今回は
3週間に3回、同じ情報を刷り込む
ということをお伝えいたします。
6分1秒の音声です。
音声と文章どちらでもお好きな方をどうぞ。

*************
メールマガジンの登録は
こちらから↓ ↓
http://yuuki2.com/l/u/Z4bGUPjaVPxU6Dk5


**文章はここからです***
私は愛されています。
大きな愛で包まれています。

夫の急逝で私たち親子は

もっとみる
一番乗り💛ありがとう!あなたが一番スキです!
23

『清少納言さん』気になるエネルギー!

【Koh ほぼ日刊】枕草子。

エナジーカウンセラー 
エナジーコーチ

Koh


です。

先日、

突然LINE@アカウントが停止されました。

現在、

徐々に回復してきておりますが、

ご登録がまだの方は、

この機会に新アカウントにご登録ください。

★☆新アカウントLINE@始めました!☆★
@energykoh
友達追加URL
https://lin.ee/jwWHAu5
調整や

もっとみる

駄文を恐れるな。だから枕草子は生まれたんだ。

最近、ほんと「冬はつとめて」と夜中がいと寒きですよね。

ここ沖縄なんですけど。
それなりにいと寒きなのです。

急に枕草子の一節を思い出し、ふと頭をよぎったことがある。

もしも清少納言が「常に崇高なことを書かなければ」と思っていたら、枕草子は生まれなかったのではないか、と。

おさらいとして、原文と現代語訳を引用する。

【原文】
春は、あけぼの。
やうやう白くなりゆく山ぎは、すこしあかりて、

もっとみる
スキありがとうございます!何かいいことが起こるよう願っておきました。
21

冬のある日の短歌(10首)


スマホから
顔上げ慌て
飛び降りた
そこは
最寄りの隣の駅さ


館内を
出た後も続く
ストーリー
映写機になった
僕の目が映す


雨道で
傘をステッキに
ステップを
踏みたくなるのは
映画のせいかな


ネオン街
曲がった
地下の小舞台
夢見る彼女は
命を燃やす


新しい
喫茶店探し
街歩き
それが密かな
冬の楽しみ


街を行く
体も心も
財布まで
寒い背中を
風が吹きゆく

もっとみる

02.「秋はつとめて 冬は夕暮れ」

もう流石に終わった夏を惜しむこともなくなって、すっかり秋が深まった今日この頃。読書の秋を楽しむどころかバタバタとしている内に冬がもう目前に迫ってきている。すごい速さで終わった夏を振り返る暇もない。
世界の終りもこんな風に味気ないんだとすればそれも悪くはないなんて考えてみたけれど、結局のところその時になってみないことには分からないんだと思った。
とりあえず今日も始発列車で家に向かっている。

***

もっとみる
ありがとうございます。
7

【コペル:暗唱入門・暗唱皆伝】「古典文学:枕草子:春はあけぼの:清少納言」暗記用

NHKにほんごであそぼ「ちょちょいのちょい暗記」、コペル「暗唱入門・暗唱皆伝」などに出てくる「古典文学:枕草子:春はあけぼの:清少納言」を、お子様が暗記しやすいよう文頭にイラストを入れてみました。

我が家ではトイレに貼って親子で楽しみながら覚えています。

もっとみる

[読本紹介]紫式部と清少納言

本日もいとをかし!!枕草子     清少納言/小迎裕美子
人生はあはれなり…紫式部日記   紫式部/小迎裕美子

わかりやすく抜粋、コミカライズ化された著作です。学校で習い、枕草子、源氏物語、清少納言、紫式部という単語だけなら多くの人がそらんじることができるのではないでしょうか。
歴史の授業でも触れるのはほんの上辺だけ、でも今の現代人の間隔にも近いような自由な心内がそこに書かれている二人には、どこ

もっとみる
そのスキがまた心に響くな、うれしいな
2

痛みと共に振り返る、類聚的自己紹介

こんにちは。noteを書いていると、何を書くか悩みますが、ネタの熟考を通して自分の人生をよく振り返っている、そんな自分に気づきました。

自らの考えや体験について書くことは、
これまでの人生の棚卸しにもなるんですね。

はじめに

20年くらい前の記憶なんですが、高校の大嫌いな古文の授業で枕草子について習いました。中身は何一つ覚えていないんですが、類聚というワードは頭に残っています。

枕草子のス

もっとみる
Danke schön!!
202

私の令和枕草子(4) ある日、小さな花を見た

私からすれば「地の果てのような」遠くの公民館の仕事を引き受けてしまった。断ればよかったと悔やむことしきり。

交通費も必要経費も出ない。税金だけは「一時所得」つまり「不労所得」としてむしり取られる。給与ではないから、ものすごく高い税金なのだ。

国と県と市がハイエナのように、私の一回一万円の「不労所得」に群がって取ってゆく。私の取り分は千円札数枚。

税金払うために働いているようなものだ。来年から

もっとみる