「異能者の惑星」第1章 惑星探査 第4話 恋の苦しみ

数日後、ヤナーギクには密かに計画している事が有った。地球から持ってきた花の種を植物プラントに植えて育てるのだ。だが植物プラントは食料生産の為のプラントである。花など無駄な物を育てる余裕は無いかも知れない。恐らく船長に言っても許可は貰えないだろう。
 

 ヤナーギクは皆の目を盗んでそっと植物プラント室へ入り込んだ。もちろんそこにはハルカが居た。

「あら、ヤナーギク。何か用かしら?」

「う、うん

もっとみる
愛してる💓♥️❤️

「異能者の惑星」第1章 惑星探査 第3話 サライ博士の話

食堂に皆が集まって来た。テーブルの上にはハンバーグステーキセットが湯気を立てて並んでいる。

「ほう! 今日はハンバーグか。これは良い」

案の定、ミゲルは子供みたいに嬉しそうな声を上げた。

「そうですよ。船長お好きでしょう?」

「うん、まあな」

「さあ、皆さん座って下さい。食事にしましょう。ソースはテーブルの上に有るのをお好みでどうぞ」

 
 皆は席に着くと、ハンバーグを一口食べた。

もっとみる
嬉しいな🎵😍🎵
1

「異能者の惑星」第1章 惑星探査 第2話 出発

宇宙船へ戻ったミゲルは皆に説明した。

「よし、皆。出発するぞ。途中の空域で宇宙海賊が出没するそうだ。十分気を付けてくれ。それ以外は流星群も無いし、航路はクリアーだ。ニライ、航路を設定してくれ。データはこれを見てくれ」

ミゲルは記憶チップを渡した。

「了解。先ずマシリ空域へワープ、次にナカイ空域へ、ヒール空域、キリー空域の順でワープ可能です」

「よし、ではその航路で行こう。アリッサ、地球へ通

もっとみる
嬉しいな🎵😍🎵

「異能者の惑星」第1章 惑星探査 第1話 序章

乾いた熱い風が草原を吹き抜けた。抜けるような真っ青な空の下、赤褐色の大地に萌黄色《もえぎいろ》の背の低い草が生い茂り、所々に灰色の樹木が立ち並んでいる。草原ではインパラに良く似た草食獣達が草を食《は》んでいた。《《インパラに良く似た》》─そう、厳密にはインパラでは無かった。地球のサバンナを思わせる景色だが、ここは地球では無かった。「惑星タラゴン」それがこの星の名前だった。
 
 アスターは草むらに

もっとみる
スキありがとうございます♥️

SFファンタジー詩・流れ星とロボット

「SFファンタジー詩・流れ星とロボット あるロボットたちの話し」

夜空の星を眺めながら 一匹の犬が 遠吠えを上げていた

「ウォーーーン ウォーーーン クーンクーン」

その声は 廃墟の都市に 寂しそうに響いた・・・

犬は もう何千年も 

この星を捨てて 去っていった 主を想って

遠い夜空を 見あげて鳴いていた・・・

そして 鳴き疲れると

いつものように 鋼鉄の瞼を閉じて

眠りについ

もっとみる
スキの花が ぱっと咲きました。 ありがとう御座います!
115

宇宙

「聞こえてますか?
ここから君までどのくらいの距離があるんだろう。僕の言葉が君に届くまで何億光年かかるんだろう。君に届いた頃には、僕はもう死んでしまっているかもしれない。それでも君に伝えたいんだ。どうか僕の声がいつか君に届きますように。」

空を見上げる。満天の星空とまではいかないが、数多の星がちらちらと瞬いているのが見える。
月はない。夜が静かに沈んで行く。
野原に寝転がり、星空に手を伸ばす。

もっとみる

わいが好きなサイバーパンクな雰囲気を感じられるものいろいろ

サイバーパンクっていいじゃん。

暗い雰囲気で、アンドロイドが歩いてて、ネオンが眩しくて、ディストピア感が漂うショッキングピンクな感じの世界観が好きだ。
没入感がある魅力的なコンテンツが色々あるんだけど、形態が1つに定まらなくて。だからまとまりはないんだけど、特に「いいなぁこれ」って思ったものを備忘録的にまとめておく。

VirtuaVerse

Steamにはサイバーパンクなゲームが色々あるけど

もっとみる
スキありがとうございます!
2

令和を生きる子供への課題図書「空のあらゆる鳥を」 破滅SFが示す希望の形

はじめまして。note始めました。

書店員を5年、東京の大手出版社で2年。今はWEB系の仕事をしています。とみよしです。

空のあらゆる鳥を (創元海外SF叢書) チャーリー・ジェーン・アンダーズ https://www.amazon.co.jp/dp/448801464X/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_Z9bAFbQVBSNX3 @amazonJPより

今回、ご紹介したい書籍

もっとみる

映画を紹介。⑤

きたみです。

みんなコロナで暇だろう、学生諸君。

おすすめの映画を紹介するから、是非見てくれたまえ。

インターステラー

異常気象によって人類滅亡の危機が訪れている近未来。元宇宙飛行士で現在はトウモロコシ農場を営んでいるクーパー(マシュー・マコノヒー)は、NASAの要請に応じてラザロ計画に参加することになる。その計画とは、土星付近に発生したワームホールを通り抜けて、新しい惑星へ人類を移住させ

もっとみる

ユニコーンにくるりまで?! 公式が認めた『宇宙兄弟』をもっと楽しむキャラの裏話

『宇宙兄弟』の最新刊38巻、読みました!?

最新刊出る度に「最高だな…」って思いながら目頭をアツくして読んでいるんですけども、この38巻もかーなーりーたまらん展開でした…!さんざんニヤニヤ笑わせといて、ここぞという時にグッと泣かしてくる凄い作品!未読の方は損どころか得るものしかないのでぜひ一気に読んでほしいのですが…。

その際に、ちょっと違う点にも着目してみてほしいのです。

そもそも『宇宙兄

もっとみる
好きの気持ちが僕たちを強くさせます(ありがとうございます)。
7