「男はつらいよ お帰り寅さん」(2019)は主演俳優なき後に作られた「続編」でありつつ、果たして「寅(次郎)さん」なるおじさんは本当にいたのかという存在論的危うさを描く観念SFとしても見られる作劇になっているので画面からひと時たりとも目を離せない映画だと言える(かも知れない)

おそれいります
2

男はつらいよのnote

こんにちは。yuya工房です。

もう松の内もすっかりすぎて、世間的には正月気分は皆無なのに、まだ我が家には飾りが残っていたので慌てて引っ込めた今日この頃。

今日は正月の話を蒸し返させてください。

正月飾りを焼き払う行事は各地であると思うのですが、全国的には『どんど焼き』と呼ぶのがスタンダードなんですよね?

九州地方では『鬼火焚き』が主流のようです。地域によっては『鬼の目焼き』『鬼の目はしら

もっとみる
感シャリーン!(Edy風)
10

寅がさくらを張り倒した!『男はつらいよ』- 第1作でのワンシーン

正月NHKBSで『男はつらいよ』の映画第1作を放映していて、見て驚いた。

さくらの縁談が寅のせいでおじゃんになり、二人の言い合いの中で、なんと、寅がさくらの横っ面を張り倒したのであった。

ときどき『男はつらいよ』シリーズを見てきたが、こんなシーンは記憶がない(10作はないんじゃなのかな、自分が見ているのは。だから他にそういうシーンがあるのかもしれないが…)。

寅には毎度マドンナが現れるが、結

もっとみる
スキありがとうございます!

柴又写真館ー寅さんへの伝言ー

「わたくし、生まれも育ちも葛飾柴又。帝釈天で産湯を使い(中略)ひと呼んで、ふうてんの寅と発します。」

♪ ちゃらぁらぁ~ん
ちゃららららららぁ~ん
俺がいたんじゃ お嫁にゃ行けぬ~
わかっているんだ 妹よ~♪

少しばかり前の話になってしまいますが、昨年の師走10日、あすぴれんとのバスハイクで柴又に行って来ました。

映画は見たことが無くとも、恐らく日本人なら誰もがその

もっとみる
ありがとうございます。また、遊びにいらして下さいね。 (^O^)/
5

男はつらいよを見てくれ②

続きです。①はこちらをご覧ください。

https://note.com/redwhite_stripe/n/nf9ef8a369832

ちまたでそこそこ「男はつらいよ50 お帰り寅さん」がそこそこ話題になってて嬉しいです。シリーズの最後にふさわしい話だと思います。

推薦理由④日本各地の風景

寅さんの醍醐味は当時の日本各地の祭りや街並みが見れることです。いろんなところに行きたくなる。

特に

もっとみる

男はつらいよを観て

男はつらいよの最新作を映画館で観てから過去の作品も気になりだした。

50本すべて観られるだろうか。

今までは全く観たことがなかったので予備知識なしで最新作を観た。

それが、意外に面白かったのだ。

何回も笑わせてもらった。

吉永小百合がマドンナの回のDVDを借りてきた。

昭和の世界はなかなか面白い。
もちろんネットもスマホもないし。

なんとも言えない雰囲気が漂っているのだ。

暇な休日

もっとみる

男はつらいよ・お帰り寅さん

映画を観るときの一つの基準として、周囲の友人たちの評価がある。
もちろんネットでの書き込みも参考にするが、実際に知っている人間の感想というのはイメーシがしやすい。
為人が分かっているからだ。
で、最近やたらと友人たちの間で評判が高い作品があった。
「男はつらいよ・お帰り寅さん」だ。
皆んなが皆んな「泣いた」と言う。
そりゃきっと素敵な作品に違いない。その思い込みによるハードル上げが良くなかった。

もっとみる

渋谷のコピーライター 〔第15回〕

2020年1月15日(水) 8:00-8:55

00:00 | 00:30

【パーソナリティ】
佐倉康彦さん(クリエイティブディレクター)

【ゲスト】
森本千絵さん(アートディレクター)

【アシスタント】
国井美果さん(コピーライター)
竹田芳幸さん

今回のパーソナリティはクリエイティブディレクターの佐倉康彦さん、ゲストはアートディレクターの森本千絵さん、アシスタントはコピーライターの国井美果さんです。
佐倉さんと森本さんが関わった映画「男はつらいよ お帰り 寅さん

もっとみる

男はつらいよ

今テレビで「男はつらいよ」の特集やっている。

周りにも寅さんファンは多いが実を言うと僕はあまり好きではない。

小さい事で怒り出す器の小さい男だし、大した仕事もしてないくせに偉そうな発言するし、マドンナが寄ってきても旅に出ちゃう究極のヘタレだし…

寅さん見てるとイラッとする。

なんでなのか…

きっと寅さんの姿に僕とかぶるとこ見ちゃうからだな。