタムラさんのご主人は優し

もっとみる
今日はいい日になる!
6

[筋ジストロフィー(筋強直性ジストロフィー)]難病施術記録 目指せ完治 複合的量子医療による介入-8回目

先日来ていただいた「筋ジストロフィー(筋強直性ジストロフィー)」の方への施術介入記録8回目の記録です。

今回は前回7回目の介入から7日後に提供した。

過去記録(1~7回目)に関しては末尾に記載します。

Disclaimer:効果がある自信がありますが、万が一なかったとしても公平性を保つために記録として残していきます。結果はあくまで1個人に対しての結果であり一定の傾向こそ示すかもしれませんが、

もっとみる

祖母とおじちゃん

田舎の祖母は、離婚していて祖父と一緒には暮らしていなかった。
幼い私は「田舎には、おばあちゃんの家と、おじいちゃんの家がある。」とだけ思っていて、それが当たり前なんだと思っていた。

物心ついた時には、祖母の家に行くと私達姉弟には“おじちゃん”という存在の人がいて、一般的に祖父がしてくれるであろうことは全て“おじちゃん”がしてくれた。

遊びに行った時にプールに行きたければおじちゃんが車で乗せて行

もっとみる
嬉しいです♪
6

ヘルパーという「支援者」

ヘルパーの存在は私たち在宅療養をしている寝たきりの重度障害者にとって手足のような存在です。動けない私たちに代わって生活を支えてくれています。そして人によっては友人であり家族のような存在だったりします。関係性は様々ですが、どの利用者、ご家庭にとってもなくてはならない存在と言えると思います。当然、私にとってもなくてはならない大切な存在で、ヘルパーの仕事ぶりが私の生活に大きな影響を及ぼします。

愕然と

もっとみる

ALSケアガイドが出た

物理学者のスティーヴン・ホーキング博士や、参議院議員の舩後靖彦氏など、世界中にその患者が多くいるALS(筋萎縮性側索硬化症)。

そのALSのケアガイドが日本ALS協会から発行されることとなったという。

ALSについては、先日大阪大学による研究が一歩進んだことが発表されたが、まだ根本的な治療法の確立には至っていない病気である。

そのため、このようなケアガイドを制作し、ALSに関する様々な知識を

もっとみる
スキありがとうございます!

[筋ジストロフィー(筋強直性ジストロフィー)]難病施術記録 目指せ完治 複合的量子医療による介入-7回目

先日来ていただいた「筋ジストロフィー(筋強直性ジストロフィー)」の方への施術介入記録7回目の記録です。

今回は前回6回目の介入から6日後に提供した。

過去記録(1~6回目)に関しては末尾に記載します。

Disclaimer:効果がある自信がありますが、万が一なかったとしても公平性を保つために記録として残していきます。結果はあくまで1個人に対しての結果であり一定の傾向こそ示すかもしれませんが、

もっとみる