若年層マーケティング

SNS別情報発信実態:Z世代はSNSで「何を」「どんな時に」「どのSNSで」発信しているの?
+9

SNS別情報発信実態:Z世代はSNSで「何を」「どんな時に」「どのSNSで」発信しているの?

こんにちは!Z世代研究会です。 ここまで複数の回にわたってZ世代のメディア利用実態についてご紹介してきましたが、今回は最終回としてZ世代がSNSで「何を」「どんな時に」「どのSNSで」発信しているのかを暗い系/明るい系の属性別にご紹介します! これまでの内容と異なり、視聴者ではなく発信者としてどのように使い分けているのかについての内容になりますので、Z世代についての理解を深めたい方は是非最後まで読んでいただければと思います。 Z世代は「どのメディアで」「どんな内容の」情

スキ
4
「雑談」というトレンドとメタバース

「雑談」というトレンドとメタバース

はじめに 感染症が蔓延し、外出自粛が呼び掛けられる社会では、旅行やライブなどこれまでの非日常を楽しむ方法は姿を変えてしまいました。 それどころかリモートワーク、リモート授業化したことで休憩時間の雑談という日常さえも非日常のものとなっています。 その結果、オンライン上のコンテンツでは雑談を求める人が急増し、特に学校と家庭、クラブ活動など属する社会が少ない若年層では、雑談という要素がトレンドの鍵となっています。 そこで、今回は若い世代の間で雑談が今までとは違う形で生活に実

スキ
12
いま、「音声マーケティング」がアツい!話題の事例をチェック

いま、「音声マーケティング」がアツい!話題の事例をチェック

みなさん、こんにちは! Spark! 編集部のなったんです。 お仕事ではディレクター兼プランナーとして、SNSを中心としたブランディング支援などを行っています。 今回は、「音声マーケティング」の事例をSpark! のつかちゃんのレポートをもとにご紹介します。 いま、音声配信サービスの利用者は増加しており、音声広告の市場規模が拡大中。それに伴って企業による取り組みも増加し、マーケティングの場としても注目を集めているんです。 そんな注目の音声マーケティングについて、事例をも

スキ
19
女子大生・女子高生の9割以上に「推し」がいることが判明!Trend Catch Projectが「推し活」に関する調査結果を発表
+13

女子大生・女子高生の9割以上に「推し」がいることが判明!Trend Catch Projectが「推し活」に関する調査結果を発表

昨今「推しグラス」がSNS上で人気を集めトレンドとして取り上げられたり、「推し」をテーマにしたドラマが放送されたりと、「推し」という存在、「推し活」という行為が若者の間で話題になっています。 ライフステージごとのニーズを汲み取り、等身大の意見を発信する女子大生・女子高生マーケティング集団「Trend Catch Project」は、10代後半から20代前半の若年層女性を対象に、「推し活に関する調査」を実施しました。コロナ禍で「推し活」がどのように変化したのか、「推し」を持つ

スキ
6
「若年層のメディア利用実態調査」から分かる、業種別購入態度 ~化粧品~
+6

「若年層のメディア利用実態調査」から分かる、業種別購入態度 ~化粧品~

こんにちは! Z世代研究会です。 今回は、Z世代における「化粧品」の購入行動についてご紹介します。Z世代が化粧品を買う時によく見るメディアや購入経路などを調査データを基に解説します!! 化粧品業界でZ世代へのマーケティングをしている方に是非読んでほしい内容になっていると思います! 『化粧品購入者=女性』はもう古い!? 「直近1年以内に化粧品を購入した」と回答した方の約2割は男性という結果が出ました!「化粧品は女性が使うもの」「男性がメイクをしていたら変」という価値観は

スキ
1
「若年層のメディア利用実態調査」から分かる、業種別購入態度~日用品~
+4

「若年層のメディア利用実態調査」から分かる、業種別購入態度~日用品~

こんにちは!Z世代研究会です! 前回までの記事では、若年層を陽キャと陰キャに分けたときのメディアの利用態度の違いについてご紹介しましたが、 今回からは、業種別の購入経路や頻度についてフォーカスを当ててみていきたいと思います。 今回はその第一弾として、Z世代の「日用品」の購入行動についてご紹介します! 日用品はInstagramから買っている!「日用品」は、全体の54%ものユーザーが直近1年で購入や申込をしたと回答しており、「食品・飲料」に次いで全13業種中2番目に購入率が

スキ
3
【もっと知りたい方へ】陽キャ・陰キャのメディア利用実態を調査!
+10

【もっと知りたい方へ】陽キャ・陰キャのメディア利用実態を調査!

こんにちは!Z世代研究会です! 今回は、前回の調査結果を見てもっと知りたいと思ってくださった方に向けて、「明るい系」「暗い系」それぞれが具体的にどのようなメディア利用をしているのかの実態をもう少し掘り下げていきたいと思います。それでは早速利用メディアから見ていきましょう! Z世代とは?  ​Z世代とは1990年代中盤以降から2000年代前半に生まれた世代を指します。1960年代中盤~1980年頃生まれが「X世代」、その後の1980年頃~1990年代中盤生まれが「Y世代(

スキ
2
「若年層のメディア利用実態調査」を実施!陽キャはInstagram・陰キャはTwitter!?
+11

「若年層のメディア利用実態調査」を実施!陽キャはInstagram・陰キャはTwitter!?

こんにちは!Z世代研究会です! はじめにこれまで様々なZ世代の生の声をお届けしてきましたが、皆様の学生時代を思い返してみてください。クラスの中でも中心人物になるような明るい子・真面目に勉強に励む子・アニメが好きなオタクな子など・・キャラクターや趣味によって様々な属性が存在していたかと思います。 今回はZ世代を属性に分け、メディアやSNSをどのように使い・何を調べ・何を見て・最終的な購買活動に至っているのかを調査してみました!すると、こんな違いが見えてきました。 「Z世代

スキ
4
過去10年間のJK流行語を振り返ってみたら
+11

過去10年間のJK流行語を振り返ってみたら

JK流行語が発表されると、オトナ達が盛り上がる。 それはわかる!え、どういうこと?宇宙語?というものでわいわいできて楽しいものである。 私も今年で30歳になり、わかるわかる~使ってるもん~!から、え?なにそれ?どういうこと!?というものが入ってきて少し悲しい気持ちになります。 そんな流行語を10年間で比較してみたら、面白い結果となりました。 結論から言ってしまうと、やはりここ10年でSNSは進化し、映画やテレビの中の芸能人や芸人のコトバから、インフルエンサー、SNS中心にな

スキ
6
日本のインフルエンサー大調査!
~Instagram・Twitterのフォロワー数トップ50名を分析してみた~
+7

日本のインフルエンサー大調査! ~Instagram・Twitterのフォロワー数トップ50名を分析してみた~

みなさん、こんにちは。Spark! 研究員のひらけん(@HiraiKen10)です! Spark! 研究員として日ごろから若者のトレンドを分析している身としては、トレンドの発信者であり拡散者であるインフルエンサーの存在は最重要の観測対象です。 流行語の起源を見てみると、YouTuberを含めたインフルエンサー発信の言葉が多かったり、インフルエンサーが紹介したものが爆発的に売れたりと世の中への影響力の高さもうかがえます。 そこで、今回はそんなインフルエンサーの実態をつかむ

スキ
16