決断と覚悟  20歳 結婚編

こんにちは( ̄∀ ̄)あくぴです。

今回は、結婚した時のことを書こうと思います。

妊娠を機に、めでたく結婚することになったあくぴ。

妊娠していた事もあって
ウェディングドレスはキレイな状態で着たい!
と訳の分からない主張で見送り
出産したらしたで、育児に追われそのままに…

結局、結婚式は挙げませんでした。

今となっては挙げておけば良かったな
と、少し後悔はしています。

夫婦になる。
その

もっとみる

一生使えるたった1つのスキル

それが、決断をするってスキルです。

これやったらどうだろうか?とか、あれをやってみたいんだけどなとか、ありますよね?

でもなぁとかって、それを決断出来ない理由を作って自分に言い訳して、決断の先延ばしをするじゃないですか。

それで何年も悩む人もいると思います。

今の仕事に未来を感じることが出来なくて、あの仕事をやってみたいとかですね。

そして、ようやく決断してやってみると、早くやってれば…

もっとみる
押してくれたの!?ありがとー(≧▽≦)
8

決断に悩んだ時に、頼りになる相手[未来側の住人]

鉄砲玉か?と思えるほど、決断から行動まであっという間の人もいれば、長いこと決断できない人もいます。人それぞれ意思決定にかける時間があると思うのでなんとも言えませんが、一般的には「素早い決断」を求められます。しかし、「素早い」に固執すると落とし穴が待っています。そんな時、頼りになる人について書きました。



すぐに決断できたり判断できて、行動に移せる人をよしとする言葉を聞いたことがあります。

もっとみる
よく眠れますように・・・
4

タイトル:白紙(-18ページ-)

noteと掛けたわけではありません。笑

でも、何もないところに自分の伝えたいこと、伝わって欲しいことを記していくのって勇気いりますよね。

あーでもないこーでもないと頭で考えながら文字を打っていました…以前までは!!

今はと言うと…殴り書きに近い感覚で細かいことは気にせず自分の感じたままに書いています。誤字脱字は見直してます。笑

なので、手間暇かけて温めていた渾身のネタをどんっ!って

もっとみる

今日は、病院。今日は、仕事復帰するか否か決める日。…こんな状態じゃ、復帰なんてできないよな…、、。でも、復帰しなきゃ…って焦る気持ち。。ふたつの気持ちが、交錯して、苦しい…。

ありがとうございます!とても励みになります!
12

【深夜のつぶやき】

人生1度きり。

分かってますよもちろん。

って言っても実感がないのかも。

いつかは必ず死ぬんだということに絶望することもあれば、永遠に死なないような錯覚に陥ることもある。

だから人生1度きりと言っても目の前のことに躊躇したりビビって決断が遅くなったりすることが多々ある。

慎重という見方もあるけれど、個人的には決断するまでのスピードをもっと速く出来れば良いのになんて思ってる。

ぶっちゃけ

もっとみる

幸せの在り方

昔からずっと好きなバンドマンがSNSで、

「視覚か聴覚、どっちか失うとするなら?」という質問に対して

「迷わず視覚だね。聴覚だと職のすべてを失うから。」と言っていた。

わたしも迷わないけど、聴覚を失うことを選ぶなぁ、と思った

ハタチも過ぎて、これから耳で聞いて学ぶ言葉も少ないだろうし

声を聞かなくても、目で見て相手の気持ちを汲み取れるだろうし。

何よりも、視覚を失ったことで愛する人たち

もっとみる

葛藤から一夜あけて

昨日は少し、お見苦しい葛藤の様子を
お届けすることになってしまいました。

一夜あけまして。
朝早く目が覚めたので、アファメーション
を配信しました。
前回と同じ人が聞いてくれていたようで、
少し嬉しかったです。

そのあとは、布団から出ないまま、
また寝てしまい、お昼も過ぎてもそのまま
で…(^_^;)

13時から、別の配信で知り合ったライバー
さんの配信が始まったので、見てみる
ことにしまし

もっとみる
リクエスト受け付けます☆
10

自分で決める

やっぱり最後に決めるのは自分だ。

決断するのは自分自身だ。

そこを人任せにすると

後悔してしまう。

自分で決めるということは

責任は全て自分だということ。

どんな結果であれ、

自分で決めたことには

後悔はないはずだ。

たくさん迷って

たくさんいろんな話を聞いて

最後は自分で決断しよう。

そして成長していこう。

ありがとうございます。スキ。
2

一ヶ月、専門学生だった春

はじめまして。
一ヶ月だけ専門学生だった18歳です。

私は今年4月に芸術・デザインの専門学校に入学し、先週まで専門学生でした。

ですが、退学しました。

私には夢があります。

グラフィックデザイナーになって、たくさんお仕事をして、たくさんのお客さんに喜んでもらいたいのです。

全然具体的じゃない、漠然とした抽象的な夢です。でも叶えたい。

退学するか悩んでいたとき、後悔しないか不安になりまし

もっとみる