焦燥

無知の幸せが良いか、天才の苦悩が良いか。

無知であることが幸福なのか、
天才であることが幸福なのか。

無知であることが不幸なのか、
天才であることが不幸なのか。

長年にわたり、このような議論に結論が出されずにきました。
人々は
「無知である人」は深いことを考えなくて済み、相対的に幸福で、
「天才」というものは常日頃から苦悩していて、相対的に不幸で
ある思っている傾向があるようです。

例えばアメリカの第16代大統領エイブラハム・リンカ

もっとみる
ありがとうございます。
13

焦燥

キミの返事を待たないで
強く激しく抱き寄せた
キミの瞳が揺れるのを
わざと見えないふりをした

キミの気持ちがもしかして
変わってしまわないうちに

たった一秒でも長く
キミに触れていたいから
短い夜はボクたちを
すぐに冷ましてしまうから

スキありがとうございます。

焦燥

今まで認められていました。
相手側も僕のことを愛していてくれてたと思います。
僕には非がないと信じたい。
相手から離れていき、僕にはなすすべがなかったと思いたい。
僕は被害者であり、心残りがあるから、"多少相手を考えてよい"と神が言ってくれたら、なんと有難いことか。

オッサンが焦ると深い闇が顔をのぞかせる、という話。

皆さま、お疲れ様です。

今日もnote書いていきます。

今日は、オッサンの焦燥について、お話したいと思います。
※おもしろおかしくnoteを書こうといつも思っているのですが、今回はとても闇が深くなっちゃいましたw 書き直すのもなんだかな―と思うので、公開しちゃいます。先に言っておきます。すみません。

オッサン、ちょっと焦る

テレビやネットを見ていると、キラキラした若者がいっぱいいるじゃない

もっとみる
スキありがとうございます。励みになります!
1

8/28の焦燥

怒られてないが、怒られてないわけでもない。そんな、ある意味処理に困る状況に持ち込まれた昼時のオフィスで端に座る私は、少し焦っていたようだった。

ようだったというのは、回顧しているか、解決しているか、もしくはその両方を意味する。

まともに生きてる人はどこかにいるのだろうか。まとも以上の人はネットの海に山ほどいるわけだが。

コーヒーの海に砂糖の山。

もっとみる
有難い事この上無い。

「この人生をなにをどうしていいのかわからない」ので、なんにも集中できません。

ありがたや

時々、無性に悲しくなる

思い通りに行かない日常が悲しくなる。

『あの頃、ああしていればよかった。』が積もる。

そして、今のこの無情に流れていく時間が、未来の『ああしていればよかった』になるのだろうと思う。

父と母のことを思い出す。

つまらない日常。

うまく行かない事象。

街ゆくスタイルの良くて笑顔のカップルを見ると劣等感に包まれる。

孤独ではないが、孤独を感じる。

貯まらない貯金。

怯えるクレジットカー

もっとみる

いったいどこからまちがった方向に進んできたのだろう

毎日毎日の生活の中で、ほんのすこしずつ受け入れてきた変化が、気がつけば、全く望まない、意図しないところに自分をつれてきたことに、ある日、ひとりでくつろいでいるときに、ふと気づく。

いったい何が、どこから、まちがった方向に進んできたのだろう?

大きな変化を必要とするのだろうけれど、果たして今から自分にそれができるのか?

後悔とは違う、焦燥でもない、羞恥とも違う。そこに目を向け続けるべきなのかも

もっとみる
ありがとうございます!
2

よくある焦燥への嘆息。

氣づきへの慄然。

言の葉が降る。

刹那、竜巻が起こる。

わたしの細胞すべてを揺さぶって、
上昇していく言の葉は、
どこまでも高く舞い上がって、
連れていかれる。

今すぐ手を伸ばさなきゃ。

掴まえなくては。

名前をつけられなくなる。

このからだに生まれ、
駆け巡る何かに。

微細な異なりを持つ、
生々しい喜怒哀楽。
を含むその他感情の温度。
を生ずる感性の色彩。
に帰属する感動の振動数

もっとみる
むむっラッキーカラーはアオっぽい!
23

伴奏と焦燥のMAGIA ”ルーク・ユーコア”

タイムラインに流れてきた。(*現在は行なっていないみたいです)

じきるう編集長さん、最近自分のアカウントもフォローいただいていたので、勇気を出していいねボタンを押した。そして届いたコトバ。

伴奏と焦燥

伴奏が好きだったこともnoteに描いているし、生き急いでしまうこともnoteに描いている。本当に3秒で紡いでいるの?って思ったくらい、自分のこと見透かされているみたいで、少し怖くもなった。苦笑

もっとみる
わたしのnoteを見つけてくれて、ありがとうございます!
10