負け惜しみ

「まさか、あなたにできるとはね」
「受からないって言ってたじゃない?」
「今からだと、手続き的に無理です」
「周りに迷惑かけちゃうよね」

急に、といっても常識の範囲で、1か月半前に退職を伝えたときに言われたことばです。

「おめでとう」といってくれた人もいましたが、本心からではなく、苦虫を噛み潰したような顔をして、口からことばを押し出すように吐き出していました。

キャリアアップして、去るものが

もっとみる
谢谢🐰✨
7

負け犬の遠吠え

負け犬の遠吠えというタイトルの本を作家の酒井順子さんが書かれたのは15年くらい前だったか。

私は酒井順子さんと同じ歳で、35年前の短大時代、既に活躍されていた酒井順子さんは東京生まれの東京育ちで、さらに立教大学在学中で、私から見たら全てを持っている、超羨ましい存在だった。

地方から上京するという事は、地元が東京の人は親元であるとか、育った環境が大都会だったという東京の人にとっては当たりまえのこ

もっとみる
スキありがとうございます
5

悟れない僕のつぶやき〜負け犬の遠吠え〜

今回の内容は叩かれる覚悟で書きます。
タイトル通り負け犬の遠吠えなのですが、ファンへ喧嘩を売る発言になるかもしれないからです。

僕は『秋元康』さんが嫌いです。
特に48系や46系を蔓延らせたので嫌いです。
音楽の記録を偏らせたし、商法を真似る企業が出てきて好ましくないです。

しかしそんな秋元康さんは凄腕です。
素晴らしい詞を沢山書いていることを知っています。
悔しいですが、その詞で感動してしま

もっとみる
1遠いけど
1

負け犬の遠吠え

酒井順子『負け犬の遠吠え』講談社
講談社文庫のPR雑誌「IN☆POCKET」の連載を1冊にまとめたものらしい。

既に内容については色々な媒体で触れられていて、今更ここで紹介するまでもないが、作者は、自分がそこにカテゴライズされる「三十代・独身・子なし」の女性を「負け犬」と定義し、「勝ち犬」(既婚・子どもありの同世代の女性)と対比し、それぞれの人生のあり方について、色々な角度から語っている。

もっとみる
読んで下さってありがとう♪♪♪
2

アラフォー世代の同窓会は、女の勝負どころ?

https://allabout.co.jp/gm/gc/472271/

というコラムがあるが、同窓会に出ようと思えるモチベーションが湧くだけでエスタブリッシュなのではないだろうか?(笑)

そもそも同窓会を開ける時点で恵まれてると思う。

ありがとうござきます‼️。あなたにも良いことが起こりますように❗️
1

人生の勝ち組負け組とは

人生の勝ち組、負け組っていったいなんだろう。。ふと、今日朝の9時にベッドから出て朝からチョコレートや昨日の味噌汁、米、卵、ヨーグルト等、そこらにあったものを食べながら考えた。私の今のこの状況はどう考えたって負け組なんだろう、と。。

食べながらYouTubeを観るのか、YouTubeをみながら食べるのか、もうどちらかわからずの状態で、もちろんパジャマのまま、頭はヘアバンドでひっつめているこの様子

もっとみる
あなたにいいことがありますように🥰🖖🏼
10

だから君はつまらない

なんか嫌いな人によぉ〜〜ーく似た、つまんな〜い匿名ブログ見つたんで読んでました。
あまりにもつまらないので途中折れそうだったけど読んだから感想いきますね! 匿名さんに失礼だけど「こんなクソの垂れ流しテキスト匿名で良かったですね!」
そりゃ、その仕事してる同業者をゴミだの底辺だのいってたんだから、このご時世に冊子にこだわる作家様って凄いんだな〜って思います!

https://anond.hat

もっとみる
スキモノ様の♡をGET!!

負け犬にしか見えない世界#福ログ【Vol.70】

ずっと勝ち続ける人。
ずっと負け続ける人。
勝ちと負けを繰り返す人。

大きく3パターンの人がいる。

人生勝ち組。みたいに、ずっと勝ち続ける人は一定数いると思う。ずっと負け続ける人はどうだろう。勝ちと負けを繰り返す人が大多数のはずだ。

ずっと勝ち続ける人、ずっと成功し続ける人はスゴイ。運と才能を天から授かったのだろう。そういう人は別の世界の人だと思っている。なぜなら私が世の中の大多数に属する側

もっとみる
ありがとうございます!毎日更新中です!また明日もどうぞ。
5

題... 親父殿の才能をしっかり受け継いでいるようです

◆ 実に、頼もしい。

~~< 以下 引用 >~~   ■ 小泉環境相が外交デビュー=演説原稿読まず冗談も ⇒ http://bit.ly/2ladw8L ■     米ニューヨークを訪問中の小泉進次郎環境相は22日、環境関連の複数の国際会合に出席し、閣僚として初の「外交デビュー」を果たした。   国連本部での会合では予定された英語の演説原稿を読まずに冗談を連発。地球温暖化対策をめぐり、「われわれ

もっとみる
いつも、ありがとうございます。

遠吠えをする、負け犬の喉は、きっと腐るが・・・。

真面目で賢い者や、
自分より優秀な者の事を、
無理矢理に馬鹿呼ばわりする者、
欠点の粗捜しをして揚げ足を取る者。
そのような遠吠えをする、負け犬の喉なぞ、そのままでは、やがては腐るであろう。

他愛無い、揚げ足や中傷は、大概、放って置いて良かろう。

ただ嫌がらせがあれば、早目に対処すべきである。