concanトピックス特別編【200年に一度の「激動」の年 2020年をどう生き抜くか?】

今日は 特別編として、コロナ渦で「中小企業」の倒産に拍車が掛かる中、自分たちで出来る"回避策"について書きます。
~副題:中小企業「大倒産時代」を回避し、生き抜き成長させる施策とは?~

中小企業の経営者のみなさん!
2020年も早7ヶ月が過ぎ、残すところ後5ヶ月となりました。

「庚子年」(ねずみ)の今年は、約200年に一度の運気が切り替わる「激動」の年になると言われていました。

*「マウス・

もっとみる
スキありがとうございます!やる気がでます!
8

老化は「治せる」──ハーバード大教授が提示する「平均寿命113歳」の未来(倉田幸信)

倉田幸信 「翻訳者の書斎から」第10回
"Lifespan: Why We Age and Why We Don't Have to"
by David A. Sinclair, Matthew D. LaPlante 2019年出版
『LIFESPAN(ライフスパン)  老いなき世界』
著:デビッド・A・シンクレア、マシュー・D・ラプラント 訳:梶山あゆみ
東洋経済新報社 2020年9月刊行予定

もっとみる
本を読まれましたら、ご感想お待ちしております!😊
20

次男と人間の生存戦略

人間の生存戦略

有名な書き込みなので、知っている方も多いと思いますが、Yahoo!知恵袋で「弱肉強食」に関しての質問があった時のベストアンサーが、本当に理路整然としていて、わかりやすく、そして納得できる回答で、折に触れて思い出すことがあります。(今調べたら10年ぐらい前なのか・・・。)

質問と回答を簡単に(いや、乱暴に。個人的見解も入れ込んでいます。悪しからず・・・)まとめると

Q 自然界は

もっとみる
ありがとうございます!
1

カタツムリは右巻き?左巻き?: カタツムリの苦悩

カタツムリの殻の巻き方はその種で概ね決まっていることをご存じでしょうか?多くのカタツムリは右巻きです。カタツムリの殻の巻き方には深い意味があったことを解説します。(吉野賢一)

カタツムリ:陸生の貝の仲間で殻を持つものをカタツムリ(蝸牛)、持たないものをナメクジと呼びますが分類学的な定義はとくにありません。基本的に貝の仲間(軟体動物)はエラ呼吸ですが、カタツムリ(ナメクジも)は肺呼吸なので大雨だと

もっとみる
キミも学んだね♪
17

「ヒトは何でアートしちゃうんか?」生死の狭間で絵を描くクロマニョン人になりきって考えてみた【極私的考察】

「セラピー」という言葉が、胡散臭く思われてしまう風潮。
もはや定着してしまっている感じ、ありますよね。

でもでも、めげずに。いってみよう!【極私的考察】シリーズ!

前回はコチラ→

第二回目は、「ヒトは何でアートしちゃうんか?」です!
今回も手に負えないデッカいテーマを、堂々とやってしまいます。言葉は自由。

なお、一般的な「アートセラピーとは何ぞや?」を知りたい方は、
wikipediaがな

もっとみる
嬉しいです。ニッチ道をこれからも歩む所存です。
14

境界線上を生きる

ヘイヨーさんの生き方って、2つの世界を行ったり来たりする生き方なんですよ。

たとえば、「現実と空想」とか「自分と他者」とか。

的確に2つの世界の境界線を見極めて、半歩とか1歩だけ向こう側の世界に足を踏み出す。でも、決して境界線を越え過ぎない。何かあれば、パッと身をひるがえし自分の世界に帰ってこれるようにしておく。

そういう生き方です。

ドッジボールってあるじゃないですか?

ドッジボールで

もっとみる
満月さん「スキがきれいですね…」
60

あえて数字からおりる働き方 要約と所感

尾原和哲 著

オンラインサロン が人気の尾原さんの本。読みやすいのさらっと読めます。心に残ったポイントだけ纏めてみようと思います。

信頼を得るための「ギブ」

世の中の流れとして、肩書きよりも個人への信頼が重要視させる時代になっていっている。この流れの中では、「ギブ」を積み重ねることで信頼関係を構築していくことが重要。(この本好きだと思うよーとか、相手の好きなことについてこんなニュースあるよー

もっとみる

自信を持って言える!これから生きて行く上でオススメな方法。

僕が高校卒業して社会人に?なったの1994年。

今から26年前だ。

バブル崩壊とか言われてたけどまだ世の中は好景気で余裕があった様に思う。

一つの会社に勤め住宅ローンで家を買い定年は年金でウハウハと思える世の中であった。

僕も世代的にそんなノリで生きて来た。

いつか来るぞ好景気とばかりにお金は自由に使ってたな…

もっとみる

「2020年以降」の経済と、個人の生存戦略 | 山口揚平

今朝のメルマガは、イベント「遅いインターネット会議」の冒頭60分間の書き起こしをお届けします。
山口揚平さんをゲストにお迎えした「『2020年以降』の経済と、個人の生存戦略」です。新型コロナウイルスによるパンデミックによって、2020年以降の経済はいかに変わっていくのか。そして、変わりゆく時代を生き抜くための生存戦略を考えます。(放送日:2020年6月16日)
※本イベントのアーカイブ

もっとみる

部屋とふるさと納税と私

上司や友人から「ふるさと納税しなよ」とやたら声をかけられるようになった。
彼らの瞳をじっくり見つめると、どちらにも¥マークがしっかりと浮かんでいて『貴方のためなの』と言う嘘くさい言葉にコーティングされた本音が聞こえてくるようだった。
よくあるふるさと納税サービスサイトの“お友達紹介キャンペーンのポイント”が欲しいのだろう。

その手には乗るかとあれやこれやとはぐらかしつつも、少し気になって調べてみ

もっとみる