転職活動を始めてみた。

アラフォー、時短勤務正社員をできたら目指して、
ゆるーく転職活動を始めてみました。

転職エージェントは、転職回数が多くて、ちょっとうちでは。。と言われた過去があるので、あまり視野にいれず。

時短ワーママの転職に強そうなサイトを探して登録してみる。

今は、転職回数はどのくらいネックになるんだろうか。
退職エントリーとか読んでいると、皆さんスキルを身につけたり、将来のあるべき姿を目指すために、う

もっとみる
スキありがとうございます!嬉しいです(^^)
5

ワーママ1年生の家事ハック

おはようございます、やまもとみずです。

よく「仕事も育児も家事も踊りもやって、どう生きてるの?」と言われますが
自分の周りはそういうワーママが多く、私より明らかに大変な方もいるので「いやいや私なんて超楽な方よ…」と思っていますが
ほぼ10か月両立している…いやごまかしている?ので、いつもしている家事ハック的なものを紹介していこうと思います。

私の状況

・職場までは約100分
・時短勤務中 9

もっとみる

働き方改革に振り回された結果、アイディアが生まれ、進化(変化)する

おはようございます。
早起きした結果、1時間早く出社し効率が上がったえーさくです。
今日はノー残業デー。
朝早く行くのも朝残業(言葉の意味大丈夫か?)になるけど行くつもりです。

さて。
今日はこの話。

この前NewsPicsでも上がってましたが、週休3日でドイツでは生産性が上がってて、フィンランドが検討してて、働き方改革で失敗している企業が多い日本って話。

まず、整理しないといけないのは、生

もっとみる
感謝☆毎日更新してます♪
15

育休や時短勤務に関する風潮(前提)から感じた男性目線の"やさしさ"の欠如

先日、子どもたちを連れて遠出をした際に、妻と長時間話す機会がありました。

いや、誤解を与えたくないので丁寧にいうと、基本的にぼくと妻はできる限り時間を設けて話すようにしています。

話の内容は、どうでもいい内容の時もあれば、子どもたちとの向き合い方や接し方、言葉のかけ方など「家族的な内容」な時や、今回のような「社会的な現象」などについても触れる機会もあったり。

我が家の妻はタイトルにつけている

もっとみる
「スキ」をいただけたので、姿勢よく、態度よく、気持ちよく過ごします!
19

ワーママ aiの時短勤務奮闘記4

人事部担当者からの思ってもみなかったメールが!

「もう一度課長に相談してみます。」と、返信したものの、日々の業務に追われ、課長にもう一度相談する気力もなく相談したところで解決しないことは分かっていたので、このことを考えるのも疲れていました。課長にもう一度相談することができず、人事部担当者Kさんへの連絡もしないまま、もう人事部から管理部門課長に言ってもらってしまった方が早いのではと思い始めていた時

もっとみる

ワーママ aiの時短勤務奮闘記3

**

**
情報収集をしてみる

コンプライアンス部に相談したのですが、新たな解決策がなく課長に相談して日が浅いこと、また、課長に相談したところで業務量が減ることは現実的に難しいことは理解していました。

加えて、12月の超繁忙期を迎え、日々の業務をなんとかこなして保育園へ急いでお迎えに行く日々に精神的にもすっかり疲れきってしまい、この問題に向き合う気力もなくなりそうになるほど。。。

他の部署

もっとみる

働くママに noteは元気をもらえる場所

noteを始めてから約半月ほど。
いろんな記事を読みあさっています。

特に仕事が忙しくてしんどい時期だったこともあり、ワーママや、時短勤務関係を中心に。

みんなどう思いながら、働いているんだろう。

・こんな事で甘えてるのは私だけなんじゃないか
・40代で転職考える時短勤務なんて、アホなんじゃないか
・時短で働かせて頂いてるだけでも、恵まれている

とか、いろいろグルグルしていたんですが、

もっとみる
スキありがとうございます!嬉しいです(^^)
5

ワーママaiの時短勤務奮闘記2

前回の続きです

複数回目の課長への相談

組織変更に伴い業務量が増えたまま12月の繁忙期を迎える頃、課長と個別に話す機会がありました。

 その時に再度、「時短勤務制度が利用できず、保育園のお迎えの時間があるため現在の仕事量では仕事と育児の両立が難しいので困っている。業務量が多いので増員や他部署からの応援をして欲しい。」と伝えました。

 

課長からは

・(私、ワーママaiの)状況、要望は理

もっとみる

ワーママaiの時短勤務奮闘記1

私は現在、育児時短勤務制度を利用しながら仕事と育児を両立しているワーママです。
育児と仕事に奮闘しながらワーママ6年目になりました。

育児と仕事の両立で困難に直面し
2017年、育児と仕事の両立を目標に行動した記録を備忘録として公開しています。

私の働く環境

営業部門に所属していて、人数も多くフロアには200人以上いる部門です。
その中でも、私の所属する部署は一番大きな部で30名以上いる大

もっとみる

仕事の効率化は、仕事の単純化になってしまうのか?

年末に先輩とご飯を食べていて、引っかかった言葉がある。

仕事柄、マニュアルを整備して、ここを見ればちゃんと正しい情報が見れるように、まとめたい。情報を一覧にまとめて、顧客にすぐ回答できるようにしたい。

(今は混沌としていて、質問のたびに都度技術者に聞いている状態。即答できないので、顧客に数日回答を待ってもらっている)

そんな話をしていると

「そんなに情報まとめたいの?すぐわかって、回答を右

もっとみる
スキありがとうございます!嬉しいです(^^)
1