地方公務員の本棚 中公新書編③

読んでいない本を大量に積んでしまっているので、本棚紹介と称して、それぞれの本を購入した動機などをまとめています。以下の要領で記載しています。 『書名』(著者名、出版年、出版社名などの書誌情報) ①読んだか読んでないか、どのくらい読んだか、読んでないか ②購入した時期や動機 ③内容 ④感…

今日買った本から

今日買った本のうち一冊はこれ。 昔アクチュアリーに憧れて数学勉強しようと思ったことを思い出した。まぁいつものように本買っただけでしたけど。 今からでも勉強してみようかしら。なんて思いつつ。

連載:「新書こそが教養!」【第27回】『晩年のカント』

2020年10月1日より、「note光文社新書」で連載を開始した。その目的は、次のようなものである。 ■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていませんか? ■自分の頭で論理的・科学的に考えていますか? ★現代の日本社会では、多彩な分野の専門家がコン…

地方公務員の本棚 中公新書編②

読んでいない本を大量に積んでしまっているので、本棚紹介と称して、それぞれの本を購入した動機などをまとめています。以下の要領で記載しています。 『書名』(著者名、出版年、出版社名などの書誌情報) ①読んだか読んでないか、どのくらい読んだか、読んでないか ②購入した時期や動機 ③内容 ④感…

『なんで家族を続けるの?』読了

今回は図書館で予約し借りた本『なんで家族を続けるの?』について書きたいと思います。 著者は中野信子さんと、内田也哉子さん。雑誌での対談をまとめたものとなります。 なぜ予約したかというと、内田也哉子さんの夫である本木雅弘さんがなんで内田家にとついだんだ?という疑問が浮かんだからです…

『新型格差社会』(朝日新書)を読みました

『新型格差社会』という本を読みました。コロナ禍で日本における種々の格差が拡大しているらしい。 教育の観点からしても、幼い時から塾や私立学校に通える人とそうでない人、パソコンなどのIT機器や英語に触れる環境がある人とそうでない人で、格差がある。 そんな格差のある世の中だけど、自己責任…

地方公務員の本棚 中公新書編①

皆さんは、本を読まれるだろうか。 断言しよう。私は本は、「買うけど読まない」人間である。 買ってみたはいいものの10ページも読まずにそのままになっている本が、本当に山ほどある。 では、それは無駄だったかというと、そうではないと私は思う。 なぜか。それは例えば、私が『マックス・ウェーバー…

新書

今まで縁遠かった「新書」 いつも数冊の本を平行して読んでいるが そのうち数冊を新書にしようと思う そう思うきっかけは 斎藤孝さんの『大人のための読書 全技術』 新書を本屋で2~3冊買って、そのままカフェで速読 1時間でそれらを自分のものにする技術を紹介している 今までの私は小説やエッ…

連載:「新書こそが教養!」【第26回】『文部科学省』

2020年10月1日より、「note光文社新書」で連載を開始した。その目的は、次のようなものである。 ■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていませんか? ■自分の頭で論理的・科学的に考えていますか? ★現代の日本社会では、多彩な分野の専門家がコン…