若いうちに、元気なうちに。

「若いうちに、元気なうちに。やりたい事をやって、楽しみなさいね」

元教師だったと言う女性の利用者さん。

小柄な可愛いおばあちゃんで、レビー小体型認知症だ。パーキンソン病独特のひょこひょことした頼りない足取り、時々「そこに白いキツネが居る」と、夜な夜なベッド周りを歩き回る。そして転倒を繰り返す。

穏やかな時は、元・教師らしいしっかりとした口調で私たちと会話をする。

「若いうちに、やりたい事を

もっとみる
あーりーがーとー!
6

私の使命

今年初夏に担当した患者さん。90歳代の高齢のご婦人でしたが、よくよく話をしていると...なんと!以前私が大変お世話になった方のお母様であることが発覚!!
これもご縁だなぁ✨と思いつつ...入院中は日々、理学療法を行っていました(^-^)

そのご婦人、リハビリの時間には必ずそのお世話になった娘さんのお話をしてくれて。

「うちの娘はスゴいんだよ!仕事を夜遅くまでやりながら、いつも私のことも考えてく

もっとみる

母の介護に疲れた。2

最近イライラする事が増えた。自分の思うような行動をしてくれない母に、とにかくイライラした。理解はしている。もう母は正常な判断が出来ないのだと。以前出来ていた事が出来ないのだと。それでも、ダメだった。とにかく耐えられなかった。
タクシーに乗って買い物に行き、冷蔵庫にあるものを買ってこられても「ありがとう」とは言えない。そもそも往復のタクシー代もばかにならない。買い物は私がしてくるから、欲しいものがあ

もっとみる

ほっこり話

こんばんは。
現役女性介護士 chata です。

先日、入居者さんとのお話の中で心打たれたエピソードをご紹介します。

(先に関西の某施設、笑いを求める関西人高齢者が多いことをお断りしておきます。
そんなん失礼やろ!と思わず、若干お笑い調でご想像ください。笑)

100歳とご長寿なAさん。
毎日ご自身でお食事を召し上がり、誰も怒った姿を見たことがない程、いつもニコニコされています。

ある日の食

もっとみる
スキありがとうございます!
1

介護したくない親が要介護になった時の話 2

これは前回の続きです。

要支援と要介護

厳密には違うのかもしれませんが、「要支援」という状態は介護サービス予備軍として管理下に置かれる状態で、「要介護」という状態になってはじめて介護サービスが始まりまるイメージです。

そして「要介護1」というのは「要支援2+認知症」の状態が当てはまるので認知症でない場合は「要介護2」を市に認めてもらって初めて介護サービスを受ける形になるようです。つまり「要介

もっとみる

介護したくない親が要介護になった時の話 1

私は高校を卒業してから家を出て、新聞配達をしながら大学に通っていました。一番大きな理由は親が頼れるレベルになかったからです。特に父は小学校すら卒業しておらず、せっかくゲット出来たサラリーマンの立場を捨てて居酒屋を開業し、なおかつそれがまったく儲かっていませんでした。

高校生でもわかります。「この親と一緒にいたらあかん、、、、」と(実際に数年後につぶれました。数百万の借金を抱えて、実家も無くなって

もっとみる

連続投稿を2ヵ月以上続けられたので新しくブログを始めてみました!

いつもありがとうございます

noteに連続投稿を続けること2ヵ月以上が経ち、新しく

「在宅ラボblog」という名前でブログも始めることにしました!!

書くことにより思考はよりクリアになります

文書を書く機会を増やし、多くの情報を届けられればと思います。

今後ともnoteの記事や「在宅ラボblog」を宜しくお願い致します!!

もっとみる
ありがとうございます!
35

元気な高齢者の特長

元気な要介護・要支援の方の特長

「要介護、要支援でも元気だなぁ」と訪問リハビリで感じる高齢者がいます。

そのような方の特長は

1.好きなことをどんな形でも続けている
2.人の役に立ってるという感覚がある
3.老化や生活環境を受け入れている
4.生活習慣が確立している

です。

結局、置かれている環境や自分自身(人の手を借りる身体であっても)をありのまま受け入れて生活する人は強い、そして活力

もっとみる
よろしければフォローもお願いします!
6

ざっくり介護保険制度~先ずは分かった気になろう~

いつもありがとうございます

日本の現状

超高齢化社会になり、日本の高齢者人口は年々増え続けています。厚生労働省の調べでも

2036年に33.3%で3人に1人。2042年以降は高齢者人口が減少に転じても高齢化率は上昇傾向にあり、2065年には38.4%に達して、国民の約2.6人に1人が65歳以上の高齢者となる社会が到来すると推計。総人口に占める75歳以上人口の割合は、2065年には25.5%と

もっとみる
ありがとうございます!
23

かなりリアルな報告「崩壊する介護現場」中村淳彦 a care-worker's note

2016年春に有料老人ホームに勤務し始め、介護の現場についていろいろ知りたくて出会った本。直球な文章で書かれた内容も直球で、初めは戸惑いながら読みすすめたが、現場経験わずかな僕にもそのリアル感が伝わってきて、現場にかかわるときには、この視点を忘れてはいけないと思わせた。

介護現場にかかわると押し寄せてくる仕事に忙殺され、そこの現場には、どのような社会的な文脈が働いているかが見えなくなってしまうど

もっとみる
転石庵日乗 https://tensekian.exblog.jp/
1