門真国際映画祭のスタッフをしてきました

門真で国際映画祭が開催されているのをご存知ですか?
そのイベントは8/14~8/15までの3日間行われていて、私は当日スタッフとして参加しています。

門真フィルムコミッション理事長の奈須さんとは数年前にThe OSAKA 48 Hour Film Projectのチームでご一緒させていただいたことがあり、
また水野さんとはお芝居関連でお世話になっているご縁もあり、参加してきました。

コロナの影

もっとみる
おかげさまで頑張れます!!
1

2019年KROK映画祭VLOG

今更!?と思われるかもしれませんが、そろそろ1年が経とうとしているので覚書き程度にメモを残します。

去年の9月20日。そこから約2週間、わたしはロシアに滞在しました。
滞在先はクルーズ船上。
サンクトペテルブルクからモスクワにかけ、海のように広いボルガ川を、途中観光スポットを降りつ巡りつ、ゆったりのったり渡ります。
驚いたことにその間、船内では毎日6時間近くアニメーションの上映会が開かれます。ロ

もっとみる

私の夏。

さて、お盆は大阪に映画祭に行ってきます。僕の三作目『おれらの多度祭』の国内初披露となります(本作は今年の三月、スペインの映画祭に入選しています)。
いささかクレイジーな世間の情勢ですが、スクリーンの中に何かを見つけていただけると思っています。同映画祭のweb会場ではご覧いただけないので、来れそうな方は8/13、会場でお会いしましょう。

https://kadoma-filmfes.com/

もっとみる

吉田孝行作品『モエレの春』がオンライン映像祭「VIDEO PARTY 2020」で上映されます!

毎年京都のルーメンギャラリーで開催されている映像祭「VIDEO PARTY」が、今年も8月21日(金)〜8月23日(日)に開催されます。今年は新型コロナ感染防止のため初のオンラインによる開催となります。拙作『モエレの春』は、8月21日(金)20時00分開始のプログラム2で上映されます。上映後にZOOMにてトークも行います。どうぞよろしくお願い致します。
http://lumen-gallery.c

もっとみる

トロント国際映画祭(2020) 全50作品紹介 ※簡易版

2020年9月10日から9月19日までカナダ・トロントで開催予定のトロント国際映画祭(Toronto International Film Festival)から、全50作品を紹介します。現状では作品の簡易的なあらすじのみがホームページ上で公開されているため、今後より詳細な内容が発表されるはずです。

観客賞のみというスタンスを貫くこの映画祭は、毎年アカデミー賞候補となる作品の先行お披露目会とも言

もっとみる

【映画祭の今】東京国際映画祭、部門を統合したショーケース「東京プレミア2020」に注目!

5月に開催予定だったカンヌ国際映画祭が開催を断念し、部門の区別をせずにオフィシャルセレクション「カンヌ2020」を50作品発表。秋以降に開催される映画祭と連携し、上映されることになったのは記憶に新しいところだが、そのカンヌのセレクションの方法を取り入れながら、あくまでリアルでの開催にこだわり準備を進めているのが、日本国内で最大級の映画祭となる第33回東京国際映画祭(TIFF)だ。

 同じアジア圏

もっとみる
Happyな1日を!

テッサロニキ・ドキュメンタリー映画祭(2020) Part.2【Top Docs】部門作品紹介

2020年5月19日から5月28日までギリシャ・テッサロニキでオンライン開催されたテッサロニキ・ドキュメンタリー映画祭から、他の国際映画祭で上映実績のある作品のみが選定されている【Top Docs】部門の全10作品を紹介します。映画祭全体では170本以上がライナップされています。(実際にオンラインで公開された本数は未確認)

いくつかは見覚えのある作品がありましたが、まだまだ日本には伝わってきてい

もっとみる

映画を展開させるということ。

8月に僕の3作目を上映してもらう大阪の映画祭。国内のコロナ感染者増につき、万が一のためにweb会場での上映も準備されてるそうです。

その可否を問う連絡をいただき、何日も熟考していたのですが、今回はお断りさせていただくことにしました。劇場公開を念頭に置いてない作品や、劇場公開を一通り終えた作品ならよいと思うのですが、そうじゃない場合、web配信された事実をネガティヴに受け取る劇場や映画祭は少なくな

もっとみる

トロントアラブ映画祭 短編感想

The Old Kalbelouz

製作: アルジェリア
監督: Imène Ayadi 

70歳を迎えた主人公のモノローグで進む。ゆっくりとした日々を楽しむようでいて、同時に光の速さで過ぎ去ってしまった過去を慈しむような語りだ。街へとKalbelouz(アルジェリアのお菓子)を買いに行き「Kalbelouzと発音できないお孫さんは元気かい」と聞かれる。お菓子は孫のために買ったものだった。主人

もっとみる

テッサロニキ・ドキュメンタリー映画祭(2020) Part.1【Platform】部門作品紹介

2020年5月19日から5月28日までギリシャ・テッサロニキでオンライン開催されたテッサロニキ・ドキュメンタリー映画祭から、ギリシャ制作の作品のみが選定されている【Platform】部門の全41作品を紹介します。映画祭全体では170本以上がライナップされています。(実際にオンラインで公開された本数は未確認)

結構な作品数であまり個別に紹介する機会も無さそうなので記事にしました。自然や歴史、芸術分

もっとみる